メイン

PDA/携帯 カテゴリー(新しい記事順)

2019年10月12日

ヒーター搭載コート「HEATIER」

三陽商会から、ヒーター機能搭載コート・「HEATIER(ヒ-ティア)」が発売になりました。

コートの背中部分にヒーターを組み込み、スマ-トフォンの専用アプリで4段階の温度調整が可能。また、中布には吸湿発熱素材を使用しています。最高温度の場合約2時間の連続使用ができ、税込97,900円~で発売中。

HEATIER(ヒ-ティア)

ニュースリリース
https://www.sanyo-shokai.co.jp/.../11.html

2019年10月09日

子供向けスマホ連携シューズ「UNLIMITIV」

バンダイから、スマートフォンと連携できる子供向けのスポーツシューズ・「UNLIMITIV(アンリミティブ)」の新モデルが発売になります。

シューズは高機能なS-LINEとカジュアルデザインなC-LINEの2系統になり、靴だけ買い替えできるようソール内に装着するセンサーユニットが別販売になります。アプリは運動量の計測・トレーニング測定の機能に加え、10秒間素早く足踏みしてパワーを溜めた後、猛獣から走って逃げる「ニゲキル」モードを搭載し、ゲーム感覚で運動できます。来月1日の発売で、センサーとのセットで税込4,928円~。

UNLIMITIV

ニュースリリース(pdf文書)
https://bandai-a.akamaihd.net/.../100000865658712.pdf
バンダイ、スマホ連携する小学生向けスマートシューズ「UNLIMITIV」
https://www.watch.impress.co.jp/.../1211785.html

2019年10月06日

ケーブルもコスプレする「ケーブルコスチューム」

ケーブルもコスプレしたい、「ケーブルコスチューム」。

スマートフォンなどのケーブル端子につけて断線を予防するためのアイテムで、ややレトロ感のある端子の形状にコスプレさせる事ができます。ラインナップは絶滅危惧種のD-Sub端子にアナログ3極、USBに通常のコンセントが4色。1回300円のガチャ商品で、今月22日より。

ケーブルコスチューム

製品情報ページ
https://qualia-45.jp/distinations/cable_costume/
アナログ3極端子コスにしよ! Qualia、ケーブルをコスプレするガチャ商品「ケーブルコスチューム」を10月22日発売
https://game.watch.impress.co.jp/.../1210816.html

2019年10月05日

老舗の手作り茶筒なスピーカー「響筒」

パナソニックから、茶筒を手作りする京都の老舗・開化堂と共同開発した異色のスピーカー・「響筒(きょうづつ)」が登場。

京都の開化堂と聞いてもほとんどの人はわからないでしょうが、上にふたを乗せるとその重みだけでゆっくりふたが閉まっていくビックリな茶筒をテレビで観た記憶のある人は、結構いるのではないかと思います。ふたを開けると"茶葉の香りがフワッと広がるように"音が立ち上がり、閉じる時にはふたが閉まっていくのにあわせて、音がゆっくりフェードアウトしていく、単純な音楽鑑賞以上のものを目指した製品で、音質にもこだわった作りになっているとの事。Bluetooth採用のワイヤレススピーカーで、税込330,000円、100台限定で11月8日より開化堂で販売になります。

響筒(きょうづつ)

ニュースリリース
https://news.panasonic.com/.../jn191004-1.html
パナソニック、茶筒の老舗と共同開発したワイヤレススピーカー「響筒」
https://www.phileweb.com/.../04/48617.html
伝統工芸で音がこぼれ出る(テレビ大阪/動画)
https://www.tv-osaka.co.jp/yasashii/news/?p=9037

2019年10月03日

マイクロソフト「Surface」新モデルまとめて登場

米マイクロソフトが同社「Surface」シリーズの新機種発表会を行いました。その中から3機種のみピックアップしてご紹介。

まず9インチディスプレイを2つ搭載した折りたたみ式の「Surface Neo」。広げて1画面として利用する事も、それぞれに別のアプリを表示させる事も可能。この2画面PC用に新しいWindows 10Xが搭載されています。
Surface Pro X」は13インチ(2,880×1,920ドット)のタブレットPCで、Surface史上最薄の7.3mm。インテル系ではなくARMベースの独自SoC(≒CPU)を採用しており、稼働時間の面ではプラスですが、インテル系CPU向けに作られた従来のアプリで64 ビットのものは動かないといった互換性の問題を抱え、この互換性に関する不安を消費者がどう評価するか。
3つめは諦めたかと思われていたスマートフォンの再登場という事で、「Surface Duo」は、5.6インチディスプレイを2つ搭載したこれも折りたたみ式。そしてOSはなんとAndroidです。さすがにスマホサイズでWindows系OSの再投入は避け、Android+MSのサービス/ソフトで再び勝負を挑もうという算段の様子。
といった具合になかなか尖った製品も登場しており、早いものは今月に日本でも発売開始ですが、折りたたみタイプの製品は来年末の予定です。

Surface

Surface reveals new holiday lineup and introduces a new category of dual-screen devices built for mobile productivity(英文)
https://blogs.windows.com/...mobile-productivity/
Surfaceが一新。2画面Androidの「Duo」や「Surface Pro X」など
https://www.watch.impress.co.jp/.../1210736.html

2019年09月28日

スヌーピーの「CITIZEN エコ・ドライブ」

スヌーピーがかわいいスマートウォッチ・「CITIZEN エコ・ドライブ Bluetooth 限定SNOOPYモデル」が登場。

公式オンラインショップである「おかいもの SNOOPY」10周年記念品で、見た目はかわいいアナログ時計でありながら、太陽発電でBluetooth搭載の多機能ウオッチ。スマートフォンと連携して着信通知を受け取ったり、予定を知らせたりできます。税込57,200円、10月11日よりメルマガ会員向けに先行予約販売を開始。

CITIZEN エコ・ドライブ Bluetooth 限定SNOOPYモデル

ニュースリリース
https://prtimes.jp/.../000001009.000002734.html
製品情報ページ
https://okaimono-snoopy.jp/ext/10th_citizen.html

2019年09月26日

Amazonのスマートイヤホン「Echo Buds」

米Amazonから、メガネやライトなどスマート系の新製品がまとめて発表されていますが、そのうちの一つ、ワイヤレスイヤホンの「Echo Buds」。

Alexaを搭載し声でさまざまな操作ができるスマートイヤホン。耳の中に入れるデバイスなので、体の内部までAmazonに侵食されるような錯覚を覚えるかもしれません。機能的には同社のスマートスピーカーと同等の事ができ、ノイズキャンセリング機能はBoseのものを採用しているそうなので、品質面でも期待できそう。1回の充電で最大5時間、付属ケースの充電分込みで20時間の利用が可能、アメリカでは129.99ドル(約1.4万円)で10月末に発売。

Echo Buds

製品情報ページ(米Amazon)
https://www.amazon.com/.../B07F6VM1S3
Amazon、無線イヤフォン「Echo Buds」や新型「Echo Dot」など15の新ハードウェア発表
https://www.itmedia.co.jp/.../26/news058.html

2019年09月21日

部屋の照明をスマート化する「Link-S2」

部屋の照明をスマート化する照明スイッチ・「Link-S2」。

照明器具自体はLEDランプなり既存のものを使ったままで、壁のスイッチを交換する事でスマートフォンなどとの連携を可能にする製品です。手動でのオンオフができるのはもちろん、スマートフォンのアプリ上やスマートスピーカーから状態の確認やオンオフ操作・スケジュール設定が可能になります。また、人感センサーを内蔵してセンサーが人が通ったのを感知すると自動でオンしたり、オプションでセンサーに反応があった時にスマホに通知できる見守り機能もあり、税込15,999円で発売中。

Link-S2

ニュースリリース
https://www.iwasaki.co.jp/.../Link-S2_ss.html
自宅の既存照明をスマートスピーカーやスマホ対応にする、IoT壁スイッチ
https://kaden.watch.impress.co.jp/.../1206937.html

2019年09月20日

スマホでお勉強「アンキスナップ」

ぺんてるから、スマートフォンを使った暗記ツール・「アンキスナップ・ボールペンタイプ」が発売になりました。

オレンジ色のボールペンで、上から同色の透明シートをかぶせてキーワードを読めなくする勉強法のスマホ版。従来のマーカータイプは教科書などのキーワードにマーカーを塗るやり方でしたが、これは穴埋め式の問題集に答えをこのペンで書き込んだり、まとめノートを自作する場合に向いています。スマホで撮影してアプリ上で見るとキーワードが黒く反転し、クリックすると正解を確認でき、また、ページ毎の正解率を表示したり、不正解の問題だけをマスクするといった使い方もできます。17日より発売中で税込(8%)540円。

アンキスナップ・ボールペンタイプ

ニュースリリース
https://www.pentel.co.jp/news/10853/
ぺんてる、スマホで暗記シートが作れるオレンジペン
https://www.watch.impress.co.jp/.../1208193.html

2019年09月19日

新クラウドゲームサービス「GeForce NOW」

PC用のビデオカードなどでお馴染みのNVIDIA社が、ソフトバンクと提携してクラウドゲーミングサービス・「GeForce NOW Powered by SoftBank」のβ版を日本でスタートさせます。

サーバー側でゲームを動かし、ストリーミングで配信するタイプのゲームサービスで、今の所対応プラットフォームはWindows・Mac・Android。ソフトバンクユーザーでなくても利用できます。現在海外でベータ展開中のサービスでの対応ソフトリストを見ると、大半が海外製ですが有名なタイトルが数多く含まれており、期待が持てそうな新サービスではあります。さしあたり今冬に1万名のテスター対象にスタートし、正式展開の時期や料金などは未定。

GeForce NOW Powered by SoftBank

公式サイト
https://cloudgaming.mb.softbank.jp/
ソフトバンクとNVIDIAが協業 クラウドゲーミングサービス「GeForce NOW」日本版をβ提供へ
https://www.itmedia.co.jp/.../news111.html

2019年09月11日

Proな「iPhone」

アップルの発表会で「iPhone」新モデルの発表がありました。

特筆するような情報はないのですが、上位モデルの名称には噂の通り"Pro"が付きました。何がどうプロなのかはよくわかりませんが、Mac Proとデザイン上の共通点はありますので、一応Proを名乗る資格はあるのかもしれません。この三つ目カメラ、元々iPhoneの背面カメラは出っ張りが美しくない、アップルらしくないと言われていましたが、それが二つ目となり、今回3つまで行き着いた訳ですが、「2つで美しくないものは3つだと余計に美しくなくなる」とかなんとかいう新しい格言が生まれる瞬間を目の当たりにしているのかもしれません。発売は今月20日より。

iPhone 11 Pro

製品情報ページ
https://www.apple.com/jp/iphone/
「iPhone 11/11 Pro/11 Pro Max」など5製品が一気に登場、アップル新発表まとめ
https://k-tai.watch.impress.co.jp/.../1206563.html

2019年09月08日

3D感のあるスマートウォッチ「Axial Smartwatch」

ディーゼル(フォッシルジャパン)から、新しいスマートウォッチ・「Diesel On Axial Smartwatch」が発表になりました。

さまざまなエフェクトを備えた立体感のある画面デザインが特徴的なスマートウォッチで、スマートフォンと連携し、Googleアシスタント・GPS・心拍センサーなどの一般的な機能に加え、スピーカーを内蔵して通話にも対応。税込(10%)56,100円で10月中旬以降の発売予定。

Diesel On Axial Smartwatch

ニュースリリース
https://prtimes.jp/.../000000088.000008529.html

2019年09月03日

瓶を照らすBluetoothスピーカー「Cork Light」

瓶やペットボトルに取り付けて使うBluetoothスピーカー・「Cork Light(コルクライト)」。

瓶やペットボトルに取り付け、その振動を利用して音を出すスピーカーで、内蔵のLEDが容器を淡く照らし、インテリアにもなります。バッテリー内蔵でスピーカーのみで最大12時間の使用が可能。色は黒白の2色、11月中旬発売で予約販売特別価格が税込6,100円。

Cork Light

製品情報ページ
https://plusstyle.jp/shopping/item?id=401
瓶やペットボトルを照らし、振動させ、スピーカーにする「Cork Light」
https://av.watch.impress.co.jp/.../1204968.html

2019年09月01日

定額でドリンクをゲットできる「every pass」

JR東日本の駅構内の自販機で、ドリンクを定額で入手できるサービス・「every pass」が始まります。

サービス加入者はスマートフォンでQRコードをかざす事で、1日1本のドリンクを取り出す事ができるようになります。1か月目980円のプランでは入手できる商品限定で、2か月目以降は月額2,480円のサービスに自動移行し、全種類のドリンクが入手可能に。1か月目から月額2,480円のプランもあります。ほぼ毎日に近いペースでドリンクをゲットするなら間違いなく安いですし、そんなには飲まないなら一部を人にあげる手もありでしょう。そこまでドリンクに執着する人がどれくらいいるんだろうという気もしますが、さしあたり500名限定で10月よりのスタートです。

every pass

ニュースリリース
https://prtimes.jp/.../000000001.000048344.html
日本初の“サブスク自販機”、JR東日本の駅ナカに登場 飲料の定額制サービス
https://nlab.itmedia.co.jp/.../29/news128.html

2019年08月26日

スマホ無しで会話できる「NYSNO-100」

ソニーから、スマートフォンを介さずに会話ができる「NYSNO-100」が登場。

デバイス同士をBluetoothで接続(最大3台まで)し、耳に装着。最大500m離れた所まで会話ができるという、現代風トランシーバーみたいなもの(トランシーバーと違い同時に話す事も可)。左右両対応・防水防塵・電話の着信にも対応し、スマホ圏外のエリアなどさまざまなシチュエーションで使えるのが強み。ソニーのクラウドファンディングサイトで支援募集中、1台が早期特別プランで税込14,000円、来年6月以降の発送予定。

NYSNO-100

製品情報ページ
https://first-flight.sony.com/pj/nysno
スマホ不要、耳に装着するだけで会話可能なウェアラブル端末 ソニーが発表
https://www.itmedia.co.jp/.../26/news093.html

広告スペース