メイン

デジカメ カテゴリー(新しい記事順)

2007年03月09日

(続報)ソニーデジタル一眼新機種を発表

PMAで発表になったSonyのデジタル一眼レフ新機種の情報をまとめてみました。

機種共通

  • センサーサイズ・画素数などの詳細は未発表
  • ボディー手ぶれ補正機能を搭載
  • 新開発の画像処理エンジン「BIONZ」を搭載
  • 2機種のうち1機種は2007年発売予定
  • 写真で判断すると、グリップセンサー(アイスタートシステム用)・背面のAF/MFコントロールボタン復活
  • ボディ前面の発光部の位置・大きさからすると、AF補助光も復活?

ハイエンドモデル

  • 名称未定・α1か?
  • ペンタプリズムの大きさ、新交換レンズに35mmタイプのものが複数含まれる事から、フルサイズまたはそれに近いセンサーの採用が濃厚
  • 写真で判断すると、上部に撮影情報表示用液晶あり・フラッシュ非搭載

ハイアマチュア向けモデル

  • 名称未定・α10か?
  • 普通に考えると年内登場するのはこちらか?
  • 写真で判断すると、こちらは上部液晶無し・フラッシュ搭載
  • 上部左の露出モードダイヤルの「MR」はMemory Recall、設定内容登録機能。露出/測光モードなど設定の組み合わせを複数登録・ワンタッチ呼び出し可能

交換レンズ

  • 新交換レンズ8本を発表。年内に下記3本を含む5本を発売
     24~70mmF2.8
     70-300mmF4.5-5.6
     DT18-150mmF3.5-6.3 :APS-Cサイズ機専用
    写真を見ると、これ以外に白鏡胴の大型レンズが2本あります。

今回上位機をまとめて2台発表というのはまったく予想していませんでしたが、そうすると気になるのが、シェアを稼ぐべきエントリモデルを今後どうするかです。各社の現行機の中では発売時期が一番古い部類に入るα100だけで引っ張るのも厳しいので、今回発表の2台とは別に、フォトキナの際のインタビューにあった「別のエントリモデル」も年内に出てくる可能性があるのではないでしょうか?

ソニー、「α」最上位機とハイアマチュア向けモデルを参考出品
http://dc.watch.impress.co.jp/cda/other/2007/03/09/5776.html
ソニー、デジタル一眼レフ「α」の新機種2製品を衝撃発表!
http://arena.nikkeibp.co.jp/news/20070309/121160/
ソニー、ハイエンド一眼レフカメラ2機種を計画
http://japan.cnet.com/news/tech/story/0,2000056025,20344893,00.htm
αの「第2の波」 - ハイアマ向け、フラッグシップの2つのαが登場へ
http://journal.mycom.co.jp/articles/2007/03/09/pma1/
おそるべし、ソニーの底力
http://clubcapa.cocolog-nifty.com/pma/2007/03/post_2fe7.html

ソニーデジタル一眼新機種を発表

本日のPMAでソニーのデジタル一眼レフ新モデル2機種が展示されているもよう。記者会見が数時間後に行われるようです。
いくつかのサイトで写真と共に情報が掲載されていますが、α100より上位機が2機種、片方がハイアマチュア向けモデル(α7クラス?)、もう1つがハイエンドモデルで、詳報は追ってお伝えします。

デジタル一眼レフ「αシリーズ」のハイエンドモデルとミドルモデル2機種、レンズ8種を開発発表。詳細スペックは未公開
http://www.digitalcamera.jp/
フラグシップとハイアマチュア向けの2台のデジタル一眼レフボディを発表・展示(動画ニュース)
http://capacamera.net/pma/index.php?page=1&id=17
ソニーの2機種中1機種、レンズ5本は2007年中に発売(動画ニュース)
http://capacamera.net/pma/index.php?page=1&id=18

以下はすべて英文のページ

http://www.dpreview.com/articles/pma2007/Sony/

http://gizmodo.com/gadgets/digital-cameras/breaking-pma-07-live-blog-sony-announces-expansions-to-alpha-dslr-line-242638.php

http://gizmodo.com/photogallery/alphaflag/1556907
http://gizmodo.com/photogallery/alpha_high_amateurs/1556995

2007年03月08日

明日よりPMA。ソニーのデジタル一眼新機種は?

日本時間で明日9日より、カメラ関連製品の展示会PMAがアメリカで開催されます。今日は報道関係向けのプレイベントが行われていますので、速報の記事がいくつか出始めています。

やはり今回気になるのは、主要メーカーがほとんど手の内を明らかにした中で、1社沈黙を守っているソニーα100に続く2機種目を発表するかどうかですが、今日の記事には何も書かれていない(ソニー自体プレイベントに参加していない?)ので、新機種が出るとすれば、明日からの本番でブースに展示するか、あるいは開催2日目・日本時間のあさって10日に行われる予定の基調講演の中で発表を行うかどちらかです。

なお、この後にもう一つPIE(PHOTO IMAGING EXPO)というイベントが今月22日から東京で開かれますが、PMA見送りでPIEで発表というのはタイミング的にまず考えられませんので、10日までに出てこなければ、またしばらく新機種発表の可能性は低くなります。

α100発売以来、次の新製品の情報のないまま既に半年が経過していますので、新機種を待ち望むαユーザのストレスはほとんどピークに達しているはずです。ソニーの「良識」に期待したいと思います。

【PMA07】米国最大の写真関連イベント「PMA07」が明日開幕
http://dc.watch.impress.co.jp/cda/other/2007/03/08/5761.html
PMA 07 - 北米最大のカメラショーPMA 07が間もなく開幕
http://journal.mycom.co.jp/articles/2007/03/07/pma1/
【PMA2007速報】ブース設営中の開幕前日にプレス向けイベントで新製品を多数発見!
http://arena.nikkeibp.co.jp/news/20070308/121144/

2007年03月06日

ニコン、普及型デジタル一眼「D40x」発表

先日書いたPMAに向けてどんなデジタル一眼の新機種が出るかというネタの中で、ニコンは新機種が出たところなので、期待薄と書いたのですが、予想に反して矢継ぎ早に新製品を投入してきました。その名も「D40x」です。

位置づけとしては、昨年12月に発売になって好調の低価格機「D40の兄貴分にあたるモデルで、強化ポイントとしては、画素数を600万画素から1,020万画素に、連写速度を2.5枚/秒から3枚/秒に向上させ、重量は20g増えているものの、495gと軽量なボディを維持しています。

この新機種の一番の注目は、ずばり「ネーミング」でしょう。D40とD80の間の機種なんだから、(40+80)÷2で60でいいじゃんと営業畑の人ならば考える所ですが、スペック的にD80よりD40に近い部分が多く、この機種にD60という名前を冠するのはプライドが許さないという、ニコンの技術者魂のようなものが伝わってくるではありませんか。

店頭予想価格は8万円前後、今月29日発売開始予定。

Nikon D40x

製品情報ページ
http://www.nikon-image.com/jpn/products/camera/slr/digital/d40x/index.htm
ニコン、1,020万画素になったエントリーデジタル一眼「D40x」
http://dc.watch.impress.co.jp/cda/dslr/2007/03/06/5736.html

Amazonで価格をチェック
楽天ショップの最安値をチェック

2007年03月05日

オリンパス、デジタル一眼「E-510」・「E-410」を発表

オリンパスからデジタル一眼レフの新機種「E-510」・「E-410」の2機種が発表になりました。最上位にあたる「E-1」後継機は2007年中に発売で、今回は具体的なスペック等の発表は無しです。

今回発表になったE-510・E-410は両方とも1,000万画素機で、コンパクトデジカメのように撮影前に背面モニターで画像を確認できるライブビュー機能を搭載しており、シリーズご自慢のダストリダクション機能も当然のように装備しています。
また、E-510では最大4段分の手ぶれ補正機能を搭載し、E-410は手ぶれ補正はありませんが、デジタル一眼としては世界最小・最軽量(本体のみで375g)で、E-510は7月上旬、E-410は4月下旬発売開始予定。

OLYMPUS E-510 OLYMPUS E-410
E-510 E-410

と、アピールポイントを列挙すると非常に魅力的な製品なのですが、E-410は軽量・コンパクトを武器にコンパクトカメラからステップアップしてくる層に売り込むニコンで言えば低価格で人気のD40に対抗するようなモデルなのかと思ったら、店頭予想価格は9万円前後とエントリモデルの中では高い部類の価格設定ですし、一方のE-510は12万円前後と価格帯的にはニコンのD80ペンタックスのK10Dといった中級機と対抗するモデルですが、その割に個々のスペックを見ると、ライバル機に劣る部分が見受けられます。

具体的に不満な部分をあげれば、両機種共に測距点が3点のみ、最新モデルにしてはISO感度が1600止まり(もっともISO3200設定可能な機種はまだあまり多くありません)、また、E-510は価格帯としては完全に中級機なのに、絞り・シャッター速度等の設定ダイヤルが1つのみ(中級機以上は一般的に前後2つ)といった点があります。
一方でライブビュー機能の搭載、世界最軽量(E-410)といった他機種にはない優位点もありますので、今回の新機種に関しては、人によって評価が分かれそうだな、というのが製品スペックを見た上での感想です。

製品情報ページ
http://olympus-esystem.jp/
「オリンパスE-システム」 レンズ交換式デジタル一眼レフカメラボディのラインアップ展開および 交換レンズ群の開発について(リリース)
http://www.olympus.co.jp/jp/news/2007a/nr070305edevj.cfm
オリンパス、デジタル一眼レフなど新製品発表会
~次期「E-1」の最終モックアップも展示
http://dc.watch.impress.co.jp/cda/dslr/2007/03/05/5731.html
オリンパス、デジタル一眼レフ「E-410」と「E-510」を発表
http://dc.watch.impress.co.jp/cda/dslr/2007/03/05/5713.html
オリンパス、ボディ内手ブレ補正とライブビュー搭載デジタル一眼「E-510」
http://dc.watch.impress.co.jp/cda/dslr/2007/03/05/5718.html
オリンパス、世界最小・最軽量のデジタル一眼「E-410」
http://dc.watch.impress.co.jp/cda/dslr/2007/03/05/5716.html

Amazonで価格をチェック(E-410)
楽天ショップの最安値をチェック(E-410)

OLYMPUS E-410ファンブック OLYMPUS E-410ファンブック(税込1,680円)
Amazonで購入

貼ってはがせるインクジェット用紙

昨日の貼ってはがせるつながりでもう一品、貼ってはがせる写真印刷向けインクジェット用紙「ピクプレ(PicPlay)」です。

こちらはPost Itの本家本元の3M製で、L版とA4版の2種類があり、裏面が通常の2倍くっつく粘着タイプになっており、通常のPost Itでははがれやすかった素材にも貼り付けることができ、ペンでメモを書き込む事も可能です。

値段はそれなりにするので、通常のPost Itみたいに気軽にじゃんじゃん使う訳にはいきませんが、色々な使い道が考えられそうです。

ピクプレ(PicPlay)

製品情報ページ
http://www.mmm.co.jp/office/post_it/post_list23.html
貼ってはがせるPost-itがフォトペーパーに
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0703/02/news101.html

2007年02月28日

ミニミニデジタルフォトフレーム

このサイコロのような真四角のデザインのアイテムは、「Digital Photo Cube」という製品名のデジタルフォトフレームです。

パソコンとUSBで接続して、最大30枚までの画像を保存でき、写真をディスプレイに映し出すことができます。同種の製品は国内でもいくつか売られていますが、案外値段が高く、いま一つ魅力を感じなかったのですが、これは50ドル程と比較的安価です。

難点はディスプレイのサイズが1インチ(約2.5cm)しかない事ですが、デザインがかわいいので、店で見かけたら衝動買いしてしまいそうな気がします。ただし、国内未発売。

Digital Photo Cube

製品情報ページ(英文)
http://e-necessities.net/computer_desk/digital_photo_cube.html#

2007年02月27日

もうじきPMA

来月8日からアメリカで開催されるカメラ関連の展示会、PMAが間近に迫ってきましたが、オリンパスのホームページに、デジタル一眼の新機種の登場を予感させるティーザー広告が出ています。
ボディ上部の構造が辛うじてわかる3機種が並んだ写真が掲載されていますが、去年の8月頃から情報が出ているE-1後継機や、海外のみで発売となっているE-400の国内版など、登場してもおかしくないモデルが複数ありますし、オリンパスファンの方は来月5日の正式発表が待ち遠しい所でしょう。

今回の他メーカーの状況はどうかというと、キヤノンは先日EOS-1D Mark IIIを発表した所で、30Dクラスの後継機がそろそろ出てきてもいいはずですが、追加でもう1機種発表というのは望み薄でしょう。
ペンタックスは以前最上位機の計画を公表していますが、すでに公式ページに今回の出展内容を掲載していますので、ここもこれ以上は期待薄。
ニコンは中級機のD80と最廉価モデルのD40が出てからあまり時間が経っていないので、あまり期待はできませんが、D200クラス、あるいはD80とD40の中間のモデルなどが可能性としてはあるかもしれません。
最後にソニー以前書いたように、何か出てくるとは思うのですが、出るとしても事前の発表は行わないのでは。

開催までの残り10日あまりで何が飛び出してくるかわかりません。現在デジタル一眼購入検討中の人は、情報が出揃うまではじっと我慢することをお勧めしておきます。

2007年02月23日

デジタル一眼がライブビュー付きに変身

昨日ライブビュー機能付きのキヤノンのデジタル一眼レフ「EOS-1D Mark III」が発表になりましたが、三脚等のカメラ向けアクセサリを販売しているベルボンから、デジタル一眼レフカメラをライブビュー付きに変身させる「Zigview S2」という製品が発売になります。

一眼レフのアイピースに装着して、CCDでファインダーに映っている映像を2.5インチの外部液晶モニターに映し出すという仕組みで、各機種用のアイピースアダプターが付属しているので、主要なデジタル一眼レフほぼすべてに対応します(フィルム一眼でもアダプターが合えば付くのでは)。

液晶モニターは角度変更可能で、ビデオ出力も備え、さらに一定時間毎にシャッターを切るインターバル撮影機能を備えており、63,000円(税込)と値段は結構しますが、ネイチャーフォト等ファインダーを覗きながらの撮影がしにくい分野専門の人などには、非常に魅力的なアイテムではないかと思います。

Zigview S2 (クリックで拡大)

ベルボン、デジタルビューファインダー「Zigview S2」をオンライン販売
http://dc.watch.impress.co.jp/cda/accessories/2007/02/23/5650.html
ベルボンホームページ(現時点で未掲載)
http://www.velbon.com/jp/

2007年02月22日

キヤノン最上位機「EOS-1D Mark III」を発表

キヤノンからデジタル一眼レフEOSシリーズの最上位機にあたる「EOS-1D Mark III」が発表になりました。APS-Hサイズの1,010万画素CCDにセンサーダスト機能、DIGIC IIIを2個搭載(たぶん並列処理で画像の処理速度を上げるのでしょう)。

当然防塵・防滴のボディに、19点クロス+アシスト26点の新エリアAF、10コマ/秒の高速連写。メモリカードはCF/SD両対応になっています。
さらに特筆すべきはオリンパス/松下のフォーサーズ機を除いては初のライブビューを搭載し、背面モニターで確認しながらの撮影が可能です。

キヤノンの最上位機となれば、私にはとても手の届かない値段(50万円前後?)になるのは間違いないので、どうでもいいと言えばどうでもいいんですが、それでもこのアグレッシブさは他社機ユーザからすればうらやましい限りです(涙)。5月下旬発売開始。

EOS-1D Mark III

製品情報ページ
http://cweb.canon.jp/camera/eosd/1dmk3/index.html
【速報】キヤノン、プロ向けデジタル一眼レフ「EOS-1D Mark III」を発表
http://dc.watch.impress.co.jp/cda/dslr/2007/02/22/5637.html
速報 キヤノン、EOS-1D Mark III発表
http://journal.mycom.co.jp/articles/2007/02/22/eos1dm3/
キヤノン、APS-Hサイズの1,010万画素CMOS搭載「EOS-1D Mark III」
http://dc.watch.impress.co.jp/cda/dslr/2007/02/22/5639.html
キヤノン、プロ用デジタル一眼レフカメラ「EOS-1D Mark III」
http://japan.cnet.com/news/tech/story/0,2000056025,20343789,00.htm
キヤノン、プロ用一眼・コンパクトデジカメの新機種発表
http://it.nikkei.co.jp/pc/news/index.aspx?n=MMITda000022022007

2007年02月19日

ソニーのデジタル一眼新機種は?

来月の8日にアメリカでPMAというカメラの見本市が開催になります。これにあわせてデジタル一眼レフの新機種がいくつか出てくるのではないかと噂されていますが、個人的に一番気にしているのは、私自身が旧ミノルタユーザですので、やはりソニーの2機種目です。

1機種目のα100から半年待たされている訳ですから、さすがになんらかの発表はあると思いますが、実際の発売は結構先になるのではないかという気が最近しています。そう思う根拠は近々新機種が出るにしては、α100関連の動きが妙に活発な事です。

今月には18-200mmズームと組み合わせたα100の新セットモデルが発売になりましたし、Web上の広告も結構な量を出していますし、ペイドパブと思しき記事も妙に増えています。
極めつけはα100の春のキャンペーンまで先週から始まってしまいました。新機種が来月に出るならば2機種まとめてやるようなキャンペーンが、「従」のはずのα100だけで先行して始まってしまう辺り、「新機種はまだ当分先になるから当面はα100で引っ張る」という意図のように思えて仕方がないのです。

特に上位モデルの登場を心待ちにしている人はたくさんいらっしゃると思いますが、2機種は同時に出ないという前提で、一番がっかりのパターンを考えてみると、

PMA 3月8日(この前後なんらかの発表)
下位モデル 夏 (α100から約1年後)
上位モデル 冬
α100後継 来年春(α100から約1年半後)

こうなります。
かなり悲観的な想定ではありますが、αファンの方は来月ショックを受けないように、最悪の場合こうなる事もあるよと、心の片隅にとどめておくことをお勧めしておきます。

2007年02月14日

オリンパス「SP-550UZ」国内登場

以前紹介したオリンパスの一眼レフ風コンパクトデジカメ「CAMEDIA SP-550UZ」の国内での発売がアナウンスされました。

スペックは以前書いた通り、広角28mmから504mmまでの18倍ズームに、光学手振れ補正・ISO5000までの高感度対応という、思い切った内容のデジカメです。

504mmと言えば、一眼レフ所有者でもプロを除いて持っている人はあまりいないくらいの超望遠ですし、それが28mmの広角から1本のレンズで納まるとは恐ろしい時代になりました。また、画質が劣化するのを覚悟でデジタルズームと組み合わせると、最大2800mm相当となり、月が画面ほぼ一杯で撮影できるというのですから、こうなるともはや望遠鏡の領域です。

店頭予想価格は5万円台後半の見込みで、3月初旬発売予定。

CAMEDIA SP-550UZ

ニュースリリース
http://www.olympus.co.jp/jp/news/2007a/nr070214sp550uzj.cfm
製品情報ページ
http://olympus-imaging.jp/digitalcamera/sp550uz/index.html
オリンパス、28mmからの光学18倍ズーム搭載の「SP-550UZ」
http://dc.watch.impress.co.jp/cda/compact/2007/02/14/5564.html
18倍ズーム+28mm広角+手ぶれ補正の高倍率ズーム機「CAMEDIA SP-550UZ」(レビュー)
http://arena.nikkeibp.co.jp/rev/20070313/121221/

Amazonで価格をチェック
楽天ショップの最安値をチェック

2007年02月11日

個性派トイカメラ

昨日出かけた時に立ち寄った本屋に、トイカメラのコーナーができており、個性的なものがいくつか置いてありましたので、紹介させてもらいます。

一点目がこちらの「demekin」です。本体よりレンズのほうが目立つ特長的な外見ですが、名前からお察しの通り魚眼レンズを搭載しており、画角は140度もあります。上のところにある四角い枠がファインダーで、フレーミングはアバウトでしかできなさそう。
しかも、使用するフィルムは今時110フィルム(知らない人もいると思いますが、カートリッジ式のほぼ絶滅した規格)ですから、これまた泣かせます。

リンク先にサンプル写真が掲載されていますが、いかにもトイカメラ風のゆる~い写り。魚眼レンズの効果を活かせば面白い作品も作れそうです。
カメラ自体は3,000円くらいと激安ですが、フィルムと現像代は結構かさむと思いますので、覚悟のほどを。

demekin

demekinスペシャルサイト
http://www.superheadz.com/demekin/index.html

楽天のショップで価格をチェック

もう一点はトイカメラ界の大御所HOLGAの製品ですが、「にゃーにゃーHOLGA」というなぜか猫をモチーフにしたよくわからない製品です。
ウィンクした猫の開いたほうの目がレンズになっているデザインで、シャッターを切るとLEDが光って音が鳴るというギミックも付いていますので、お散歩猫の注目を集めたい猫撮り派の人は押さえておくべきアイテムではないかと。

にゃーにゃーHOLGA

製品情報ページ
http://www.superheadz.com/cat-holga/

楽天のショップで価格をチェック

これまでに紹介したカメラ関連アイテム
http://www.dgfreak.com/blog/localpages/items/items.html

2007年02月09日

ライカのミニチュアデジカメ「DCC Leica M3 (5.0)」

以前少し紹介したライカのM3をミニチュア化したデジカメ、ミノックスの「DCC Leica M3 (5.0)」のレビュー記事がデジカメWatchに掲載されていますが、いやー、なんというか色々な意味で味わい深いデジカメですね。
デジタルカメラなのにフィルムの巻上げレバーまで再現した外見もそうですが、何よりも背面の液晶画面の表示が。

大正ロマネスクとか、活動写真とか、エヴァンゲリオンのテレビコマーシャルとか、色々な言葉が思い浮かびましたが、何にたとえれば一番ふさわしいでしょう?「FW上り坂」というのが一体何の日本語訳なのかも、非常に興味深い所です。その「ぐにゃり映像」もこれまた強烈。これ以上はくどくど書くよりは、以下のリンクからご覧になってみてください。

Minox DCC Leica M3 (5.0)
~遊び心で愛でたいミニチュアデジカメ
http://dc.watch.impress.co.jp/cda/review/2007/02/09/5555.html
製品情報ページ
http://www.komamura.co.jp/minox/DCCM3_5.html
Minox DCC Leica M3 (5.0)
Amazonで価格をチェック
楽天のショップで価格をチェック

これまでに紹介したカメラ関連アイテム
http://www.dgfreak.com/blog/localpages/items/items.html

2007年01月31日

コンパクトデジカメ新機種(春モデル?)

春はまだ当分先ですが、コンパクトデジカメの新機種がぽつぽつと出始めており、パナソニックからは6モデルがまとめて発表になっています。

このうち3モデルは28mm広角を搭載しており、広角好きの人間にはうれしい限りなのですが、おもしろいと思ったのが、「LUMIX DMC-TZ3」という、28m~280mmの10倍ズーム機が搭載した「メモモード」機能です。
これは、撮影したデータをメモリカードでなく、本体内蔵のメモリに記録する事で、その画像をいつでも呼び出す事ができ、デジカメを"画像メモ帳"として使えるというもので、時刻表を写しておいたり、彼氏や彼女の写真を入れておいたり、色々な使い方が可能でしょう。

LUMIX DMC-TZ3
LUMIX DMC-TZ3

もちろんカメラ機能搭載のケータイでも同じような事はできる訳ですが、どちらがより美しい画像を撮影できるかと言えば、当然デジカメに軍配が上がる訳ですし、たとえばタッチパネル機能やネットワーク機能を搭載すれば、液晶画面上で単に見るだけではなく、画像データの色々な活用方法が生まれてくるはずで、この先そういった「写真機」の枠を超えた新製品が出てくることに期待したいところです。

パナソニックLUMIX製品ページ
http://panasonic.jp/dc/index.html
パナソニック、LUMIX春モデル6機種の発表会を開催
http://dc.watch.impress.co.jp/cda/compact/2007/01/31/5489.html

広告スペース