« 米オリンパス、新型デジカメのティーザー広告 | メイン | おしりひんやり「USBひんやりクッション2」 »

横幅10cmのレンズ交換式デジカメ「PENTAX Q」

ペンタックスから、レンズ交換式デジタルカメラ・「PENTAX Q」が発表になりました。

一番の特長はそのサイズで、横幅わずか98mmと他社機と比べて大幅に小さくなっています。その秘密はコンパクトデジカメでも採用されている1/2.3型というかなり小さめの撮像センサーを採用した所にあり、ライバルがセンサーの大きさ(画質面で有利)を売りにしているのに対し、コンパクトさを最優先するという思い切った作戦で来ました。なお、交換レンズには「Qマウント」という新しい規格を採用し、レンズも専用のものが5本発売になります。

外見はクラシカルで、人によって好みが分かれそう。画素数は1,240万画素で、むかって右側に搭載したストロボはボタンを押すとみよ~んと妙な格好でポップアップし、格納したままでも発光可能です。また、小さいくせに手ぶれ補正はボディ内蔵。その他アクセサリーシューを搭載し、ボディ素材にマグネシウムを採用した辺り、第1号機は完全に上位機の位置づけで、価格もレンズキットで店頭予想価格70,000円~とあまり安くありませんが、将来的には廉価モデルも登場すると思われます。色はホワイトとブラックで、近日発売予定。

PENTAX Q

ニュースリリース
http://www.pentax.jp/japan/news/2011/201108.html
製品情報ページ
http://www.pentax.jp/japan/products/q/
ペンタックス、レンズ交換式で世界最小最軽量の「PENTAX Q」
http://dc.watch.impress.co.jp/docs/news/20110623_455177.html

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.dgfreak.com/mt/mt-tb.cgi/3586

コメント (1)

どこか懐かしさを感じさせる雰囲気を放ちます 近年の時計の多くはフラットな風防に作っていますが、このモデルではドーム型風防に仕上げられています。
ドーム型風防は、ヴィンテージウォッチや20世紀半ばのパイロットウォッチなどによく見られた仕様。
男性にお勧めしたいミリタリーウォッチ、視認性、耐久性、防水性など機能性に優れていて実用性は抜群であります。
ISO(国際標準化機構)規格やJIS(日本工業規格)の定義では、国産ブランドの場合その規格に準拠したモデルのみ防水が「m」表記、その他は「BAR」「ATM」などの気圧表記となっています。
素材は全てヴィンテージ加工され、縫製後に更に手を加えて独特の風合いを加える。
トロヴァータの特徴は、ヴィンテージから影響を受け、トラディショナルなスタイルとストリートの要素を組み合わせたところにあり、プレッピーをベースにしている。
日本でもこうしてスポーツウェアの枠を超えて、ヴィンテージ的、モード的な要素を取り入れながらオシャレなファッションブランドとしての地位を確立した。
1988年に山根英彦により設立。
それが理由で時計メーカーを設立する際に、Sinnの社長である『ヘルムート・ジン』にアドバイスを受けるため、遥々ドイツまで出向いていったといわれています。
定期的なメンテナンスが必要な機械式時計、ベル&ロスでは正規品に対して割引のサービスがあります。
Native、College、Sportsをベースとしたアメリカンウェアと、30'S~50'S中心のヴィンテージウェアを混在させた商品構成。
本社はフランスのパリで、製品は全てスイス製です。
ミスターハリウッドは会社名及び店舗名で、N.ハリウッドがブランド名。
ランド名の由来は「is real」からで、ファッションにおける本質の追及を意味する。
当時からともに時計収集が趣味という若者だったが、学校卒業後はカルロスは銀行員、ブルーノはアートの分野で活躍していたという。
時計が好きだった二人の親友同士が、冷めない情熱をカタチにしたブランドのベル&ロス、時計業界に足を踏み入れたことのない、二人の思いがベル&ロスと言う人気時計ブランドを作り上げました。

バッグ,財布&小物専門店 https://www.cocolv8.com/watch/menu-pid-90.html

コメントを投稿

広告スペース