メイン

デジカメ カテゴリー(新しい記事順)

2009年03月24日

ペンタックスの中判デジタルカメラ「645 Digital」再登場

ペンタックスが、2005年に発表しながら一時は開発を中断していた中判デジタルカメラ・「PENTAX 645 Digital」を、26日から東京で開催されるカメライベント「PIE 2009」(フォトイメージングエキスポ)で参考出品する事を明らかにしました。

60×45mmの大型フィルムを使用する中判カメラ「PENTAX 645」のデジタル版で、搭載されるセンサーは、「30メガピクセル以上の超高画素大型イメージセンサー」としか明らかになっていませんが、フィルムの規格上の面積で比較した場合、一般的な35mmフィルム(≒いわゆるフルサイズデジタル一眼のセンサーサイズ)の約3.1倍、一般的なデジタル一眼が搭載するAPS-Cサイズのセンサーの約7.3倍だと聞けば、すごさがご理解いただけるでしょう。その分、個人ではおいそれと買えない値段になりそうですが。

既存のPENTAX 645用レンズが使用可能で、2010年発売予定となっています。ペンタックス(HOYA)のカメラ事業では、費用削減のため人員を削減するなど、最近明るい話題がありませんが、本製品がペンタックスのカメラ事業の新たな柱となる事を期待しましょう。

PENTAX 645 Digital

『フォト イメージング エキスポ 2009』参考出品について
http://www.pentax.jp/japan/news/2009/200907.html
ペンタックス、「645 Digital」をPIE2009に参考出品
http://dc.watch.impress.co.jp/cda/dslr/2009/03/24/10508.html

2009年03月08日

PMAが終わり、PIE東京開幕は3月26日

ラスベガスで開催されていたカメライベント・PMAが5日に閉幕しました。事前情報の少なさから予想された通り、今年はデジタル一眼の新製品の発表が少なく、やや盛り上がりに欠ける内容となってしまいました。

さて、カメラ関連では引き続き今月26日から、お台場の東京ビッグサイトでもう一つのビッグイベント・「PIE 2009(フォトイメージングエキスポ2009)」が開催になります。PMAが寂しかった分、こちらを期待したい所ですが、例年PIEでの新機種発表というのはあまり例がありません。春向けの新製品を発表するには遅すぎ、夏向けの新製品には少し早いというタイミングですので、期待しすぎないほうが賢明でしょう。

次にデジタル一眼の新機種が発表されるタイミングとしては、夏向けの新製品として5~6月頃に、発売から1年半となるニコンのD300やソニーのα700の後継機の登場が期待できますが、D40(生産終了)・α200(生産終了の噂あり)といったエントリークラスの製品の動向も気になる所です。ただ、エントリー機の雄・キヤノンのEOS Kiss X2(昨年3月発売)の後継機が、これまでのパターン通り1年半後の今秋(9月頃)の登場となるなら、他社も右にならえとなって、夏に中級機・エントリー機は主に秋に登場という展開になるかもしれません。

PMA09関連記事リンク集(デジカメWatch)
http://dc.watch.impress.co.jp/cda/other/2009/03/04/10335.html
PIE(フォトイメージングエキスポ)2009公式ページ
http://www.photoimagingexpo.jp/index2.html
キヤノン、デジタル一眼レフカメラ入門機にフルHD動画機能を搭載
(日刊工業新聞/3月11日・Kissの新機種は秋~年末との記載あり)
http://www.nikkan.co.jp/news/nkx0320090311bjak.html

2009年03月04日

女流一眼に動画が付いた「LUMIX DMC-GH1」

パナソニックの女流一眼こと「DMC-G1」発表の際にアナウンスのあった動画機能付きモデルが、現在ラスベガスで開催中のカメライベント・PMAで、「LUMIX DMC-GH1」として発表になりました。

静止画撮影機能ではあまり変化はありませんが、動画機能はHD動画の記録に対応し、動画撮影中のAF(顔認識にも対応)に、本体上部に搭載したマイクでのステレオ音声録音が可能で、これまで登場した動画機能付きデジタル一眼の中でも最も充実しています。12.1M画素のLive MOSセンサーを搭載し、静止画では4:3、3:2、16:9のアスペクト比に加えて1:1の正方形のフォーマットに対応。ボディ本体のサイズはG1とほぼ変わらず、ボディのみの重さも385gで据え置きで、発売時期と価格は未定。

今回本体に加え、複数のレンズ・周辺機器が同時発表になっており、どうやらパナソニックは、フォーサーズからマイクロフォーサーズ規格のほうへ、完全に軸足を移そうとしているようです。

LUMIX DMC-GH1

ニュースリリース(英文)
http://www2.panasonic.com/webapp/wcs/stores/servlet/prModelDetail?storeId=11301&catalogId=13251&itemId=332733&modelNo=Content03032009032503558&surfModel=Content03032009032503558
Panasonic premieres DMC-GH1 with HD video recording(英文)
http://www.dpreview.com/news/0903/09030315panasoniclumixdmcgh1.asp
Panasonic DMC-GH1 brief hands-on(英文)
http://www.dpreview.com/news/0903/09030316lumixgh1handson.asp
パナソニックはフルHD対応一眼「LUMIX DMC-GH1」を発表
http://dc.watch.impress.co.jp/cda/other/2009/03/04/10348.html
パナソニック、HD動画撮影対応デジタル一眼「LUMIX GH1」と交換レンズを発表!
http://trendy.nikkeibp.co.jp/article/special/20090304/1024304/

追記1:下の記事では海外での発売は今年の初夏とあり、日本でも一番遅くて7月には発売になるでしょう。価格はDMC-G1のダブルズームキット(店頭予想価格125,000円)より、DMC-GH1の10倍ズームレンズキットのほうがかなり高くなるとの事。

パナソニック「LUMIX DMC-GH1」は動画のマニュアル撮影に対応
http://dc.watch.impress.co.jp/cda/other/2009/03/06/10368.html

追記2:発売日は4月24日、10倍ズームレンズキットで店頭予想価格15万円と発表がありました。なお、ボディ単体売りは無し。

パナソニック、フルHD動画記録が可能になった「DMC-GH1」
http://dc.watch.impress.co.jp/cda/dslr/2009/03/25/10532.html

2009年03月03日

サムスンよりレンズ交換式デジカメ「NX」登場

韓国のサムスンが、3日よりラスベガスで開催されるカメライベント・PMAで、レンズ交換式のデジタルカメラ「NX」シリーズを出展します。

パナソニックの女流一眼こと「DMC-G1」のように、光学ファインダーではなく電子ファインダー(EVF)を搭載し、撮像センサーには一般的なデジタル一眼と同じAPS-Cサイズのものを採用。詳しいスペックはまだ明らかではありませんが、光学ファインダーでは必須のミラーが不要のため、従来のデジタル一眼よりコンパクトな製品になりそうで、公表されている写真から判断する限り、第1弾は固定式の背面液晶を搭載し、動画にも対応したエントリークラスの製品のようです。

発売予定は2009年後半(7月以降)、価格は現時点では不明。日本ではカメラ分野で提携関係にあるペンタックスが、同じ規格の製品を発売する可能性がありますが、既存のデジタル一眼との兼ね合いもありますし、現時点ではまだなんとも言えません(すでに海外で情報が流れている「PENTAX X70」は、レンズ交換不可の一体型製品で、これとは別)。

サムスン NX

Samsung unveils new NX series camera system(英文)
http://www.dpreview.com/news/0903/09030201samsungnxsystem.asp
サムスン、レンズ交換式ミラーレスAPS-C機「NX」シリーズ
http://dc.watch.impress.co.jp/cda/other/2009/03/04/10338.html
サムスンは新規格の薄型デジタル一眼を展示。今年後半、いよいよ日本上陸か?
http://trendy.nikkeibp.co.jp/article/special/20090305/1024343/

追記:下のペンタックスのインタビュー記事によると、ペンタックスは本システムの開発にはまったくノータッチで、製品化に関しても現時点では具体的な話はないとの事。

「K20D」とは違ったコンセプトの新型一眼レフを今夏に投入
http://dc.watch.impress.co.jp/cda/other/2009/03/09/10386.html

2009年02月28日

アンパンマンのデジタルフォトフレーム

写真を鑑賞する手段として、いまやすっかり市民権を得たデジタルフォトフレームですが、今度はセガトイズからアンパンマンのデジタルフォトフレーム・「それいけ!アンパンマン デジタルフォトフレーム」が登場です。

本体サイズが収納時93(W)×75(H)×45(D)mmの小型タイプで、アンパンマンの顔を上にスライドさせると、1.5インチの液晶が出てきます。カードスロットは搭載せず、USBでパソコンから内蔵メモリーに最大43枚の画像を転送し、スライドショー表示させる事が可能。時計表示機能も搭載し、電源は単3×2本(約25時間の連続使用が可能)。税込4,935円で4月25日発売開始予定。

それいけ!アンパンマン デジタルフォトフレーム

ニュースリリース(pdf文書)
http://www.segatoys.co.jp/company_information/press_release/pdf/20090420.pdf
製品情報ページ
http://www.segatoys.co.jp/anpan/product/05/61.html
アンパンマンの顔には“思い出”がつまっていた!? セガトイズ、1.5型液晶のデジタルフォトフレーム
http://www.rbbtoday.com/news/20090420/59434.html

Amazonで価格をチェック

2009年02月27日

ライカのレンズが使える「R-D1xG」

セイコーエプソンが発売する「R-D1xG」は、名門ライカのレンズが使えるレンジファインダータイプのデジタルカメラ。

2004年に発売になった初代「R-D1」、2006年の改良版「R-D1s」に続くシリーズ3台目となります。搭載する610万画素の撮像素子はいわゆるAPS-Cサイズのため、焦点距離は1.53倍になりますが、ライカのMマウントレンズが装着可能。スペックは「R-D1s」からあまり大きな変更はなく、液晶が2インチから固定式の2.5インチに大型化、32GBまでのSDHCカードに対応、その他シャッターの感触を改善し、取り外し式の金属製ハンドグリップを同梱しています。発売開始は4月9日で、店頭予想価格はボディのみで20万円台後半。

R-D1xG

ニュースリリース
http://www.epson.jp/osirase/2009/090227.htm
製品情報ページ
http://www.epson.jp/products/colorio/photoviewer_digitalcamera/rd1xg/
エプソン、ライカMマウント互換の「R-D1」に新モデル
http://dc.watch.impress.co.jp/cda/rf/2009/02/27/10302.html

「R-D1xG」で楽天を検索

防水・防塵で世界最小の「FinePix Z33WP」

富士フイルムが発売するコンパクトデジカメ・「FinePix Z33WP」は、機能的には特に目新しいものは搭載されていませんが、デザインが個性的です。

メタリック調の原色カラーの丸みを帯びたボディデザイン、そして社名と製品ロゴがカメラを縦にした時に読める向きに書かれているというのは、他にあったかどうか思い出せません(カメラ自体は普通に横向きで使うタイプ)。この製品の一番の売りは本体サイズが92(W)×20.6(D)×59.6(H)mm、3mの防水・防塵設計で世界最小・最軽量である所。1,000万画素CCDセンサーに35~105mmの光学3倍ズームを搭載し、3月14日に店頭予想価格28,000円前後で発売予定。

FinePix Z33WP

ニュースリリース
http://www.fujifilm.co.jp/corporate/news/articleffnr_0263.html
製品情報ページ
http://fujifilm.jp/personal/digitalcamera/finepixz33wp/index.html
富士フイルム、防水・防塵で世界最小の「FinePix Z33WP」
http://dc.watch.impress.co.jp/cda/compact/2009/02/26/10298.html

楽天で最安値をチェック

2009年02月26日

デジカメ用GPSユニット「GPS-CS3K」

すでに海外では発表になっていましたが、ソニーのデジカメ用GPSユニット「GPS-CS3K」が国内でも発表になりました。

2008年3月に発売になった「GPS-CS1KSP」の後継で、このGPSユニット単体で15秒毎の現在位置を記録し、デジカメで撮影した画像の入ったメモリースティック デュオ/SDメモリーカードをスロットに差し込めば、時刻でマッチングを行い、個々のJPEG画像に撮影した位置情報を書き込んでくれるというもの(この場合、なぜか1回の操作で最大で60枚までという制限あり)。

また、USBでパソコンと接続して、専用ソフトでマッチングを行う事もでき、この場合ソニーのデジタル一眼αシリーズと一部のサイバーショットで撮影したRAW画像へ情報を書き込む事も可能。他にGoogle Earth/Mapsや付属の地図ソフトを使って、地図上の撮影した場所にその画像を表示させるといった使い方もでき、発売開始は3月13日予定、税込18,900円。

GPS-CS3K

ニュースリリース(動画あり)
http://www.sony.jp/CorporateCruise/Press/200902/09-0226/
製品情報ページ
http://www.sony.jp/gps/products/GPS-CS3K/index.html
ソニー、PCレスで位置情報を写真に付加できるGPSユニット
http://dc.watch.impress.co.jp/cda/accessories/2009/02/26/10292.html
気になる! itemズ:デジカメ撮影&散歩を楽しくする手のひらサイズのGPSユニット!
http://bb.watch.impress.co.jp/cda/items/25398.html

Amazonで価格をチェック
「GPS-CS3K」で楽天市場を検索

2009年02月24日

オリンパス、エントリークラスのデジタル一眼「E-620」

カメライベントPMAを1週間後に控え、ようやく登場した春のデジタル一眼の1機種目は、オリンパスのエントリー機・「E-620」。

1,230万画素のLiveMOSセンサーを搭載し、手ぶれ補整機能にフリーアングル液晶&ライブビュー機能を搭載。また、AFは中級機の「E-30」と同等のものを搭載しており、連写速度は「E-520」の3.5コマ/秒から4コマ/秒にパワーアップしていますが、重量はE-520と同じ475gと軽量に抑えており、小型軽量を重視する人には魅力的な1台です。

価格は「E-520」より1万円高の店頭予想価格9万円となっており、ネーミングからしても当面は「E-520」と併売になるようです。ただ、この先「E-620」の下位機としてマイクロフォーサーズ機を投入し、その2機種でゆくゆくはE-520/E-420を置き換える方向のような気がしますが、その辺りの具体的な話は今度のPMAで発表されるかもしれません。発売開始は3月下旬の予定。

オリンパス E-620オリンパス E-620

ニュースリリース
http://www.olympus.co.jp/jp/news/2009a/nr090224e620j.cfm
製品情報ページ
http://olympus-imaging.jp/product/dslr/e620/index.html
オリンパス、1,230万画素でフリーアングル液晶搭載の「E-620」
http://dc.watch.impress.co.jp/cda/dslr/2009/02/24/10268.html

楽天で最安値をチェック

追記1:PMAの展示で、マイクロフォーサーズ機は今年の夏発売と表示があったとの事。ただし、展示されていたのは一眼タイプではなく、以前と同じコンパクトタイプのモックのみ。

オリンパスのマイクロフォーサーズ機は今夏に登場
http://dc.watch.impress.co.jp/cda/other/2009/03/04/10353.html

追記2:下のインタビュー記事によると、E-6x0/5x0/4x0はそれぞれ別シリーズとして後継機を開発していき、E-420後継もフォーサーズ機として発売する予定との事で、一眼タイプのマイクロフォーサーズ機を出す予定は今の所ないようです。

オリンパス「E-620」はEシステムの集大成
http://dc.watch.impress.co.jp/cda/other/2009/03/05/10355.html

2009年02月22日

PMAを前にして妙に静かな春のデジタル一眼戦線

3月3日よりラスベガスで開催されるカメラ展示会・PMAまで2週間を切りました。例年ならばPMAを前にして、この春に発売になるデジタル一眼レフの新機種が、すでに何機種かは正式発表になっているか、あるいは写真付きでリーク情報が出てきてもいいくらいのタイミングなのに、今年は今の所そのような動きは皆無の状況です。

ニコンのD40の後継機、キヤノンのEOS Kiss X2の後継機など、真偽定かならぬ予測情報あるいは噂話レベルであれば、いくつか無いわけではないですが、一方でソニーに関しては、PMAでの新機種発表は無しという海外の記事が出ていたりします。まさかPMAのような大きなイベントで、どこからも新機種が登場しないという事はありえないとは思いますが、今年は世界的な不況の影響もあり、例年になく寂しいPMAになってしまうかもしれません。

Nikon D5000 Forecast
(D40の後継機「D5000」の予想:英文)
http://www.kenrockwell.com/nikon/d5000.htm
PMA 2009 Predictions
(EOS Kiss X2の後継等キヤノンのPMA出展品の予想:英文)
http://www.canonrumors.com/2009/02/pma-2009-predictions-cr3/
No DSLR Announcements Coming from Sony at PMA
(ソニーの広報から直接聞いたという、PMAで新機種は無しという記事:英文)
http://www.pdnpulse.com/2009/02/no-dslr-announcements-coming-from-sony-at-pma.html

※いずれも確定情報ではありませんので、ご承知おき願います。

2009年02月21日

4コマ/秒の高速連写可能なコンパクトデジカメ「CX1」

連写に強いコンパクトデジカメといえば、カシオの「EX-FC100」が目立っていますが、リコーが今回発表した「CX1」もなかなかの優れものです。

929万画素のCMOSセンサーに、28~200mmの7.1倍ズームを搭載したモデルで、最大画素数で4コマ/秒、画素数を落とせば最速120コマ/秒と、デジタル一眼のエントリークラスの製品をしのぐ高速連写が可能になっています。

また、デジタルカメラはフィルムカメラと比べてダイナミックレンジ(明暗を再現できる範囲)が狭いのが弱点ですが、高速連写を活かし、露出を変えて2枚連写して合成し、明るい所から暗い所までなめらかに再現する「ダイナミックレンジダブルショットモード」という新機能を搭載しており、デジカメの画素数競争もさすがにそろそろ頭打ちになって、このような付加価値で勝負する製品が増えてくるのかもしれません。店頭予想価格4万円台で、3月中旬発売開始予定。

CX1

ニュースリリース
http://www.ricoh.co.jp/release/by_field/digital_camera/2009/0219.html
製品情報ページ
http://www.ricoh.co.jp/dc/cx/cx1/
リコー、4コマ/秒連写のCMOS搭載モデル「CX1」
http://dc.watch.impress.co.jp/cda/compact/2009/02/19/10239.html

楽天で最安値をチェック

2009年02月09日

高速連写可能なコンパクトデジカメ「EXILIM EX-FC100」

カシオより、同社の「EX-FH20」など、高速連写機能を搭載した「HIGH SPEED EXILIM」シリーズの最新モデルとして、「EX-FC100」が登場します。

新モデルは900万画素センサー搭載の薄型コンパクト機で、静止画撮影ではA4プリントにも十分対応できる600万画素サイズの画像を、3枚/秒から最速30枚/秒の一眼レフ以上の速さで連写する事ができ(ただし30枚/秒の時の連続撮影は1秒間まで)、動画撮影では画像サイズを224×64ドットまで落とせば最大1,000fpsものハイスピードムービー撮影が可能になっています。

搭載レンズは35mm換算で37~185mmの光学5倍ズーム、その他手ぶれ補整機能、シャッターチャンスを逃さない「パスト連写」・「タイムラグ補整」機能などを搭載し、今月20日よりの発売で店頭予想価格5万円前後。また、光学3倍ズームで最薄部14.3mmの「EX-FS10」も4月より発売になります。

HIGH SPEED EXILIM EX-FC100

ニュースリリース
http://www.casio.co.jp/release/2009/ex-fc100_fs10.html
製品情報ページ
http://dc.casio.jp/product/exilim/ex_fc100/
カシオ、高速連写モデルに薄型5倍ズーム機
http://dc.watch.impress.co.jp/cda/compact/2009/02/09/10174.html

楽天で最安値をチェック

2009年02月06日

背景をぼかせるデジカメ「CAMEDIA SP-590UZ」

オリンパスより、先日発表されたニコンの「COOLPIX P90」と同様な一眼ライクなデジタルカメラ・「CAMEDIA SP-590UZ」が発表になりました。昨年発売された「SP-565UZ」の後継で、海外ではすでにアナウンスされていた製品。

画素数は1,200万画素、「COOLPIX P90」と同じく広角26mmスタートの光学ズームを搭載し、望遠は676mmまででズーム倍率26倍は世界最大。背面液晶は角度変更のできない固定タイプ。
特徴的な機能として、背景をぼかして撮影する「背景ぼかし」機能を搭載しています。コンパクト機は一眼と比べて背景があまりぼけないのですが、背景にデジタル処理をかけてぼかす事で、ポートレート写真などで、人物を浮き立たせた表現を可能にするもの。その他「μ-9000」と同じくビューティーモードも搭載し、発売は4月で店頭予想価格6万円前後。

CAMEDIA SP-590UZ

ニュースリリース
http://www.olympus.co.jp/jp/news/2009a/nr090205sp590uzj.cfm
製品情報ページ
http://olympus-imaging.jp/product/compact/sp590uz/
オリンパス、世界最大26倍ズームの「SP-590UZ」
http://dc.watch.impress.co.jp/cda/compact/2009/02/05/10134.html

2009年02月03日

24倍ズーム採用の一眼風デジカメ「COOLPIX P90」

ニコンから広角26mmからの高倍率ズームレンズにチルト式液晶モニター、EVF(電子ビューファインダー)を搭載した一眼レフライクなデジタルカメラ・「COOLPIX P90」が発表になりました。

1,210万画素のCCDセンサーを採用し、レンズは広角26mmから624mm(35mm判換算)までの光学24倍、液晶モニターは上下にチルト可能な3インチのものを搭載しています。その他光学式の手ブレ補正に顔認識機能、300万画素で最高約15コマ/秒の連続撮影ができる「スポーツ連写モード」などを備え、コンパクトデジカメでは物足りないけど、デジタル一眼では仰々しいと感じる人向けの1台。発売開始は3月13日で、店頭予想価格52,000円前後。

COOLPIX P90

ニュースリリース
http://www.nikon.co.jp/main/jpn/whatsnew/2009/0203_coolpixp90_01.htm
製品情報ページ
http://www.nikon-image.com/jpn/products/camera/compact/coolpix/performance/p90/features.htm
ニコン、24倍ズームとチルト式液晶の「COOLPIX P90」
http://dc.watch.impress.co.jp/cda/compact/2009/02/03/10125.html
ニコン、高倍率機などCOOLPIX春モデル7機種を発表
http://dc.watch.impress.co.jp/cda/compact/2009/02/03/10127.html

楽天で最安値をチェック

2009年01月30日

ライカM3の金色ミニチュアデジカメ

駒村商会から、ミノックスのミニチュアデジタルカメラ「DCC Leica M3 (5.0)GOLD」が発売になります。

その名前の通り、名機「ライカM3」をミニチュア化したデジタルカメラで、製品スペックは2007年に発売になったこちらと同等、カラーがゴールドになったバージョンです。デジカメとしてはスペックも写りもせいぜいケータイのカメラ機能程度ですが、人目をひくのは確実ですし、部屋のインテリアとしてもよさげ。発売開始は2月26日で、税込49,800円。金色仕上げの蝶番とダーク調の特製木製ボックスが付属します。

DCC Leica M3 (5.0)GOLD

ニュースリリース
http://www.komamura.co.jp/press/Minox08DCC_G.html
製品情報ページ(2007年発売のシルバーモデル)
http://www.komamura.co.jp/minox/DCCM3_5.html
ミノックス、「DCC Leica M3」にゴールドバージョン
http://dc.watch.impress.co.jp/cda/compact/2009/01/30/10113.html

楽天市場を「DCC Leica M3(5.0)GOLD」で検索

広告スペース