▼ 閉じる

「全画面表示で極力余白を埋める」オプションについて

スライドショーモードで全画面表示にした時、画像はディスプレイにフィットするようサイズ調整されますが、たとえば16:9のワイドディスプレイに4:3の画像を表示すると、左右に余白ができます。
このような場合、オプションの「全画面表示で極力余白を埋める」にチェックをつけると、その余白がちょうど埋まるサイズまで、画像を拡大してくれるようになります(当然この時画像の上下の部分は少しはみ出して、スクロールしないと表示されません)。
ただし、縦長や正方形に近い画像など、余白部分が大きい場合は、この調整は行われません。また、上下に余白ができるようなケースでも、同様な処理が行われます。