« 2008年01月 | メイン | 2008年03月 »

2008年02月の記事(新しい記事順)

2008年02月29日

手書きデータをパソコンに取り込む「G-Note7100」

上海問屋から、紙のノートにペンで描いた内容をリアルタイムでパソコンに取り込む「G-Note7100」が発売になりました。
タブレット風の本体にA4の紙を載せ、付属の専用の黒と赤の2色のペンでその上に文字や絵を描いていくと、その内容がUSBケーブル経由でパソコンにリアルタイム転送される仕組み。ただし、文字を自動認識してテキストデータとして認識する訳でなく、描いた内容はすべて画像データとして取り扱われます。電源として本体用単四×4本と付属ペン用のボタン電池が必要。

この手の製品は過去にもいくつか出ていますが、これは税込12,999円のお手頃価格になっています。ただし、付属の専用ソフト「MyScript Notes For U」が体験版・ノーサポートになっているなど、安い代わりにそれなりの覚悟は必要そうなので、ご注意のほどを。

G-Note7100

製品情報ページ
http://www.donya.jp/item/5389.html
「手書き」を瞬時にデータ化して送信できるノートパッドセット
http://www.rbbtoday.com/news/20080229/49139.html

上海問屋(楽天)へ

虫型ロボット「HEX BUG」に新色

去年の9月に発売された虫型ロボット「HEX BUG」に新色が登場します。機能はまったく従来通り、、6本の足でカサカサと動きまわる全長6cm程のゴキブリ風のロボットで、触覚センサーと音声センサーを内蔵し、何かにぶつかったり、近くで手を叩いたりするとそれに反応して進行方向を変えます。

新色は黒と銀の2色で、黒は本来ゴキブリカラーそのものですが、従来カラーよりもロボットらしくてこっちのほうがいい感じ。値段は変わらず1,995円(税込)で、3月15日発売予定。

HEX BUGHEX BUG

公式ページ(動画あり)
http://www.asovision.com/hexbug/top.html

Amazonで価格をチェック

2008年02月28日

鳥タイプの空飛ぶおもちゃ「i-WING」

羽をバタバタ羽ばたかせて飛ぶ空飛ぶおもちゃとしては、昨年シー・シー・ピーから発売になったトンボタイプの「メカトンボ」が有名ですが、同社から今度は鳥の形をした新製品「i-WING」が発売になります。

全長22cmですので、サイズ的には鳩といった所。赤外線コントロールタイプで、コントローラによって前進・上昇しながらの前進・左右旋回の操作が可能。25分の充電で、約4分間の飛行ができるようになっています。このタイプのおもちゃは充電に乾電池を6本くらい必要とするものが多いのですが、これは単三×4本で動作可。屋内専用だそうですが、外でこれを飛ばすと、鷹など肉食の鳥に襲われてしまうかもしれません。
標準価格は5,229円(税込)で3月発売開始、色はグリーンとオレンジの2色。公式ページに動画あり。

i-WING(アイウィング)

公式ページ
http://www.ccp-jp.com/iwing/index.html
CCPから赤外線コントロールバード「i-WING」
http://plusd.itmedia.co.jp/lifestyle/articles/0802/28/news054.html

Amazonで価格をチェック

適切な運動量を教えてくれる「カラダトレーナー」

セガトイズから、心拍数を元にして適切な運動の強度を音声でナビゲートしてくれる「カラダトレーナー」という製品が発売になります。

ヘッドフォンの形をしたアイテムで、使い方は運動の種類(ウォーキング・ジョギング・エアロビクス)を選択し、自分の年令を入力。本体を装着したら心拍センサーを耳たぶにはさみ、安静時の脈拍を測ってから運動を開始します。
運動中はリアルタイムに計測した心拍数に応じて、適切な運動強度を音声とBGMでナビゲーションしてくれ、これを使用してトレーニングすると、有酸素運動の効果が20%~30%アップするとの事で、iPodなどのプレイヤーを接続してお気に入りの音楽を聞きながらエクササイズをすることも可能。なお、オリンピックマラソンメダリストの有森裕子さんがアドバイザーとして参加しています。発売開始は4月26日、希望小売価格は5,775円(税込)、白と黒の2色あり。

カラダトレーナー

ニュースリリース
http://www.segatoys.co.jp/company_information/press_release/pdf/20080226.pdf
製品情報ページ(動画あり)
http://www.segatoys.co.jp/karadatrainer/
セガトイズ、効率的な有酸素運動を促すヘッドセット
http://kaden.watch.impress.co.jp/cda/news/2008/02/26/1973.html

Amazonで価格をチェック

2008年02月27日

シチズンATTESAの池田秀一モデル

シチズンのビジネスマン向け腕時計「ATTESA(アテッサ)」に、例のあの人の声で有名な池田秀一氏のカスタムモデルが登場します。お約束の"通常の3倍"仕様は特に搭載されていませんが、文字盤の随所に使われている赤のカラーが、カスタムモデルの証。
チタン製ケースの10気圧防水で、電源は太陽電池。43都市をカバーするワールドタイム機能・電波時計機能に、タイマー、クロノグラフなどなど機能は盛りだくさん。なお、裏蓋には池田秀一氏のサインが刻まれており、特典DVDが付属します。発売開始は3月20日で、標準価格147,000円(税込)。

CITIZEN ATTESA 池田秀一カスタムモデル

製品情報ページ
http://citizen.jp/attesa/lineup/rcw/532835.html

Amazonで価格をチェック

ガ○ダムつながりでもう一つ、お馴染みのマスコットロボ 「ハロ」の卓上ロボットが発売になります。音声や振動に反応して約100種類の言葉を話す事ができ、また、遊び方次第で性格が変わっていく育成ロボットの要素が盛り込まれており、音声時計・アラーム機能も搭載。3月25日発売予定で定価4,800円(税込)。

機動戦士ガンダム00 マスコットロボ ハロ

ニュースリリース
http://www.bandai.co.jp/releases/J2008022601.html
バンダイ、「ガンダム00」版「ハロ」の卓上ロボット玩具
http://trendy.nikkeibp.co.jp/news/life08q1/562827/

Amazonで価格をチェック

MacBook/MacBook Proに新モデル登場

案の定MacBook/MacBook Proに新モデルが登場しました。それぞれ3モデルで合計6モデルあるので、詳細は公式ページをご覧いただくとして、主な強化点は、CPUがPenrynベースの最新のものになり、MacBook ProにはMacBook Airと同様なマルチタッチトラックパッド機能を装備(MacBookにはなし)。また、暗いところで利用しやすいようにキーボードにバックライトが付くようになりました。筐体のデザインには変更はないもよう。

価格設定は、MacBookが、
・一番安いモデルが129,800円(税込)
 (13インチ・Intel Core 2 Duo(2.1GHz)・1GBメモリ・120GB HDD)
・一番高いモデルが179,800円(税込)
 (13インチ・Intel Core 2 Duo(2.4GHz)・2GBメモリ・250GB HDD)

MacBook Proが
・一番安いモデルが249,800円(税込)
 (15インチ・Intel Core 2 Duo(2.4GHz)・2GBメモリ・200GB HDD)
・一番高いモデルが329,800円(税込)
 (17インチ・Intel Core 2 Duo(2.5GHz)・2GBメモリ・250GB HDD)

となっており、それぞれ即日出荷開始。

MacBook

ニュースリリース
http://www.apple.com/jp/news/2008/feb/26mbp.html
アップル公式ページ
http://www.apple.com/jp/
アップル、MacBookとMacBook Proをモデルチェンジ
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2008/0227/apple.htm
MacBook、12万9800円からに--新型MacBook Proも登場
http://japan.cnet.com/news/tech/story/0,2000056025,20368236,00.htm

Apple Storeへ

2008年02月26日

変わり種USBメモリー

変わり種USBメモリー×2点。

最初はグリーンハウスのスポーツ用具をミニチュア化した「スポーツUSBフラッシュメモリ」。ボールタイプのものが野球・サッカー・バスケット・ゴルフ・ラグビーボールの計5種類に、ボーリングのピンの形のもの、それにサッカーシューズの合計で7種類。なぜ今スポーツ用具なのかというと、今年が北京オリンピックの年だからで、1つ1つ手作りだそうです。メモリー容量は1GBで店頭予想価格はそれぞれ3,680円前後。

スポーツUSBフラッシュメモリ

製品情報ページ
http://www.green-house.co.jp/products/memorycard/usbflash/sports/index.html

2つ目は、ソリッドアライアンスの「ブロック型USBメモリー」。組み立てブロックの形をしており、同一サイズの市販のブロックと組み合わせてオブジェを作る事も可能な、相変わらず実用性度外視のアイテム。メモリー内にゲームがおまけで入ってくるような事が書いてありますが、何のゲームかは不明。ブロック崩しでしょうか?メモリー容量は1GB、赤・黄・青・緑・黒の5色があり、税込で各4,280円。

ブロック型USBメモリー

ニュースリリース
http://www.solidalliance.com/newpress/?p=50

ソリッドアライアンス楽天市場店へ

「スペシャライズド」の直営ショップオープン

アメリカの老舗自転車メーカー「スペシャライズド」の直営ショップ「スペシャライズド・コンセプトストア」が東京外苑前にオープンします。6階建てビルの1・2階部分に、同社製の自転車約50台を始め、ウエアやオプション製品などを展示・販売するショールーム風のショップ。

最近自転車メーカーが直営のショップを都内に開設するのが流行しているようで、昨年の9月にはジャイアント目黒に、キャノンデール表参道銀座に同様のショップをオープンしており、メーカーの製品ラインナップを一度にチェックする事ができるのは、購入検討中の人にはありがたい事です。オープン予定は4月下旬。

スペシャライズド・コンセプトストア

ニュースリリース
http://release.nikkei.co.jp/detail.cfm?relID=182542&lindID=4
スペシャライズド公式ページ
http://www.specialized.com/
外苑前に米自転車メーカー「スペシャライズド」日本初コンセプト店
http://www.shibukei.com/headline/5036/

2008年02月25日

イー・モバイルの新スマートフォン「S11HT(EMONSTER)」

とうとう音声サービスを開始するイー・モバイルから、音声サービスに対応した、スマートフォン「S11HT (EMONSTER)」が登場します。今度のはシャープ製端末でなく、HTCが海外販売している「HTC TyTN II」の国内版。

OSにWindows Mobile 6 Professionalを搭載したタッチパネル対応端末で、サイズ112×59×19mmに重量が190g。ウィルコムのW-ZERO3シリーズと比べると、ずんぐり系のフォルムで重量はやや重め。

参考)Advanced/W-ZERO3[es]:135×50×17.9mm(最薄部)・157g
   W-ZERO3[es]:135×56×21mm・175g

ディスプレイは2.8インチのQVGA(320×240ドット)と解像度は高くありませんが、液晶モニターがチルト可能になっており、机の上に置いて操作する時もディスプレイを見やすい角度に調整する事ができます。その他、無線LAN・BluetoothにGPS機能まで搭載するなど、なかなか魅力的な端末です。
発売開始は3月28日で、3月1日より予約受付開始。また、ワンセグ搭載の東芝製携帯電話「H11T」が同時発表になっています。

S11HT (EMONSTER)S11HT (EMONSTER)

ニュースリリース
http://www.emobile.jp/cgi-bin/press.cgi?id=518
製品情報ページ
http://emobile.jp/products/ht/s11ht/index.html
フルキーボード搭載のHTC製スマートフォン「S11HT」
http://k-tai.impress.co.jp/cda/article/news_toppage/38669.html
イー・モバイル、音声通話サービスを3月28日開始
http://k-tai.impress.co.jp/cda/article/news_toppage/38668.html

iPod対応FMラジオ付防水スピーカー

iPodに対応した多機能スピーカーは星の数ほど出ていますが、2~3万円くらい平気でするものが多いのですが、ツインバードから発売されている「χZABADY(エックス ザバディ)」は販売価格が4,000円を切る非常に安価な製品。

多機能といってもこれの場合、FMチューナー機能が付いているだけなのですが、それ以外に防水仕様になっており、iPodを本体にセットして、お風呂場などに持ち込む事ができます。リモコンは付属せず、代わりに前面がシリコンラバーの透明素材で、手が濡れていてもプレイヤーのボタンを操作する事が可能。
サイズは175×77×175mmで、ステレオミニプラグの接続なので、iPodに限らずほとんどのポータブルオーディオに対応し、電源は単三×4本。カラーは白と黒の2色あり。

TWINBIRD  xZABADY

製品情報ページ
http://www.twinbird.jp/product/avj122/
家電製品ミニレビュー
http://kaden.watch.impress.co.jp/cda/column/2009/01/09/3372.html

Amazonで価格をチェック

2008年02月24日

ゴージャス系iPodケース「GILTY COUTURE for iPod」

フォーカルポイントコンピュータから発売になるiPod用ケースの新作「GILTY COUTURE for iPod」は、 iPodケース界の叶姉妹とでも呼べるゴージャス系ケース。元々のメーカーはアメリカで、"COUTURE"はオート・クチュールのクチュール、"GILTY COUTURE"でギルティ・クチュールと読むようです。

iPod touch/nano 2G/nano 3G/shuffle 2G/classic 80G/classic 160GBの6機種向けに各3タイプが発売になり、下の写真はtouch向けのゴールドタイプですが、14kゴールドをベースに、128個のスワロフスキークリスタルを埋め込んだ豪華な作りで、価格は17,800円(税込)。touchやclassicならまだしも、nanoやshuffleでは本体の価格を超えてしまいそうなお値段です。発売開始は2月下旬。

GILTY COUTURE for iPod

ニュースリリース
http://www.focal.co.jp/info/news/n_20080215.html
製品情報ページ
http://www.focal.co.jp/product/detail.html?id_Product=2040
本家の公式ページ(英文)
http://www.giltycouture.com/

オーロラリウム

学研つながりでもう一つ、学研の付録付きムック本「科学のタマゴ サイエンストイバージョン」の最新刊が22日に発売になりましたが、今度のは光りモノアイテム「オーロラリウム」というのが付録で付いてきます。

赤・緑・青の3色のLEDを内蔵し、底の部分の回転するトレーで光を反射させ、上にかぶせた円錐状のフード、もしくは壁や天井に光のアートを映し出す、普通に市販されていてもおかしくなさそうなアイテム。ムック本のおまけだけに高級感はありませんが、安価な光モノアイテムとしてはよさげな感じ。定価2,200円(税込)で全国の書店で販売中、ホームページに動画あり。

オーロラリウム

「科学のタマゴ サイエンストイバージョン」公式ページ
http://kids.gakken.co.jp/kagaku/tamago/index.html

Amazonで価格をチェック

2008年02月23日

手がた記念日

学研から「手がた記念日」という変わった商品が発売になります。石膏(せっこう)と型どり材、その他もろもろがセットになった商品で、基本的な使い方は型どり材に手を入れて、固まったら石膏を流し込んで手のオブジェを作り、付属の「思い出カプセル」という丸い写真ケースにお気に入りの写真を入れて飾るというもの。

石膏の型を作る作業を手軽に体験できるキットというのは初めて見ましたが、手の型を作る以外にも色々な使い道がありそうです。ただし、あまり変な使い方をしないように。2月27日発売予定で2,625円(税込)。

手がた記念日

製品情報ページ
http://shop.gakken.co.jp/shop/order/k_ok/goodsdisp.asp?code=1575026500

Amazonで価格をチェック

ツインローター搭載のリモコンヘリ

リモコンヘリにまたまた新型が登場。シー・シー・ピーからの発売で、「ハニービー」シリーズではあるらしいのですが、今公表されている製品名は「3ch タンデムヘリコプター」と、"ハニービー"の文字は入っていません。

特長はその名前通りで、ツインローター(タンデム)を搭載した3chタイプ。最近発売されている安いリモコンヘリの大部分は2chタイプで、基本的には上昇・下降と左右旋回のコントロールしかできないのですが、3chタイプでは、前進のコントロールも可能です。また機種にLEDのサーチライトを2つ装備。
(これまでに紹介したリモコンヘリで、3chタイプのものはタイヨーの「マイクロマスターHG2 ナイトクルーザー」くらい)

その分価格はやや高めになっており、標準価格8,379円(税込)で、発売開始は3月下旬、色はブルーとオレンジの2タイプ。


3ch タンデムヘリコプター


シーシーピー公式ページ(現時点で未掲載)
http://www.ccp-jp.com/2006_CCP-TOY/06index.html

Amazonで価格をチェック

2008年02月22日

仮面ライダー最終話DVD

現在放映中の仮面ライダーシリーズは、初代から数えて19作目、「仮面ライダー キバ」というタイトルで、主人公は人間と吸血鬼との混血という設定だそうですが、今を去ること37年前に放映された、初代仮面ライダー及び仮面ライダーV3の2作の最終回を収録したマニアックなDVDが発売になります。

厳密にはそれぞれの最終回と、初代のほうはその1話前の合計3話を収録し、それに加えて携帯電話もしくはパソコンからアクセスして、視聴用のパスワードを購入(1話毎に105円)する事で再生できる傑作エピソード集を9話収録。
発売は全国のローソン限定で、ディスク2枚組で税込1,260円、発売開始は3月18日。リアルタイムで初代仮面ライダーを観ていた40過ぎのおじさんには、なかなか魅力的な一品です。

仮面ライダー トリプルライダー FINAL エピソードコレクション

製品情報ページ
http://www.visionare.co.jp/case/riderfinal.html
東映ビデオ、ローソン限定で「仮面ライダー」最終話を集めたDVD
http://www.watch.impress.co.jp/av/docs/20080221/toei.htm
次の『仮面ライダー』は「乙面(オトメン)」で勝負!
http://trendy.nikkeibp.co.jp/article/pickup/20080125/1006430/

2GBで7,980円の「CREATIVE MuVo T200」

アップルからiPod shuffleの2GBタイプが税込7,800円で発表されたのと同じタイミングで、クリエイティブからも2GBメモリ搭載の小型プレイヤー「CREATIVE MuVo T200 2GB」が発表になっています。

本体は77.7×25.0×11.0mmの長細いスティックタイプ。液晶ディスプレイもなく、音楽再生以外の機能は何もないiPod shuffleと比べると、小型ながらもカラー液晶ディスプレイを搭載し、FMラジオ、ボイスレコーダー、時計機能を内蔵した多機能タイプ。
再生時間が最大約9時間と最近のプレイヤーとしてはやや短めなのが不満ですが、直販ショップ価格が税込7,980円と、iPod shuffleよりわずか180円高いだけでこれだけのプラスαがあるのですから、文句は言いっこなし。発売開始は2月下旬より。

CREATIVE MuVo T200

ニュースリリース
http://jp.creative.com/corporate/pressroom/releases/welcome.asp?pid=12892
製品情報ページ
http://jp.creative.com/products/product.asp?category=213&subcategory=215&product=17474&listby=
クリエイティブ、USBメモリータイプのデジタルオーディオプレーヤーCREATIVE MuVo T200発売
http://japan.cnet.com/news/tech/story/0,2000056025,20367733,00.htm

Amazonで価格をチェック

2008年02月21日

ルームパレット スカイリウム

バンプレストから光モノアイテムの新作「ルームパレット スカイリウム」が登場。2003年に発売されたロングセラー「ルームパレット」の新モデルで、従来の「ルームパレット」が青の単色LEDだったのが、今度のは青・緑・赤の3色の発光が可能で、よりバリエーションに富んだ光の表現が可能です。

「リゾートオーシャンモード」・「オーロラモード」・「ディープブルーモード」・「ドリームモード」の4種類の発光モードがあり、天井や壁に揺らぐ光の帯を描き出す事ができます。就寝時用のタイマー(60分、120分)付きで、また、前モデルは電源が乾電池のみだったのが、ACアダプター(付属)・乾電池両対応になっています。4月中旬発売開始で希望小売価格:6.300円(税込)。
ルームパレット スカイリウムルームパレット スカイリウム

ニュースリリース
http://release.nikkei.co.jp/detail.cfm?relID=182577&lindID=4
製品情報ページ
http://www.relaxstyle.jp/sky.html
光のインテリア「ルームパレット スカイリウム」、バンプレストから
http://plusd.itmedia.co.jp/lifestyle/articles/0802/29/news112.html

Amazonで価格をチェック

スケルトンなG-SHOCK 「Ocean Gray」

CASIO G-SHOCK発売25周年記念製品の第4弾「Ocean Gray」が登場します。今度のは1996年発売のイルカ・クジラモデルにちなんで、グレーがかったスケルトン素材をケースとバンドに使用した異色のモデル。イルカ・クジラとスケルトンがどうつながるのかがよくわかりませんが、透き通る海原をスケルトン素材で表現したといった所でしょうか?

全部で3モデルあり、価格は16,275~29,925円(税込)、写真は一番安いモデルの「DW-5025D」です。発売開始は3月14日からで、各12,000個の限定生産。

G-SHOCK Ocean Gray


ニュースリリース
http://www.casio.co.jp/release/2008/ocean_gray.html
製品情報ページ
http://g-shock.jp/new/2008_03/gshock_og.html
“イルクジ”ちなんだ25周年「スケルトンG-SHOCK」
http://plusd.itmedia.co.jp/d-style/articles/0802/20/news076.html

Amazonで価格をチェック

2008年02月20日

Bluetooth搭載の「ウォークマン NW-A820」

ソニーからBluetoothを搭載した「ウォークマン NW-A820シリーズ」が発表になりました。Bluetoothを搭載したポータブルオーディオ自体これまで存在はしましたが数は非常に少なく、ウォークマンで標準搭載したのはこれが初めて。
Bluetoothに対応した機器は最近かなり数が増えてきています。サードパーティーからも新製品が色々出ていますし、ソニー自身も先日Bluetooth対応のワイヤレススピーカーステレオヘッドセットまとめて発表しています。昔からBluetoothを支持してきた人にとっては、ようやく春が訪れた感じでしょう。

その他スペック面では2.4インチ液晶(320×240ドット)搭載で動画再生にも対応し、別売のビデオレコーディングクレードルと、「シンクロ録画」に対応したテレビを使えば動画のタイマー録画も可能で、CD/MDプレーヤーなどからの音楽のダイレクト録音にも対応。ソフト面では曲やアーティスト名の日本語50音順でソートできるのは国内メーカーならでは。

バッテリーはBluetoothオフで音楽再生が最大約36時間、Bluetoothを使うと約15時間。ちなみに付属のヘッドホンはBluetooth対応でない普通の有線式で、その代わり周囲の騒音を抑えるノイズキャンセリング機能が使えます。
発売開始は3月20日で、8GBモデルが店頭予想価格28,000円前後、16GBモデルが38,000円前後の予定で、カラーはブラック・ホワイト・ピンクの3色。

ウォークマン NW-A820

ニュースリリース
http://www.sony.jp/CorporateCruise/Press/200802/08-0220B/
製品情報ページ
http://www.ecat.sony.co.jp/walkman/product.cfm?PD=30529&KM=NW-A829
ソニー、初のBluetooth対応「ウォークマンA」
http://www.watch.impress.co.jp/av/docs/20080220/sony1.htm

ソニースタイルへ

2GBのiPod shuffle登場

長い間容量1GB止まりだったアップルのiPod shuffleに、初めて2GBモデルが登場しました。基本機能はまったく従来通りで、価格は税込7,800円と、従来の1GBモデルより2,000円安くなっており、1GBモデルは5,800円と4,000円値下げ。

安くて小型のプレイヤーという事であれば、たとえばCreative社の「ZEN Stone Plus」は2GBメモリ搭載で実売8,000円前後ですが、液晶画面もFMチューナーも搭載するなど多機能ですし、他にも選択肢は色々ある訳ですが、iPodじゃなくちゃかっこ悪いと思う人には、1GBモデルならば5,000円ちょいで買えるというのは魅力的。2月末より発売開始。

iPod shuffle

製品情報ページ
http://www.apple.com/jp/ipodshuffle/
アップル、iPod shuffleに7,800円の2GBモデルを追加
http://www.watch.impress.co.jp/av/docs/20080220/apple.htm

Apple Storeへ

2008年02月19日

ソニーの「mylo」に新型登場

ソニーが"パーソナルコミュニケーター"と呼ぶインターネット端末「mylo」に新型「mylo COM-2」が登場。旧モデルは1年前に発売された製品でしたが、ネット販売専用だったので知名度はあまり高くなかったと思いますが、今回のモデルは店頭販売もあり。

旧モデルと比べると、液晶が3.5インチ(旧モデル:2.4インチ)と大型化し、解像度も800×480ドット(旧モデル:320×240ドット)と大幅にアップしています。本体サイズは130.8(W)×64.6(H)×20.7(D)mm。
基本的な機能は従来通りで、動画や音楽を再生可能なメディアプレイヤーとしての機能と、インターネット端末としての機能を併せ持ちます(無線LANがつながればskypeで電話も可)が、これ単独ではインターネット接続できず、屋外では無線LANのホットスポットを探す必要があります。搭載メモリは1GBで、メモリースティック デュオ用のスロットと、約130万画素のデジカメ機能を内蔵。バッテリーはWeb閲覧時で最大約6時間、音楽再生で約20時間、 動画再生で約7時間の利用が可能。
ソフト面で特徴的なのは「mylo Widget」というミニアプリを搭載し、これはVistaのガジェット的なソフトですが、画面上のWidgetを選択する事で、手軽にGoogle検索したり、YouTubeやmixiを利用したりする事ができます。

正直旧モデルは値段の割にはスペックが今ひとつで、かなりのモバイル製品マニアでなければ手を出しづらい雰囲気でしたが、今回のはネットワーク接続が無線LANに頼らなければならない事がネックにならなければ、それなりに使える製品に仕上がっている感じです。発売開始は3月1日、店頭予想価格は3万5千円前後で、カラーはホワイトとブラックの2色。

mylo COM-2

“もう一度作り直した”ソニー「mylo」新作 YouTube・mixiに一発接続
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0802/19/news039.html
ニュースリリース(動画あり)
http://www.sony.jp/CorporateCruise/Press/200802/08-0219/
myloホームページ
http://www.sony.jp/products/Consumer/Mylo/?j-short=mylo

チキンラーメン発売50周年

去年の4月に日清食品から中身だけ詰め替えて食べる地球環境に優しい「カップヌードル リフィル」が発売になりましたが、今度はチキンラーメン発売50周年を記念して、「チキンラーメン50周年記念パック」と「チキンラーメンリフィル」が登場します。

「チキンラーメン50周年記念パック」は、「チキンラーメンリフィル (詰め替え用)」・「電子レンジ調理対応オリジナル耐熱カップ」・「50th限定ひよこちゃんぬいぐるみ」の3つがセットになった記念商品で、「チキンラーメンリフィル」は食べる中身だけの商品。「50th限定ひよこちゃんぬいぐるみ」というのは、タキシードを着たひよこのぬいぐるみで、胸と左肩には50周年のロゴ入り。

カップ麺をこよなく愛するIT戦士には必携の一品ですし、また、仲間由紀恵のファンの方はこれをいつもバッグに入れて持ち歩いておけば、偶然街で仲間さんに出会った時に快くサインをいただける事でしょう。3月3日発売開始で50周年記念パックは952円(税込)、リフィルは122円(税込)、関東・近畿・中部の限定発売となります。

20080219chicken50th.jpg

ニュースリリース
http://www.nissinfoods.co.jp/com/news/news_release.html?yr=2008&mn=2&nid=1273

2008年02月18日

大人・子供を区別する「サイバーショットDSC-T300」

最近のコンパクトデジカメは、顔認識やスマイルシャッター機能を当たり前のように搭載していますが、今度出るソニーの「サイバーショットDSC-T300」では、ファインダーに捉えた複数の人物が大人か子供かを識別し、子供が笑った時にシャッターを切るといった使い方ができるそうです。ただし、小学校低学年程度以下のみを子供として認識し、中学生以上はお断り。カメラに大人扱いされた老け顔の小学生が、心に傷を負う事になるんじゃないかとか、色々なシチュエーションを想像させてくれる機能です。

その他デジカメとしての基本スペックは1,010万画素・手ぶれ補整搭載など他メーカーの製品と変わり映えしませんが、ソニーならではの機能としては、液晶ディスプレイがタッチパネル式で、指で触って機能を選択したり、付属のペンで写真にコメントや絵を描きこんだりでき、その他カメラ内レタッチ機能でピントをシャープにしたり、人物の硬い表情をむりやり笑顔に加工できたりするのが特長的な所。3月7日より発売開始で、店頭予想価格48,000円、ボディカラーはシルバー・ブラック・レッドの3色。

サイバーショットDSC-T300

ニュースリリース
http://www.sony.jp/CorporateCruise/Press/200802/08-0218/
製品情報ページ
http://www.sony.jp/products/Consumer/DSC/DSC-T300/index.html
ソニー、子どもと大人を区別する「サイバーショットDSC-T300」
http://dc.watch.impress.co.jp/cda/compact/2008/02/18/7969.html

MacBookに新型登場?

極薄のMacBook Airで話題をさらったアップルですが、従来モデルのMacBook/MacBook Proに関しても新型が登場するという噂が出ています。
登場するとすれば、CPUを最新のPenrynに換装し、MacBook Airと同様のマルチタッチトラックパッドを搭載(この機能はソフトウェアだけでは対応できないらしい)といった辺りは確実で、後は従来モデルより多少薄型になる可能性もあるかもしれません。

前回新モデルが登場したのはMacBookが去年の5月中旬、MacBook Proが6月初旬(MacBookは11月にも一度アップデートがありましたが、この時はリリース発表もないマイナーチェンジ)で、すでに半年以上が経過していますので、実際に近日中に新型が登場する可能性はかなり高いでしょう。

MacBook Pro

アップル、新型MacBook Proを近々発表とのうわさ
http://japan.cnet.com/news/tech/story/0,2000056025,20366613,00.htm
Best BuyでMacBookとMacBook Proが品不足状態--新製品発表の兆候か?
http://japan.cnet.com/news/tech/story/0,2000056025,20367464,00.htm

2008年02月17日

時間のよくわからない腕時計

シーホープという腕時計メーカーがあり、このメーカー、比較的普通のデザインの時計も手がけていますが、どちらかというと、ぱっと見ただけでは何時なのかわからない奇抜なデザインのものをたくさん出しています。

たとえば写真のモデル「SEAHOPE シンショク (浸食)」は、ステンレス製のシルバーのボディで光るLEDが時間を示しているのですが、読み方を知らない人には何時なのかまったく不明。正しい読み方は赤い12個のLEDが時間を、3個の緑のLEDが15分単位の分表示、14個のオレンジのLEDが1分単位の分表示になっており、この写真では赤:12・緑:3・オレンジ:13個が点灯していますから、15×3+13=58で、現在時刻は12時58分だという事。

このモデルの価格は21,000円(税込)、公式ページに見に行くと、この手のユニークな時計がゴロゴロしており、現物を見てみたい人にはお台場や横浜に直営店があり。

SEAHOPE シンショク

製品情報ページ
http://www.seahope.com/e-commex/cgi-bin/ex_disp_category.cgi?id=shin
シーホープ公式ページ
http://www.seahope.com/

Amazonで価格をチェック

USB掃除機マウス

サンコーが発売した新型マウスは、スクロールホイール付き光学800dpiのごく普通のスペックですが、掃除機機能付き。横にあるスイッチでマウス機能・掃除機機能を切り替えられるようになっています。
底にある穴からほこりを吸い取り、内部のフィルターでゴミを吸着し、お手入れの時はボックスを取り外してゴミを捨て、水洗いも可能などと書けば結構本格的な感じがしますが、チリやホコリは吸い込めても、消しゴムのかすクラスの重さ・大きさのゴミだと厳しいようなので、実用性にはクエスチョンマークが付きますけど、ネタ系グッズを集めるのが好きな人はおひとつどうぞ。税込1,980円。

USB掃除機マウス

製品情報ページ
http://www.thanko.jp/cleanermouse/
机の上をキレイにします! 掃除機内蔵マウス
http://www.rbbtoday.com/news/20080215/48759.html

楽天のショップへ

2008年02月16日

オンキヨーのHDオーディオコンピュータ「APX-2」

オンキヨーが昨年発売したオーディオとしての利用を意識したパソコン「HDC-1.0」の後継モデル「APX-2」が発売になります。従来モデル同様にマシンの静音化やパソコン内部のノイズのサウンドへの悪影響の排除に気を配った設計で、騒音レベルは22dBと前モデルより3dB改善。

OSはWindows Vista Homeエディションを採用し、Core 2 Duo(1.66GHz)CPUに1GBメモリーを搭載。デジタル入出力等の音声端子を豊富に備え、音楽・CD・DVDの操作が可能なリモコンを標準装備。面白いのは「PDAP」(Pure Direct Audio Path)という技術を採用し、音楽再生時にWindowsのサウンド音をカットして、急にエフェクト音が鳴ってびっくりするのを防げるとの事。

本体は205(W)×155(H)×388(D)mmのコンパクトサイズで、店頭予想価格は25万円前後で2月29日より発売予定。また、ソーテックブランドで「HDC-2.0A」という製品名で同じラインナップの製品が発売になっており、スペックはほぼ同等ですが、筐体が縦置きで剛性や質感はAPX-2よりやや劣り、また、サウンド回路に低価格なものを使用し、その代わりOffice Personal 2007が標準添付といった違いがあります。

APX-2

ニュースリリース
http://www.jp.onkyo.com/apx2/080215apx2.pdf
製品情報ページ
http://www.jp.onkyo.com/apx2/
オンキヨー、デジタルアンプ内蔵の高音質PC「APX-2」「HDC-2.0A」
http://plusd.itmedia.co.jp/pcuser/articles/0802/15/news127.html
オンキヨー、HDオーディオコンピュータ第2弾
http://www.watch.impress.co.jp/av/docs/20080215/onkyo.htm

ルービックマジック

メガハウスから「ルービックキューブ」シリーズの新作パズル「ルービックマジック」というのが発売になります。正方形の板が4×2=計8枚ワイヤーでつながった210×105mmサイズのパズルで、これを折ったり開いたりして配置を変え、板の上に描かれた3つのリングの絵柄をつなげて完成させるというルールです。

Wikipediaによると、1980年代に一度発売された商品のリバイバルで、YouTubeにあった動画を見た限り、ルービックキューブよりも難易度が高いような気もするのですが、パズルものが得意な人はチャレンジしてみてください。ちなみに海外では大会も行われているようで、世界記録は1秒台だとの事。本日発売開始で税込2,079円。

ルービックマジック

ニュースリリース
http://www.bandai.co.jp/releases/J2008021402.html
公式ページ
http://www.rubikcube.jp/index.html
パタパタする新感覚「ルービックマジック」、メガハウスから
http://plusd.itmedia.co.jp/lifestyle/articles/0802/14/news095.html
YouTube動画
http://jp.youtube.com/watch?v=elxhmmcwcXk

Amazonで価格をチェック

2008年02月15日

腕時計目覚まし「SLEEPTRACKER」新モデル

1年ほど前に取り上げた、セットした時間でなく、眠りの浅いタイミングでアラームを鳴らして快適に目を覚ましてくれるという腕時計・「SLEEPTRACKER(スリープトラッカー)」の新モデル・「SLEEPTRACKER PRO」が発売になります。
レム睡眠状態を感知し、セットした時刻より早い、眠りの浅いタイミングでアラームを鳴らす基本機能は従来通りで、今回新たに睡眠データをパソコンにダウンロードし、データを分析・管理・保存できる睡眠マニアにはたまらない機能が追加になっています。
もう一つ、前回指摘したバイブレーター機能が追加になっており、より確実に目を覚ます事ができるようになったのはポイント高いです。発売開始は3月3日、税込24,480円。

SLEEPTRACKER(スリープトラッカー) PRO

SLEEPTRACKER公式ページ
http://www.sleeptracker.jp/
起きやすい瞬間に起こしてくれる睡眠計測腕時計に新機能
http://www.rbbtoday.com/news/20080215/48743.html
ワールドビジネスサテライト トレンドたまご(動画)
http://www.tv-tokyo.co.jp/wbs/2006/08/10/toretama/tt.html

「SLEEPTRACKER PRO」で楽天を検索

チタン採用の電動アシスト車「BE-EPV」

パナソニックから、フレームにチタン合金を採用した電動アシスト自転車「チタンフラットロードEB BE-EPV」が発売になります。
外装8段変速に26×1.25HEのタイヤを装備したスポーツバイクで、標準バッテリーで3時間の充電で最長76kmの走行が可能。また、バッテリー残量計兼用のサイクルメーターを標準で装備しており、Web上で、車体カラー・バッテリー容量・タイヤ・サドルなどをカスタマイズ可能になっています。

この仕様でフラットロード(フラットバーハンドルを装備したロードレーサー)と呼ぶにはちょっと抵抗を感じますが、スポーツバイクらしいデザインと、標準バッテリー込みで重量を15.7kg(430mmフレームで)と電動アシスト車としては軽量に抑えたのは立派です。
価格はチタンを採用したためか、585,000円(税込)よりと結構な値段で、こだわり自転車工房「Cycle WebStudio」で限定販売中、出荷開始は3月25日より。

チタンフラットロードEB BE-EPV

製品情報ページ
http://club.panasonic.co.jp/mall/cycle-webstudio/open/product/custom/flatroad/
パナソニック、チタン採用の高級電動アシスト自転車
http://kaden.watch.impress.co.jp/cda/news/2008/02/14/1925.html

2008年02月14日

ローテクの極みのアナログフォトフレーム

デジカメで撮った写真を、カラー液晶画面に切り換えながら表示する"デジタル"フォトフレームは、各社からたくさんの種類が出ていますが、プリントした写真を切り換え表示する"アナログ"フォトフレームというものも、世の中には存在します。

下の画像は「シルバー観覧車フレーム」という商品ですが、フォトフレームが観覧車のようにくるくる回る仕組みになっており、6枚×表裏両面で合計12枚のサービスプリントサイズの写真を表示させる事ができます。モーターも何も付いていませんので回転は手動式、裏側の写真を見たいと思ったら、本体毎よっこらせと180度向きを変えてやらなければなりません。

ローテクの極みの一品ですが、消費電力はゼロですし、デジタル写真では味気なく思える人にはインテリア代わりに結構いいかもしれません。税込4,200円で販売中。

シルバー観覧車フレーム

製品情報ページ
http://ladonna-co.net/subwindow/ba_RM03.html

Amazonで価格をチェック

自分でデザインできる腕時計「カスタイム」

自分でデザインした腕時計をインターネットで注文できる「カスタイム」というサービスが始まっています。まず4つの基本デザインから1つを選び、次に針やバンド、文字盤などのパーツを気に入ったものから選んでいきます。パーツを変更すると、その内容が即座に画面上で反映されるようになっており、自分の描いたイラストや写真を文字盤に入れることも可能。
時計の組み立てはスイスで行われ、日本に届くまで約1週間から2週間。お値段はパーツの選択によって約14,000円から24,000円。

カスタイム公式ページへ

カスタイム公式ページ
http://www.custime.com/index.php?lang=jp
ワールドビジネスサテライト トレンドたまご(動画)
http://www.tv-tokyo.co.jp/wbs/toretama/index.html

2008年02月13日

10m防水の28mm広角デジカメ「μ1030SW」

オリンパスから発表になった「μ1030SW」はユニークな特長を持ったコンパクトデジタルカメラで、まず、防水・防塵・耐衝撃機能付きで、防水は水中10mの深さまでの利用が可能・耐衝撃は2mの高さから落としても壊れないようになっています。

ボディのサイズは93.2(W)×61.4(H)×21.3(D)mmとコンパクトで、ズームしてもレンズが前に伸びない屈曲光学式のレンズを採用しており、このタイプでは初の広角28mmを搭載(28~102mmの3.6倍ズーム)。撮像素子は1,010万画素CCDで、最高感度はISO1600。手ぶれ補整機能を搭載していないのがちょっと残念ですが、陸上で普通に使うもよし、夏にプールや海で、ちょっとした水中撮影を行うもよし、アウトドア派には魅力的な1台です。

本体カラーはメタルシルバー、メタルブラック、メタルグリーンの3色で、発売開始は3月中旬、店頭予想価格は5万円前後の見込み。

μ1030SW

ニュースリリース
http://www.olympus.co.jp/jp/news/2008a/nr080213mju1030swj.cfm
製品情報ページ
http://olympus-imaging.jp/product/compact/mju1030sw/
オリンパス、28mmレンズ搭載の防水防塵モデル「μ1030SW」
http://dc.watch.impress.co.jp/cda/compact/2008/02/13/7943.html

新ウォークマン携帯「W980」

ソニー・エリクソンは今回Windows mobile搭載の「XPERIA X1」以外にも複数のケータイを発表しており、中でも注目なのがウォークマン携帯の新モデル「W980」。
折りたたみ式で、背面に曲の情報を表示するディスプレイと、再生・曲送りなどの専用スイッチを設けており、いかにもウォークマンぽい精悍なデザイン。

音楽の格納用に8Gバイトのメモリを内蔵し、他にFMラジオ機能を搭載。それ以外に珍しいのがFMトランスミッター機能を備えており、FMラジオ内蔵のポータブルプレイヤーを持っている友人が近くにいれば、同じ曲を聴かせたり、車の中でケーブル接続する事なくカーラジオで曲を流したりもできます。他にはBluetooth・3.2Mデジタルカメラなどを搭載。

今年の第3四半期(7~9月)に登場予定ですが、残念ながらこれも日本での発売がどうなるかは未定。

クリックで拡大

ニュースリリース
http://www.sonyericsson.com/cws/corporate/press/pressreleases/pressreleasedetails/w980global-20080210
ウォークマン携帯、サイバーショット携帯の新モデルも発表
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0802/12/news101.html

2008年02月12日

ミニミニデジタルフォトフレーム「DPF-151」

先週上海問屋から発売になった「DPF-151」は、製品のジャンルとしてはデジタルフォトフレームですが、液晶画面が1.5インチで128ドット×128ドットの解像度しかありません。
これじゃあ、使いものにならないよとシカトする所ですが、この製品、カラー液晶の下にデジタルで時間を表示するもう一つのモノクロ液晶画面が付いており、これがアラーム機能付きでしかも温度計機能も備えています。

さらに値段が税込でたった2,599円ですから、それなら写真表示はおもちゃ程度でも、卓上時計代わりに買ってみるかという気にさせる、なかなか商売上手な一品です。電源は時計部分はボタン電池を使用し、写真表示はUSBで充電するバッテリー式で、画像の転送もUSBを介して行いますので、パソコンがある場所での使用が前提になります。上海問屋で発売中ですが、今日時点ですでに品切れ中。

アラームクロックフォトフレーム DPF-151

上海問屋(楽天)で在庫を確認

星座を映し出す地球儀

明るい所で見るとただの地球儀ですが、この「天球儀&地球儀スターミュージアム」は暗くなるとセンサーが反応して中のLEDが点灯し、星座を映し出す天球儀に早変わりする1台2役のアイテム。
直径約30cmで、電源は家庭用100V電源を使用します。国名・地名が英語表記なので、どちらかというと実用アイテムというよりはインテリア向きですが、書斎(あればですが)にでも飾っておけば、部屋の主のインテリ度が1ポイントアップして見えそうな一品で、1万~1万2千円前後で販売されています。直径22cmの一回り小さいタイプもあり。

天球儀&地球儀スターミュージアム

製品情報ページ
http://www.kenko-tokina.co.jp/optical/planetarium/index.html
寒空の下で星を満喫しよう! 屋内・屋外で使えるきらきらアイテム
http://bcnranking.jp/news/special/0802/080213_87p1.html

Amazonで価格をチェック

2008年02月11日

春のデジタル一眼エントリ機総評

アメリカでのカメライベントPMAが終わり、この春入手可能なデジタル一眼レフの新製品はすべて出そろったと思いますが(※)、今回発表になったエントリクラスの新製品について、独断と偏見で総評してみます。

(※)3月5日にオリンパスから「E-420」が発表になりました。

続きを読む "春のデジタル一眼エントリ機総評" »

ソニー・エリクソンのスマートフォン「XPERIA X1」

ソニー・エリクソンから、「XPERIA X1」という名の新型スマートフォンが発表になっています。スライド式キーボードを備え、OSにはWindows Mobileを搭載していますが、インターフェースには独自のものを採用しているようで、従来の製品とは一線を画した非常にクールなデザインのマシン。仕様としては、

・3インチカラー液晶画面(800 x 480ドット・タッチスクリーン式※)
・FMチューナー
・aGPS
・無線LAN・Bluetooth
・3.2メガデジタルカメラ機能(ライト付・動画対応)
・バイブレーション機能
・オプティカル(光学式)ジョイスティック(?)搭載
・microSDカードスロット
・サイズ:110×53×16.7mm・145g
・本体カラーは黒とシルバーの2色

※スタイラスではなく指タッチを前提としたインターフェースのもよう。

といった所で、かなり期待できる製品のようですが、日本で発売されるかどうかは今の所不明。発売開始は今年の後半より。

クリックで拡大 クリックで拡大

ニュースリリース(英文)
http://www.sonyericsson.com/cws/corporate/press/pressreleases/pressreleasedetails/globalx1-20080210
ソニエリXPERIA X1 アークスライドWindows Mobileスマートフォン
http://japanese.engadget.com/2008/02/10/xperia-x1-windows-mobile/
Sony Ericsson、3インチWVGAタッチパネル+フルキー+横スライド搭載スマートフォン「XPERIA X1」発表
http://plusd.itmedia.co.jp/mobile/articles/0802/11/news004.html
初のサブブランド「XPERIA」を披露したソニー・エリクソン
http://k-tai.impress.co.jp/cda/article/event/38434.html
写真で見る、ソニエリ初のWindows端末「XPERIA X1」の姿
http://japan.cnet.com/mobile/story/0,3800078151,20366986,00.htm

2008年02月10日

フェイスバンク 凸凹WORKS

コインを食べる貯金箱・「フェイスバンク」は、「キモカワ」系の微妙なデザインにかかわらずヒット商品になってしまいましたが、凹凸のある前面素材を使った新デザインが登場。
赤いレンガ風のものと、金色のトタン屋根風なものの2タイプ。目の所のセンサーで手が近づいてきたのを感知し、自動的に口を開閉してコインを食べる仕掛けで、500円玉で20枚まで収納できる仕様は従来通り。標準価格2,310円(税込)で、4月下旬発売開始。

高田コレクション フェイスバンク 凸凹WORKS高田コレクション フェイスバンク 凸凹WORKS

製品情報ページ(動画あり)
http://www.banpresto.co.jp/life/item/52419.html

Amazonで価格をチェック

空飛ぶ悪夢

部屋の隅まで追いつめた「あれ」が、漆黒の翼を拡げて逆襲してきた時の恐ろしさといったら...。その時の恐怖がトラウマになっている人は少なくないのではないかと思いますが、その「あれ」が空飛ぶおもちゃとして登場しています。

幸か不幸か、羽根をバタバタさせて飛ぶのではなく、プロペラを回して飛ぶリモコンヘリで、赤外線コントロールで上昇下降・左右旋回、送信機用の電源は単3×6本(別売)、約30分の充電で5分の飛行が可能と、スペック的には一般的なもの。

「あれ」が嫌いな人へのいやがらせアイテムとしては絶大な威力を発揮すると思いますが、丸めた週刊誌で撃墜されて、二度と飛行できなくなる危険もありますので、いたずらはほどほどに。トイザらスでの販売価格は税込で4,000円ほど。

R/C コックローチ

トイザらス(楽天)へ

2008年02月09日

今度は雑炊缶だ!

秋葉原ラーメン缶戦争が勃発してからしばらく後、パスタ缶が登場し、主戦場が中国からイタリアに移るのかと思ったら、意表をついて今度は「雑炊缶」が登場するようです。
「雑炊缶」といっても、普通のお米を使ったのでは長期保存ができないらしく、ラーメン缶・パスタ缶と同様にこんにゃくを原材料にして、米粒風に仕上げたのが入っており、どんな食感になるのか想像がつきませんが、きのこ・とり・豚骨チゲの3種類が登場する予定で、おでん缶の聖地チチブデンキで3月上旬より発売開始ですが、その他の地域で入手できるかどうかは不明。

イタリア・日本と来たからには、次はドイツ料理が登場すれば、アキバ缶の日独伊三国同盟の完成ですが、この先どういう展開になるのかはまったく予想不可能です。

まだまだ増えるアキバ缶、今度は「雑炊」
http://akiba-pc.watch.impress.co.jp/blog/archives/2008/02/post_259.html
雑炊缶、食べてみました!
http://akiba-pc.watch.impress.co.jp/blog/archives/2008/02/post_264.html

光るイヤフォン

ブライトンネットから発売になる携帯プレイヤー向けのイヤフォン「Flash LED Earphone」は、LEDを内蔵した光るイヤフォン。左右それぞれと、ケーブルの途中にある電池ボックスにLEDを内蔵しており、音楽に合わせて青い光がフラッシュします。

電池ボックスの所のスイッチでLEDのオン・オフをコントロールできますが、ケーブルの途中にこういうのを挟むのなら、ついでにボリューム調整やミュートなどもできるようにしてほしかった所。本来装着している本人にはLEDの光は見えませんが、通勤・通学電車の中で、車窓に映った自分の姿をうっとり見つめるナルシシスト気味の人にはいい製品かもしれません。クリア・ブルー・ピンクの3色があり、店頭予想価格は2,980円で、本日発売開始。

Flash LED Earphone

製品情報ページ
http://www.brightonnet.co.jp/product/ipod/bi-ledear.html
ブライトンネット、音にあわせて光るイヤフォン
http://plusd.itmedia.co.jp/lifestyle/articles/0802/08/news080.html

2008年02月08日

ドラゴンボールのアイテム付き食玩

バンダイからドラゴンボールの食玩(おまけ付きお菓子)、「ドラゴンボールアイテムズNEO」が発売になります。4種類あり、孫悟空の声の出るリストバンドがかめはめ波バージョンと元気玉バージョンの2種、それに神龍を映し出す事ができるドラゴンボール(七星球)と、最後はスカウター。

リストバンドはバンドの裏側部分にスイッチがあり、スイッチを押すと「か~め~は~め~」、離すと「波ーっ!」の声(もちろんアニメで孫悟空の声をやっていた野沢雅子さん)が出るといった具合に、お菓子のおまけにしては凝った仕掛け付き。
ドラゴンボールは中に電球が入った簡易プロジェクターで、スカウターは数字がデジタル表示されればすごいのですが、ボタンを押すと「ピピピ」と作動音がして、付属のキャラクターカードを見ると、そのキャラの戦闘力が浮かび上がって見えるだけ。

税込525円で、2月下旬より全国のコンビニ等で販売。肝心のお菓子はラムネ×1ケです。

ドラゴンボールアイテムズNEO

製品情報ページ
http://www.bandai.co.jp/candy/products/2008/50623.html
声が出る、ドラゴンも出る「ドラゴンボール」グッズ
http://plusd.itmedia.co.jp/lifestyle/articles/0802/08/news043.html

ソリッドアライアンスの新型ミサイル

ソリッドアライアンスのUSBミサイルランチャーに新型が登場。「USB WIRELESS LAUNCHER(写真)」・「MSN ミサイル ランチャー」の2種類で、MSNはマイクロソフトのMSNの事です。

「USB WIRELESS LAUNCHER」は無線を利用して4.5m先から操作可能なタイプ、「MSN ミサイル ランチャー」は、別にマイクロソフトがミサイル開発に関与している訳ではなく、ミサイルランチャーの上部に装備した光学式照準機のようなWebカメラでターゲットを視認し、MSNメッセンジャーを使って遠隔操作ができるようになっています。

2月19日発売開始で、「USB WIRELESS LAUNCHER」が税込5,980円、「MSN ミサイル ランチャー」が税込7,479円。なお、MSNメッセンジャーで遠隔操作するには、ハイスペックPCの使用を強くお勧めするとの事。

MSN ミサイル ランチャー

ニュースリリース
http://www.solidalliance.com/newpress/?p=48
ソリッドアライアンス、ミサイルランチャーの第2弾、遠隔操作も可能
http://bcnranking.jp/news/0802/080207_9786.html
USB接続のミサイルを試射した
http://bcnranking.jp/news/0802/080227_9957.html

楽天のショップで価格をチェック

2008年02月07日

「ぷち萌え」正式発表

先月取り上げた「∞(むげん)プチプチ」の萌えバージョン、「ぷち萌え」が正式発表になりました。仕様は紹介した通り、声優釘宮理恵さんの萌えボイス付きで、妹編・メイド編・ツンデレ編・幼なじみ編の4つのバリエーション。

たとえばツンデレ編では「触んないでよ!」「ヘンタイ」など4種の萌えボイスに、放置しておくと「別に・・・、寂しくないわよ」というおねだりボイスをしゃべるという事で、人前でプレイすると変態扱いされるのは間違いなさそうなこのアイテム、気恥ずかしいパッケージに入って、3月8日に発売予定・税込819円。

∞(むげん)プチプチ ぷち萌え

ニュースリリース
http://www.bandai.co.jp/releases/J2008020701.html
製品情報ページ
http://www.asovision.com/putimoe/
ぷち萌えキャラのブログ
http://putimoe.anisen.tv/
「∞プチプチ」第2弾は“ぷち萌え”
http://plusd.itmedia.co.jp/lifestyle/articles/0802/07/news033.html

Amazonで在庫をチェック
楽天で「ぷち萌え」を探す

Rolly対抗?セガトイズの「i-SPIN」

セガトイズのスピーカーとして使えるロボット「iシリーズ」に、「i-SPIN」という新型が登場します。これまでペンギン型やネコ型などが発売されていますが、今度のはウサギのできそこないというか、足のついたタマゴというか、正体がよくわからない形。

この新型は、iPodなどとケーブルで接続して音楽を再生する以外に、近くで再生中の音楽に合わせて内蔵のLEDを点滅させ、足と耳を動かしたり、回転したりとさまざまなパフォーマンスを見せてくれます。
説明だけ読むとまるでソニーのRollyのようですが、高さは16cmとRollyよりはかなり大きく、その代わり値段は税込5,250円とはるかに安くなっています。

現時点では公式ページができていませんが、CM募集サイト「filmo」という所で、オリジナルCM用素材として、動画が公開されています。くるくる回る動作はブレークダンス風です。ブルーとピンクの2色があり、発売開始は3月25日予定。

i-SPIN

iシリーズ公式ページ
http://www.segatoys.co.jp/products/robot/iseries/index.html
セガトイズ、ステレオ再生対応「i-dog」など音楽ペットの新製品
http://robot.watch.impress.co.jp/cda/news/2008/03/07/937.html
CM募集サイト「filmo」
http://filmo.tv/creative_brief.php?brief_id=2008012101

Amazonで価格をチェック

2008年02月06日

BRAVIAの名を冠したワンセグポータブルテレビ

ソニーから同社の液晶テレビ・BRAVIAの名を冠したワンセグポータブルテレビ「XDV-D500」が発売になります。愛称は「BRAVIA ワンセグ」。3インチのワイド液晶を搭載し、サイズは98(W)×59.3(H)×14.3(D)mmとコンパクト。「モバイルBRAVIAエンジン」とやらを搭載し、高画質化を実現したとの事。

ワンセグチューナー以外にFM/AMラジオチューナーを搭載し、ワンセグ時は8時間、ラジオの場合は34時間の長時間利用が可能。また、2GBのメモリを搭載し、テレビ番組の予約録画をする事もできます(最大10時間)。

色は黒と白の2色、店頭予想価格は38,000円(税込)前後、4月10日発売開始予定。また、2インチ液晶を搭載した「XDV-G200」も同時発売(こちらは"BRAVIA"はつきません)になります。

XDV-D500

ニュースリリース
http://www.sony.jp/CorporateCruise/Press/200802/08-0206/
製品情報ページ
http://www.sony.jp/products/Consumer/oneseg-radio/products/XDV-D500/index.html
ソニー、3.0型液晶搭載ポータブルTV「BRAVIA ワンセグ」
http://www.watch.impress.co.jp/av/docs/20080206/sony1.htm

踊るジャズ人形「LITTLE JAMMER」に新モデル

バンダイが発売している、リアルに動きながらジャズを奏でる人形・「LITTLE JAMMER」に、新モデル「STRIPE JACKETS (ストライプ・ジャケッツ)」が登場。基本的な機能は従来モデル通りですが、各メンバーの衣装が黒と紫のストライプ(縞)のジャケットに変更になっています。

それに加えて、標準で同梱されている25曲のサウンドにプラスして、「揺れる想い」・「TSUNAMI」・「ラブ・ストーリーは突然に」など、30代前後の世代直撃の25曲を収録した「Stripes Limited Selection」を同梱し、メーカー希望小売価格は24,800円(税込)、発売開始は2月14日バレンタインデーの予定。

LITTLE JAMMER meets KENWOOD STRIPE JACKETS

製品情報ページ
http://livehour.jp/meets/stripe/index.html
R35世代の「LITTLE JAMMER」、洒落たジャケットで登場
http://plusd.itmedia.co.jp/lifestyle/articles/0802/05/news112.html

Amazonで価格をチェック

これまでに紹介したインテリア系アイテム一覧
http://www.dgfreak.com/blog/localpages/items/items.html

2008年02月05日

太陽電池搭載のケータイ用充電池ストラップ

携帯グッズの販売サイト「ストラップヤ」から、ケータイ用のストラップタイプのソーラー充電器「ソーラーチャージecoストラップ」が登場します。ストラップとしてケータイに取り付けられるソーラー式充電器としては世界初だそう。

大きさは56(H)×37(W)×14(D)mm・重さは約40gで、写真で見る限りはケータイストラップとしてはギリギリ許容範囲の大きさだとは思いますが、素直にバッグに入れておいたほうがいいような気も。
このボディの中に充電池を搭載しており、片面に貼られた太陽電池もしくはケータイのACアダプターを使って充電しておき、電池がなくなりそうになったらケータイにつないで充電してやるという仕組み。AU用とFOMA/Softbank3G用の2モデルがあり、税込1,995円で本日より発売。

ソーラーチャージecoストラップ

製品情報ページ
http://www.strapya.com/categories/12_45_4043.html
StrapyaNext、太陽発電で充電可能な携帯ストラップを発売
http://ascii.jp/elem/000/000/105/105427/

楽天のショップで価格をチェック

Windows Vista SP1は3月中旬

Windows Vistaの最初の修正プログラム集・SP1(Service Pack 1)がようやく完成し、Windows Updateでの配布開始が3月中旬よりと決定しました。日本語含めた5つの言語バージョンが同時進行中で、日本のユーザも英語版と同じタイミングで入手可能なもようです。パッケージ版も時期を同じくしてSP1に切り替わるものと思われます。

今回のSP1は機能的には大きな変更はありませんが、Vista登場当初から比べたら格段に安定したものになっているはずですし、安定したらVistaにアップグレードしようと考えていた人には絶好のタイミング。もっとも、SP1固有の問題が発生する可能性も当然ありますので、勇気のある人達のチャレンジの結果発表を待ってから導入する事をお勧めしておきます。

Windows Vista

Microsoft,「Windows Vista SP1」は3月から,「Windows Server 2008」は2月末から提供開始
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20080205/292915/
SP1登場でWindows Vistaはどう変わるのか?
http://ascii.jp/elem/000/000/073/73921/

2008年02月04日

キューブタイプのスピーカー「SP-A440」

キューブタイプの真四角なスピーカーは、何種類か出ていると思いますが、日本ビクターから発売になる「SP-A440」は、左右それぞれの筐体にスピーカーが2つずつ付いている点がひと味違います。サイズは約6cm四方とコンパクトで、上面には電源ボタンと、シアターモード/ ミュージックモードの切り換えスイッチ及びボリューム付き。

マルチアングルスタンドという透明な置き台が付いており、置く角度を調整できるなかなかおしゃれなスピーカーです。色は黒・赤・銀・白の4色、店頭予想価格5,000円(税込)で、2月下旬発売予定。

SP-A440

ニュースリリース
http://www.victor.co.jp/press/2008/sp-a440.html
製品情報ページ
http://www.victor.co.jp/accessory/speaker/sp-a440/index.html
4ドライブのキューブ型スピーカー、ビクターから
http://plusd.itmedia.co.jp/lifestyle/articles/0802/04/news049.html

PCカードスロットに収納できるBluetoothマウス

この車で踏みつぶしてしまったような平べったいマウスは、サンワサプライのノートパソコン用マウス「MA-BTCARD」。
珍しくBluetooth対応タイプのワイヤレスマウスで、ノートパソコンのPCカードスロットで充電ができ、スロットに入れたまま持ち運びもできます。スクロールホイールが無いのが減点-1ですが、せっかくBluetooth搭載のノートを買ったのに、使わずに宝の持ち腐れになっている人にお勧め。店頭予想価格7,980円(税込)で発売中。
Bluetooth光学式マウス MA-BTCARD
ニュースリリース
http://www.sanwa.co.jp/news/200801/ma-btcard/index.html
製品情報ページ
http://www.sanwa.co.jp/product/syohin.asp?code=MA-BTCARD&cate=1
厚さわずか5mm-サンワサプライからPCカード型のマウス
http://japan.cnet.com/news/tech/story/0,2000056025,20365953,00.htm

Amazonで価格をチェック

2008年02月03日

USB接続の小型シュレッダー

サンコーから新しく登場したUSBアイテムは、A4サイズまでの紙が処分できる、USBで電源供給するタイプのシュレッダー。サンコーにしては真っ当すぎる商品で、なにかオチがあるのではないかと調べましたが、至極まじめな普通のシュレッダーのようです。

140(W)x115(H)x74(D)mmのコンパクトサイズで、電源はUSB以外に単三電池6本でも可。紙を入れても自動的にオンにはならず、スイッチで電源をオン・オフしないといけませんが、リバース(逆回転)機能も付いています。家庭や個人事務所で使う分には十分なスペックでしょう。税込2,980円で発売中。

USBシュレッダーA4

2,000円台のUSB接続A4シュレッダー/乾電池でも使える
http://www.rbbtoday.com/news/20080131/48343.html
製品情報ページ
http://www.thanko.jp/usbshredder/

楽天のショップで価格をチェック

日本一周ができる歩数計

ゲーム要素を組み込んだ歩数計の新作・「日本一周歩数計の旅」がユーメイトから発売になります。これは日本一周をバーチャル体験できるもので、出発地点を登録すると、歩いた距離に応じて今自分が日本のどこまで歩いた事になるかが画面に表示され、現在地の名産や名所も確認する事ができます。

ちなみに日本一周の距離は1万8880kmだそうで、毎日かかさず1kmずつ歩き続けたとして、50年ちょっとで日本一周を達成できる事になります。実際にこれでバーチャル日本一周にチャレンジする人がいるかどうかはわかりませんが、何十年も先までこれが壊れず動いてくれるかどうかは保証の限りではありません。3月31日発売予定、税込3,360円。
日本一周歩数計の旅

ユーメイト、歩数計で日本一周の旅がバーチャル体験できる「日本一周歩数計の旅」を発売
http://release.nikkei.co.jp/detail.cfm?relID=180738&lindID=4
ユーメイト、日本一周を疑似体験できる歩数計「日本一周歩数計の旅」を発売
http://ascii.jp/elem/000/000/104/104759/

Amazonで価格をチェック

これまでに紹介したおもちゃ系アイテム一覧
http://www.dgfreak.com/blog/localpages/items/items.html

2008年02月02日

ペン回し専用ボールペン「PEN'Z GEAR」

手に持ったペンを回転させて遊ぶ「ペン回し」は、私も学生時代に修練を積んで初歩の技くらいは使えるのですが、世の中には超絶技を使う達人が存在し、それどころかペン回しの普及・振興を目的とした「日本ペン回し協会」という団体さえあったりします。

そのペン回しに、タカラトミーから専用のペン「PEN'Z GEAR」というのが発売になります。基本はボールペンで、重心や重さをペン回しに最適化してあるそうで、それどころか両端にある金属製の重りを着脱する事で、0.6g単位のバランス調整ができるというのですから、すごい凝りよう。

ペンの色は全12色で各525円(税込)。また、ティーチングDVDが付いたものもあり、DVDの収録内容違いで2種類が各1,575円(税込)で発売になります。発売は2月21日より。

PENZ GEAR ペンスピニングDVDセット

ニュースリリース(pdf文書)
http://www.takaratomy.co.jp/ir/release/press/pdf/p080131.pdf
公式ページ
http://www.takaratomy.co.jp/products/penzgear/
タカラトミー、ペン回し専用ボールペンと教則DVDセット
http://www.watch.impress.co.jp/av/docs/20080206/ttomy.htm
浪人回しじゃなくてペン回し用ボールペン「PEN’Z GEAR」
http://k-tai.impress.co.jp/cda/article/todays_goods/38664.html

Amazonで価格をチェック

ローライのミニチュアデジカメ新モデル

懐かしの二眼レフカメラローライフレックスをミニチュア化したデジカメ「Rolleiflex MiniDigi」に新モデル「Rolleiflex MiniDigi AF5.0」が登場します。
AF5.0という名前通り、前モデルと比べてピントが固定焦点からオートフォーカスに、画素数が140万画素から500万画素に、また、モニターサイズが0.9インチから1.1インチへとパワーアップし、大きさは49(w)×73(H)×45(D)mm。

例によって写りの良し悪しは保証しませんが、持っているだけでも楽しい気分にさせてくれそうな個性派デジカメです。黒と赤の2色あり、希望小売価格は41,000円(税込)で発売開始は2月25日予定。

Rolleiflex MiniDigi AF5.0

ニュースリリース
http://www.komamura.co.jp/press/rollei20MiniDAF.html
製品情報ページ
http://www.rollei.jp/pd/MiniDigiAF.html
駒村商会、二眼レフ「ローライ」のミニチュアデジカメにAFつきの新作
http://bcnranking.jp/news/0801/080131_9716.html

楽天のショップで価格をチェック

2008年02月01日

iPod touch用タッチペン「PIP-TP」

アップルのiPod touch用のタッチペン(いわゆるスタイラス)がプリンストンテクノロジーから発売になります。ご存じの通り、iPod touchやiPhoneは指で操作する事を前提としており、PDAや任天堂DSなどのプラスチック素材のタッチペンでは反応しないのですが、先端に特殊ゴム素材を利用することで、ペン操作を可能にしたとの事。

この製品の発売を聞いて、アップルのスティーブ・ジョブズ氏が「iPod touch用のタッチペンの発売なんて絶対認めん!」と激怒したというのは今考えた作り話ですが、ジョブズ氏がなんと言おうと、どうしてもペンで操作したい人・極端な脂性の人は、異端呼ばわりを恐れずにどんどん使いましょう。

ちなみに特殊ゴムは特殊スプリングでペン本体につながっており、スムーズな操作感を実現しているそうで、さらにクリップ付きのキャップ付き。シルバー(2月上旬発売)・ブラック(2月下旬発売)の2色があり、店頭予想価格は1,980円(税込)。

20080201PIP-TP

ニュースリリース
http://www.princeton.co.jp/news/info/news_contents/200801291413.htm
製品情報ページ
http://www.princeton.co.jp/product/digitalaudio/piptp.html
画面を汚さず快適操作! プリンストン、iPod touch用タッチペン
http://www.rbbtoday.com/news/20080201/48370.html

ソニーデジタル一眼「α350」「α200」国内発表

海外では発表済みのソニーのデジタル一眼レフ「α350」・「α200」が国内で正式に発表されました。もう1機種の「α300」(α350の14.2百万画素に対し、α300は10.2百万画素)は日本では発売されず、海外専用モデルとなります。

α300の国内販売がアナウンスされました(2008/7/7)

α350は3月7日発売予定で、店頭予想価格9万円、α200は2月15日発売予定で、店頭予想価格6万円。α200はもう1万円高い値段を予想していましたが、1,000万画素クラスの手ぶれ補正搭載機をこの価格で出してきたのは、ソニーの本気度の表れといえるかもしれません。

ソニー α350

ニュースリリース(α350)
http://www.sony.jp/CorporateCruise/Press/200802/08-0201/
ニュースリリース(α200)
http://www.sony.jp/CorporateCruise/Press/200802/08-0201B/
製品情報ページ(α350)
http://www.sony.jp/products/Consumer/dslr/products/body/DSLR-A350/index.html
製品情報ページ(α200)
http://www.sony.jp/products/Consumer/dslr/products/body/DSLR-A200/index.html

ソニーデジタル一眼最上位機は年内発売

カメライベントPMA前日のマスコミ向けカンファレンスで、ソニーのデジタル一眼のフラッグシップモデル(α900?)について発表がありました。現時点で公表されている情報は以下の通り。

・2,460万画素フルサイズCMOSセンサー搭載
・手ぶれ補正機能内蔵
・発売は年内
・名称・価格未定

また、下記の動画インタビューによると、このクラスとしてはコンパクト(縦位置グリップは着脱式)で、価格については「ものすごい高いものにはしない」との事。
展示されているボディは、これまでに登場していたモックと外見はそれほど変わりませんが、左肩のダイヤルに設定登録機能(1~3)、右肩に上部液晶の照明用と思われるボタンが追加になっているのがわかります。

ソニー、フルサイズセンサー搭載の「α」を年内に投入
http://dc.watch.impress.co.jp/cda/other/2008/02/01/7877.html
ついにベールを脱いだフルサイズモデル。年内の発売を予定(動画)
http://capacamera.net/pma08/index.php?page=1&id=11
桃井カメラマンが訊く!ソニーAMC事業部長・勝本氏インタビュー(動画)
(α350についてもコメントあり)
http://capacamera.net/pma08/index.php?page=1&id=12

月別表示

フリーソフトダウンロード

comono ImageViewer

標準の画像表示ソフトが
気にいらない人に
(Windows 8/7/Vista/XP)

comono DigiClock

ガジェット風デジタル時計
(Windows 8/7/Vista/XP)

comono HandyMemo

手書きメモソフト
(W-ZERO3/EM・ONE等)

Powered by
Movable Type

広告スペース