メイン

デジカメ カテゴリー(新しい記事順)

2011年04月06日

松竹梅をモチーフにした「ロモ」のトイカメラ

トイカメラでおなじみロモジャパンから、松竹梅をモチーフにした日本モデルのフィルムカメラが登場。

Diana F+ KIRAMEKI」・「Fisheye2 SHIAWASE」・「Diana Mini JIYU」の3機種で、それぞれ松竹梅をイメージした日本風のデザインで、KIRAMEKIは70mm中判、他2機種は35mmフィルムを使用し、SHIAWASEは画角170度の魚眼レンズを搭載しています。価格はそれぞれ税込10,290円・8,900円・11,150円。なお、売上の内2万ユーロ(約239万円)を、ヨーロッパの赤十字社を通して東日本大震災の義援金として寄付するとの事。

ロモジャパン

製品情報ページ
http://www.lomography.jp/.../lomography-loves-japan
ロモ、「松竹梅」がモチーフのフィルムカメラ3製品。売上は義援金に
http://dc.watch.impress.co.jp/docs/news/20110405_437483.html

2011年04月05日

ニコンよりバリアングルのエントリー一眼「D5100」

ニコンから、エントリークラスのデジタル一眼新機種・「D5100」が発表になりました。

2009年発売した「D5000」の後継モデルで、昨年登場した中級機・「D7000」と同等の1,620万画素CMOSセンサーを搭載し、向きを自由に調整可能で、精細度をアップさせた3インチバリアングル液晶モニターを採用。その他、特定の色のみを残してモノクロ化したり、スケッチ風の写真に変換したりするスペシャルエフェクトモード、画面の明るい所から暗い所まできちんと再現するHDR撮影などの新機能を搭載。また、動画撮影はフルHDに対応し、4月21日発売予定でボディのみの店頭予想価格80,000円。

D5100

ニュースリリース
http://www.nikon.co.jp/news/2011/0405_d5100_01.htm
製品情報ページ
http://www.nikon-image.com/.../digital/d5100/
ニコン、3型バリアングル液晶を採用した「D5100」
http://dc.watch.impress.co.jp/docs/news/20110405_437422.html

2011年03月29日

レンズ遊びができるトイデジカメ「CHOBi CAM Classic」

日本トラストテクノロジーが発売する、コンパクトなトイデジカメ・「CHOBi CAM Classic」。

横幅わずか4.4cmと消しゴムくらいの大きさのトイデジタルカメラで、静止画・動画両方の撮影に対応。記録媒体はmicroSDカードで、ボイスレコーディング機能で会話内容などを記録する事もできます。また、以前取り上げた「GIZMON HALF D」のように、マグネットでコンバージョンレンズを取り付ける事もでき、標準で広角レンズが付属し、別売で望遠と魚眼レンズが用意されています。価格は税込11,800円、カラーはシルバー&ブラックとホワイト&ブラウンの2色で、本日より発売開始。

CHOBi CAM Classic

製品情報ページ
http://www.jtt.ne.jp/shop/product/chobi_cam_classic/index.html
JTT、クラシックデザインの動画対応トイカメラ
http://av.watch.impress.co.jp/docs/news/20110329_435758.html

2011年03月28日

小さくても800万画素の「小っせいなぁ~CAM DX」

サンコーから登場した小型トイデジカメ・「小っせいなぁ~CAM DX」。

横幅10cmほどの手のひらサイズの小型デジカメで、小さいながらも800万画素の静止画と、1280x960のHD動画撮影ができるのがポイント。撮影データはmicroSDカードに保存し、ボイスレコーダー機能も内蔵して税込7,980円。22日より発売中ですが、現在品切れで4月の入荷待ち状態です。

小っせいなぁ~CAM DX

製品情報ページ
http://www.thanko.jp/product/usb/mame-cam2.html
サンコー、指先でつまんで撮影する小型デジタルカメラ
http://dc.watch.impress.co.jp/docs/news/20110324_434719.html

サンコーレアモノショップ(楽天)へ

2011年03月11日

マルチレコーディングが可能な「OLYMPUS SZ-30MR」

SZ-30MR」は、"マルチレコーディング"を売りにした、オリンパスの最新コンパクトデジカメ。

画像処理エンジンを2基搭載する事で、撮影した画像データを並列処理する事ができ、フルハイビジョンムービーを撮影しながら最大画素数の静止画を記録したり、ワイドで全体を撮影しながら、人物だけをアップにした写真を別に保存したり、フィルターで特殊効果を施した写真と、オリジナルのままの写真を同時に記録したりできます。1,600万画素の裏面照射型CMOSセンサーを採用し、レンズは25~600mmの光学24倍。店頭予想価格45,000円で4月下旬発売予定。

SZ-30MR

ニュースリリース
http://www.olympus.co.jp/jp/news/2011a/nr110310sz30mrj.cfm
製品情報ページ
http://olympus-imaging.jp/product/compact/sz30mr/index.html
オリンパス、“マルチレコーディング”対応の24倍ズーム機「SZ-30MR」を国内発表
http://dc.watch.impress.co.jp/docs/news/20110310_432306.html

2011年03月09日

アンパンマンの「はじめてのおしゃべりデジカメ」

アガツマから、アンパンマンのデジカメ・「アンパンマン はじめてのおしゃべりデジカメ」が登場。

一見おもちゃのようですが、30万画素のセンサーを搭載したれっきとした子供向けのデジカメ。写真の白い枠は液晶モニターではなく、四角く穴の空いた「覗き窓」で、上の部分にもっと小さなカラー液晶モニターが付いています。セルフタイマーやUSBでのパソコン接続など機能は一通り付いており、ボタンを押してアンパンマンにしゃべらせる事もできます。内蔵メモリーに99枚までの撮影が可能で、3月末発売予定、税込7,329円。

アンパンマン はじめてのおしゃべりデジカメ

製品情報ページ(動画あり)
http://www.agatsuma.co.jp/goods/detail.php?id=472

Amazonで価格をチェック

2011年03月01日

ペンタックス「K-r」のリラックマコラボモデル

ペンタックスのエントリーデジタル一眼「K-r」に、リラックマとコラボした「リラックマ×PENTAX K-rコラボレーションモデル」が発売になります。

「K-r」をベースに熊っぽいオリジナルカラーリングが施され、軍艦部には顔のイラストが描かれ、起動/終了時には、モニターにキャラクター達のイラストが表示されます。イラスト入りのオリジナルカメラ袋が付属し、標準ズームレンズ付きで店頭予想価格94,500円、1,000台の限定品。

リラックマ×PENTAX K-rコラボレーションモデル

ニュースリリース
http://www.camera-pentax.jp/k-r/news/20110301.html
ペンタックス、“リラックマ”デザインの「K-r」
http://dc.watch.impress.co.jp/docs/news/20110301_430173.html
「リラックマ」がパチスロ機 ファンも作者もショック!
http://www.j-cast.com/2011/02/22088713.html

2011年02月09日

ソニーよりデジタル一眼α中級機の続報

本日より横浜で開催になっているカメライベント・「CP+」で、ソニーよりデジタル一眼αシリーズ中級機のスケルトンモデルが展示されています。

αの中級機というと、2007年秋に「α700」が発売になり、それ以降新機種が登場せず現行機無しの状態がしばらく続いており、その後1年前の2010年2月にようやく新機種を開発中である旨アナウンスがあり、それ以来ひさしぶりの新公式情報となります。詳しいスペックはまだ明らかになっていませんが、公式サイトによると「α55」と同様にトランスルーセントミラーテクノロジー(内蔵するミラーをAF用センサーに光を導く用途に使う方式)を採用し、光学ファインダーではなく電子ファインダー(EVF)を搭載した製品で、発売は2011年内(今年の秋頃か?)とまだ先の長い話です。

α中級機

公式サイト
http://www.sony.jp/dslr/info2/20110209.html
ソニーのデジタルイメージング商品の出展概要
http://www.sony.co.jp/SonyInfo/News/Press/201102/11-020/
ソニー、“Aマウント中級機”のスケルトンモデルを展示
http://dc.watch.impress.co.jp/docs/news/20110209_425844.html

2011年02月08日

レトロデザインの高級コンデジ「FinePix X100」

昨年の秋に富士フイルムから発表になった、APS-Cサイズのセンサーを搭載したレトロデザインの高級コンパクトデジカメ・「FinePix X100」の発売日が3月5日に決まりました。

デジタル一眼レフで広く採用されるAPS-CサイズのCMOSセンサー(1,230万画素)に、35mm判換算で35mmの広角単焦点レンズを搭載し、前面のセルフタイマー風レバーでファインダーを光学式/電子式の2通りに切り替え利用可能なユニークな高級コンパクトデジカメ。店頭予想価格128,000円と決して安くはありませんが、この手のデザインがど真ん中な人は、値段に文句を言ってもいられないでしょう。レンズフードやレザーケースといった専用アクセサリー類のデザインも、同様にぐっと来るものがあります。

FinePix X100

ニュースリリース
http://www.fujifilm.co.jp/corporate/news/articleffnr_0479.html
製品情報ページ
http://fujifilm.jp/personal/digitalcamera/x/finepix_x100/
富士フイルム、APS-Cセンサー搭載の「FinePix X100」を国内発表
http://dc.watch.impress.co.jp/docs/news/20110208_425658.html

2011年02月07日

キヤノンよりエントリー一眼「EOS Kiss X5」&「X50」

9日より横浜で開催される「CP+2011」を直前に控え、キヤノンはエントリークラスのデジタル一眼・「EOS Kiss X5」と「EOS Kiss X50」の2機種を発表。

2機種の内で兄貴分にあたる「EOS Kiss X5」は、1,800万画素CMOSセンサーを搭載し、3インチの背面液晶(104万画素)は、歴代Kissで初めて角度調整可能なバリアングルモニターを採用。他に目立った新機能といえば、後はカメラおまかせで被写体に合わせて色合いまで調整してくれる「シーンインテリジェントオート」を搭載した程度のマイナーチェンジモデル。
弟分の「EOS Kiss X50」は、1,220万画素センサーを搭載し、モニターは固定式。その他スペックを抑えた代わりに「X5」より75g軽量な廉価モデル。発売日は「X5」が3月3日、「X50」が3月下旬で、ボディのみの店頭予想価格はそれぞれ9万円・5万円。「X50」のみボディカラーに赤が用意されています。

EOS Kiss X5・X50

ニュースリリース
http://cweb.canon.jp/newsrelease/2011-02/pr-eoskissx5.html
製品情報ページ(X5)
http://cweb.canon.jp/camera/eosd/kissx5/
製品情報ページ(X50)
http://cweb.canon.jp/camera/eosd/kissx50/
キヤノン、バリアングル液晶モニター採用の「EOS Kiss X5」
http://dc.watch.impress.co.jp/docs/news/20110207_425245.html
キヤノン、“赤ボディ”のエントリーモデル「EOS Kiss X50」
http://dc.watch.impress.co.jp/docs/news/20110207_425247.html

2011年02月06日

ハーフサイズカメラ風トイデジカメ「GIZMON HALF D」

アドプラスから、クラシカルなデザインのトイデジタルカメラ・「GIZMON HALF D」が発売になります。

"HALF"の名前は、フィルムカメラの時代に存在した、通常の半分の面積のフィルムを使って撮影を行うハーフサイズカメラを再現した製品コンセプトを表わし、見た目だけでなく、(実用性はともかく)実際にセンサーの半分だけを使った撮影も可能になっています。それに加えてマグネットで装着して使うコンバージョンレンズが複数用意されており、トイデジカメですので画質に期待はしないほうがいいですが、かなりマニア心をくすぐる一品です。価格は9,975円で9日の発売予定。

GIZMON HALF D

製品情報ページ
http://www.gizmon-image.com/g-product/halfd/
アドプラス、コンバージョンレンズ対応のトイデジカメ「GIZMON HALF D」
http://dc.watch.impress.co.jp/docs/news/20110204_424992.html

「GIZMON HALF D」で楽天市場を検索

2011年02月05日

60コマ/秒の高速連写が可能な「GC-PX1」

週末3日にビクターから発表になった「GC-PX1」は、外見上はデジカメ風・製品ジャンルとしてはビデオカメラとデジカメが合体した、"HDハイブリッドカメラ"を謳っています。

動画撮影では最大1920×1080(60p/36Mbps)のフルハイビジョン動画撮影が可能で、それに加えて静止画での高速連写に対応しているのが売りで、業界最速/最大枚数だという60コマ/秒・144枚までの高速連写(3,200 × 1,800・5.7M)に対応しています。144枚撮影できるという事は、最高速度で2.4秒の間は連続撮影できる計算になりますから、スポーツ撮影などで決定的な一瞬を捉えたいといった用途で力を発揮しそうです。店頭予想価格10万円で2月下旬発売予定。

GC-PX1

ニュースリリース
http://www.jvc-victor.co.jp/press/2011/gc-px1.html
製品情報ページ
http://www.victor.co.jp/dvmain/gc-px1/index.html
ビクター、“瞬間を切り撮る”新機軸カメラ「GC-PX1」
http://av.watch.impress.co.jp/docs/news/20110203_424416.html

2011年02月03日

LOVEをテーマにしたロモのフィルムカメラ

もうじきバレンタインですが、トイカメラでおなじみのロモから、"LOVE"をテーマにしたフィルムカメラ3機種が登場します。

Diana Mini "Love is in the Air"」は、空にも昇るような舞い上がった初恋の気持ちを雲で表現したモデル。「Diana F+ "Take My Heart"」は、聖書のアダムとイブが描かれ、レンズキャップにはかわいい禁断のリンゴがあしらわれています。「Fisheye No 2 "I love you I love Lomo" Edition」は、 I Love youのメッセージがボディに描かれた画角170度の魚眼レンズ搭載モデルで、レンズキャップはハートマーク付き。いずれも35mmフィルムを使用するフィルムカメラで、価格は順に11,550円、10,290円、8,295円(税込)で、今月初旬の発売予定。

ロモ

ロモグラフィー ホームページ
http://japan.shop.lomography.com/
ロモグラフィー、"LOVE"をテーマにしたフィルムカメラ3種を発売
http://journal.mycom.co.jp/news/2011/02/02/129/

2011年02月02日

リコーよりライカMレンズを装着できる「GXR」用ユニット

レンズだけでなく、レンズとセンサーが一体化したカメラユニット毎まとめて交換して使う異色のリコー社製デジカメ・「GXR」に、ライカMレンズを装着可能な新しい拡張ユニットが登場する事が明らかになりました。

新しいユニットはAPS-Cサイズ・1,290万画素のCMOSセンサーを搭載し、既存のライカMマウントのレンズを装着する事ができ、ライカファンにとっては手持ちの大切なレンズ達を、デジタル撮影で活用できる新しいシステムを手に入れられる事になります。発売時期は2011年秋とまだかなり先ですが、今月9日よりパシフィコ横浜で開催されるカメライベント・「CP+2011」でデザインモックが参考展示される予定。

GXR
(写真はGXR本体と既存のカメラユニット)

ニュースリリース
http://www.ricoh.co.jp/release/2011/0201_1.html
リコー、ライカMマウント採用の「GXR用レンズマウントユニット」を開発発表
http://dc.watch.impress.co.jp/docs/news/20110201_424110.html

2011年01月25日

高度/方位/気圧計内蔵のコンデジ「LUMIX FT3」

パナソニックから発表されたコンパクトデジカメ新モデルの1つ「LUMIX DMC-FT3」は、ヘビーデューティー仕様の防水・防塵・耐衝撃モデル。

12mまでの深さでの水中撮影に対応し、それだけでは今時珍しくありませんが、GPS機能や高度/方位/気圧センサーを内蔵し、液晶モニターにそれらの情報を表示したり、画像に記録したりする事ができます(水の中では水深も表示可能)。センサーは1,210万画素CCD、28~128mmの光学4.6倍ズームを搭載し色は全3色、2月25日発売で店頭予想価格は47,000円。

LUMIX DMC-FT3

ニュースリリース
http://panasonic.co.jp/corp/news/official.data/data.dir/jn110125-4/jn110125-4.html
製品情報ページ
http://panasonic.jp/dc/ft3/
パナソニック、GPS機能内蔵のタフネスモデル「LUMIX DMC-FT3」
http://dc.watch.impress.co.jp/docs/news/20110125_422507.html

広告スペース