メイン

デジカメ カテゴリー(新しい記事順)

2007年01月26日

オリンパスからEVF搭載デジカメ「SP-550」

欧州オリンパスから、EVF(光学でなく電子液晶ファインダー)搭載のいわゆる「なんちゃって一眼」系のデジカメ新機種「SP-550 UltraZoom」が発表になりました。

710万画素CCDに35mm換算で28mm~504mmの実に18倍の光学ズーム、さらにISO5000までの高感度と手ぶれ補正も搭載した、なかなか意欲的な製品です。惜しむらくは液晶モニターが固定式で、角度調整ができないみたいですが、最近このタイプの新型が少なくなっているだけに、がんばってほしい所です。なお、日本での発売予定・価格は現時点ではアナウンスされておりません。
(※2/14に国内アナウンス)

SP-550 UltraZoom

Olympus、CCDシフト手ブレ補正搭載の光学18倍ズーム機「SP-550UZ」海外発表
http://dc.watch.impress.co.jp/cda/compact/2007/01/26/5439.html
製品情報(英文)
http://www.olympus-europa.com/consumer/29_SP-550_UltraZoom.htm

2007年01月25日

マイクロソフト製画像情報表示・編集ツール

マイクロソフト社から、Windows XP/Vista用の画像情報を表示・編集できる無償ツール「Photo Info」の配布が開始されています。ただし現時点では英語版のみです。

JPG/TIFFなどの画像ファイルに対応し、エクスプローラで画像ファイルの右クリックから起動し、タイトル・キーワードの入力や、デジカメで撮影した画像のExif情報をエクスプローラの詳細画面で表示したり、また、画像にカーソルを合わせると、撮影データなど従来よりも豊富な情報がポップアップ表示されるようになります。

現時点で公開されている英語版は、日本語が文字化けしてしまうようなので(注)、日本語版の早期提供が待たれる所です。

(注)ITmediaの記事では文字化けの記述はありませんでした。日本語版が待てないという人はトライしてみてください。

Photo Info

Microsoft、Windows上でメタデータを編集するアドイン「Photo Info」
http://dc.watch.impress.co.jp/cda/accessories/2007/01/24/5422.html
EXIFデータを閲覧・編集、“タグ付け”も―Microsoft謹製「Photo Info」を使ってみた
http://www.itmedia.co.jp/bizid/articles/0701/25/news027.html
「Photo Info」ダウンロードページ(英語版)
http://www.microsoft.com/windowsxp/using/digitalphotography/prophoto/photoinfo.mspx

2007年01月14日

超広角デジカメEasyShare V705触った感想

つい取り上げるのを忘れていましたが、先日23mm超広角レンズ搭載の個性派デジカメ「EasyShare V705」の実物を触ってきましたので、印象などを。

大阪梅田ヨドバシの奥のほうに黒・シルバー2台並べて展示してありました。実物を見る前は黒のほうがいいかなと思っていましたが、私の好み的にはシルバーのほうがデザインにマッチしているような気がしました。黒は艶消しブラック・シルバーは専門用語でなんと言うのか、光沢のないざらざらした仕上げです。
前から見た印象はなかなか高級感があっていいのですが、液晶のある背面は、ボタンがゴタゴタしてあまり好きではありません。

上部の電源スイッチを押すと、レンズカバーがシャキーン!と開いて、よし撮るぞっという気にさせてくれます。コンパクトな筐体の割に案外重みがあって、凹凸のない薄くて横長のデザインなので、どこをどういうふうに持って構えればいいのか、ちょっととまどいます。
シャッターボタンは小さめで、押した感触が固いので、手ぶれには十分注意したほうがいいでしょう。

背面の液晶はあまりいい印象を持ちませんでした。実際撮影した画像と見比べた訳ではないのですが、色が不自然な感じで、全体に鮮明さに欠ける気がしました。表示されるメニューもちょっと安っぽい感じで、ディスプレイまわりはもうちょっとがんばって欲しかった所。

細かい機能は試していませんが、ボタン一つで露出補正ができるのはポイントが高いです。

全体的な感想としては、もうちょっと改善してほしい部分はありますが、値段さえもう少しこなれてくれば、23mmの超広角パノラマ撮影という絶対的なアピールポイントがありますので、この2点に魅力を感じる人にはやはり「買い」ではあります。
ただ、今日も梅田に行ったついでに値段をチェックしてきましたが、49,800円+ポイント還元でまだ値段は下がってきていないようです。

EASYSHARE V705(画像を拡大)

楽天の最安値をチェック
 (前モデルのV570がまぎれこんでいるので注意)
Amazonで価格をチェック

V705のサンプル写真を探していたら、ずばり「広角23ミリの世界 kodak EasyShare V705」というタイトルのブログを見つけました。

http://v705kodak.blog86.fc2.com/

2006年12月24日

海の中でもデジカメを

ちょっと季節外れの話題ですが、シーアンドシーというメーカーからEOS Kiss Digital X用の水中ハウジング(水の中でカメラ撮影するための装置)・「DX-400D」が発売になります。
Kiss用なのだから、1~2万円くらいのお手軽なものだろうと思ったら、231,000円(税込)もするのでびっくりしました。それもそのはず、スペックを見ると60mまでの深度に耐えられるかなり本格的なもののようです。

かつて「ニコノス」という水中撮影専用のフィルムカメラがニコンから出ていましたが、残り撮影枚数をほとんど気にする事のないデジカメが水中撮影で使えるというのは、それを趣味にしている人には非常に魅力的な事なのでしょう。
DX-400D
ニュースリリース
http://www.seaandsea.co.jp/press/1166751819.html
シーアンドシー、「EOS Kiss Digital X」用水中ハウジング
http://dc.watch.impress.co.jp/cda/accessories/2006/12/22/5293.html

さすがにこの値段だと本格的にやっている人ではないとおいそれと手を出せませんので、コンパクトデジカメを使ったもっとお手軽な水中撮影用の機材の情報をいくつか。

水中ハウジングが使えるデジカメ(ヨドバシカメラ)
http://www.yodobashi.com/enjoy/more/cm/cat_89/23951428.html
水中写真応援サイト(オリンパス)
http://www.olympus-zuiko.com/marine/
デジタルカメラ水中写真ガイド
http://web.canon.jp/Imaging/uwphoto/index-j.html

2006年12月23日

ミニチュアデジカメ

駒村商会という会社が、ライカM3を精巧なミニチュアにしたデジカメを以前から販売(製造元は超小型カメラで有名なMINOX)していましたが、来年1月に新型が出ます。
液晶ディスプレイを搭載したり、スペックは向上していますが、しょせん300万画素そこそこのケータイ内蔵のカメラとたいして変わらないようなスペックのデジカメで、値段も結構しますので、性能云々よりは完全に外見のインパクト勝負のカメラです。

駒村商会、ライカM3ミニチュアデジカメの新バージョン
http://dc.watch.impress.co.jp/cda/compact/2006/12/22/5296.html

ただ、ミニチュアデジカメという事では、同じく駒村商会が販売している「Rolleiflex MiniDigi」のほうに魅力を感じます。
個人で使っている人はまずみかけませんが、修学旅行の記念撮影で地元のカメラ屋さんが使っていそうな、昔ながらのドイツのローライ社の二眼レフカメラをミニチュア化したものです。
外見だけでなく、ファインダーを上から覗いて撮影・正方形の画像フォーマット・デジカメなのに一枚撮影する毎にクランクレバーを巻き上げないと次の撮影ができないなど、作り手のこだわりが随所に感じられる一品で、こちらはライカバージョンとは違い、本家本元のローライ社製です。

こちらもカメラの基本スペックは全然たいしたものではないですが、デザインのインパクトではこれに匹敵するものはないと思いますし、見かけにこだわる人がトイカメラ感覚で持ち歩くデジカメとしては、最良の選択でしょう。
Rollei MiniDigi
(赤の限定バージョンもあり)

製品情報ページ
http://www.rollei.jp/pd/MiniD.html
味な写真が撮れるデジカメ、二眼レフ「ローライ」のミニチュアを試してみた
http://bcnranking.jp/feature/04-00012322.html

楽天のショップで価格をチェック
Amazonで価格をチェック

2006年12月21日

PENTAX、HOYAと合併

最初記事のタイトルを見た時は、技術提携か何かの話だろうと思って気にしなかったのですが、よくよく見ると、PENTAXHOYAの2社が合併するという話で、びっくりしました。
合併後の存続会社はHOYAのほうで、社名は「HOYAペンタックスHD」という長い名前になります。合併の時期は来年2007年の10月。

カメラ事業などは従来通り継続するので、PENTAXのカメラユーザの方も一安心でしょうが、一方で歴史あるカメラメーカーの「純潔」が失われるのは、やはり複雑な心境ではないかと、旧ミノルタのユーザとしては、心中お察しいたします。

HOYAとペンタックス、経営統合で基本合意(リリース)
http://release.nikkei.co.jp/detail.cfm?relID=149157&lindID=4

2006年12月20日

コダックEasyshare V705レビュー記事

やっと発売開始になったコダックEasyShare V705のレビュー記事が追加で2つ程出てきましたのでご紹介します。
デジタルARENAの記事では、4つの項目を○△×で評価しており、画質とコストパフォーマンスが△になっていますが、23mm広角という魅力的なスペックはあるものの、画質そのものは他社の最新機種と比べて優れている訳ではありませんので、妥当な評価でしょう。
価格面では45,000円を切るくらいのところが出てきていますが、3万円台までこなれてくれば、買い頃ではないかと思います。

超広角レンズ搭載の2眼デジカメがCCD&機能強化で一新!「EasyShare V705」
http://arena.nikkeibp.co.jp/rev/20061219/120260/
2つのレンズで無限大の撮影スタイル!写真を変えたデュアルレンズ・デジカメ
http://computers.news.livedoor.com/series_detail?id=56756

EASYSHARE V705(画像を拡大)

楽天の最安値をチェック
 (前モデルのV570がまぎれこんでいるので注意)
Amazonで価格をチェック

2006年12月07日

コダックEasyshare V705もうすぐ発売開始

かなりえこひいき気味に何度も紹介している、コダックの超広角23mmレンズ搭載のコンパクトデジカメ「Easyshare V705」ですが、来週12日いよいよ発売開始です。
今後国内でコダック製品を取り扱う加賀ハイテックがオンラインショップを開設しており、また予約を受け付けている店舗もいくつかありますが、現時点ではヨドバシなどのポイント還元のある大手量販店が一番安く入手できそうな感じです。

さらに機能をブラッシュアップしたデュアルレンズカメラEasy Share V705
http://review.ascii24.com/db/review/ce/digicam/2006/12/07/666344-000.html
ケータイサイズの超広角2眼デジカメ――コダック「V705」
http://plusd.itmedia.co.jp/lifestyle/articles/0611/13/news073.html
2つのレンズで無限大の撮影スタイル!写真を変えたデュアルレンズ・デジカメ
http://computers.news.livedoor.com/series_detail?id=56756
デジタル製品ベストバイ
http://www.nikkeibp.co.jp/style/life/topic/trend/061205_digital/index5.html

EASYSHARE V705(画像を拡大)

「オンラインストア SHOPPING KODAK」
http://www.kagaht.net/kodak/shop/index.cgi?act=goodslist&cat=2

楽天の最安値をチェック
 (前モデルのV570がまぎれこんでいるので注意)
Amazonで価格をチェック

2006年11月26日

PENTAX K10Dのレビュー記事が出始めました

今月30日に発売が延期になって、PENTAXファンをやきもきさせているデジタル一眼新機種・K10Dですが、レビュー・実写系の記事が出始めましたので、まとめて紹介します。

盛りだくさんの機能を使いこなせるか――ペンタックス「K10D」
http://plusd.itmedia.co.jp/lifestyle/articles/0611/20/news024.html
【画質レビュー】ペンタックス「K10D」(30日発売) で初冬の北海道を撮る
http://it.nikkei.co.jp/pc/news/index.aspx?n=MMITdp000017112006
ペンタックス K10D 製品版実写画像速報!
http://allabout.co.jp/computer/digitalcamera/closeup/CU20061122B/
【1st Shot】ペンタックス K10D実写画像
http://dc.watch.impress.co.jp/cda/review/2006/11/22/5111.html
【伊達淳一のデジタルでいこう!】ペンタックスK10D
~製品版ファーストインプレッションと気になる点
http://dc.watch.impress.co.jp/cda/review/2006/11/28/5136.html
兄貴分は一味違う!PENTAX「K10D」vs「K100D」徹底比較
http://computers.news.livedoor.com/series_detail?id=55467
【デジカメレビュー】きょう発売のペンタックス「K10D」、性能・写りをトコトン試す
http://it.nikkei.co.jp/pc/news/index.aspx?n=MMITdp000027112006
画質と操作性にこだわった1000万画素デジタル一眼「K10D」
http://arena.nikkeibp.co.jp/rev/20061204/120038/
気になるデジカメ 長期リアルタイムレポート(第1回)
http://dc.watch.impress.co.jp/cda/longterm/2006/12/08/5209.html
次に手にする一台--ペンタックスK10D
http://review.japan.cnet.com/digicam/pentax-k10d/editors/20337833.html
「K10D」のいったい何がそんなにいいのか
http://www.rbbtoday.com/column/ogikubokei/20061211/
ペンタックス K10D実写インプレッション
http://journal.mycom.co.jp/articles/2006/12/15/k10d/
最新デジカメクロスレビュー
http://arena.nikkeibp.co.jp/tokushu/gen/20060622/117304/index34.shtml

PENTAX K10D

Amazonで価格をチェック
楽天で最安値をチェック

PENTAX K10DオーナーズBOOK PENTAX K10DオーナーズBOOK(税込1,600円)
Amazonで内容をチェック

2006年11月21日

デジタル一眼用シリコンケース

これまでiPod用のシリコンケースというのはたくさん紹介してきましたが、カメラのアクセサリーメーカー・ハクバから発売になるこれは、珍しいデジタル一眼レフ用のシリコンケースです。
本体部分は液晶画面を除いてほぼ全面をシリコン素材で覆ってしまい(液晶部分は透明な素材でカバー)、これを装着すれば、どこかにぶつけたりしてせっかくの愛機に傷を付ける心配を大幅に減らす事ができるでしょう。
ただ、カメラマンの間では、カメラマンたるもの傷だらけになるくらい、カメラを道具として酷使すべきであるという、「傷はカメラの勲章」みたいな雰囲気が伝統的にありますので、あまりカメラに過保護になるのはどうか、という気もしないではないですが...。
対象機種はキャノンのEOS30DとニコンのD80、12月上旬発売予定。

カメラアーマー(クリックすると製品ページへ)

製品情報
http://www.hakubaphoto.co.jp/hakuba/product/03soft_bag/711509.html
ハクバ、デジタル一眼レフ専用設計のシリコンジャケット
http://dc.watch.impress.co.jp/cda/accessories/2006/11/20/5090.html

2006年11月16日

ニコンがエントリーデジタル一眼D40発表

ニコンがエントリークラスのデジタル一眼レフカメラの新製品・D40を発表しました。
最近ニコンのデジタル一眼といえば、8月にD80が出たくらいで、このD80はキャノンのEOS Kiss・ソニーのα100・PENTAXのK100Dなどの他社機と比べられたりもしますが、本来デジカメ入門者や、コンパクト機からステップアップしてくる層をターゲットにしたいわゆるエントリ機(普及機)ではなく、もう1クラス上の中級機の位置づけですから、エントリクラスに新しいモデルを投入してこないのを不思議に思っていたのですが、ようやく新機種のお目見えとなった訳です。

ただスペックをざっと眺めた所、上に挙げた他社のエントリ機に直接ぶつけるのでなく、基本スペックは低めにして、その代わりに低価格を武器に売っていこうという狙いの製品のようです。
とはいっても、ファインダー倍率を従来機より高めにして、ピントを確認しやすくしたり、ボディの軽量化を図ったり(475gと現行の各社主要機種の中では最軽量)、使いやすさを高める工夫は盛り込まれています。
12月1日発売予定、価格は6万円前後の見込。

Nikon D40

Amazonで価格をチェック
楽天で最安値をチェック

公式ページ(製品情報)
http://www.nikon-image.com/jpn/products/camera/slr/digital/d40/index.htm
D40 期間限定スペシャルコンテンツ
http://www.nikon-image.com/jpn/products/camera/slr/digital/d40/special/index.htm
ニコン、同社最軽量のデジタル一眼レフ「D40」
http://dc.watch.impress.co.jp/cda/dslr/2006/11/16/5062.html
ニコン、実売6万円のエントリー向けデジ一眼「D40」
http://plusd.itmedia.co.jp/lifestyle/articles/0611/16/news040.html
ニコン、実売5万円台のエントリーデジタル一眼レフ機『ニコン D40』を発表
http://ascii24.com/news/i/hard/article/2006/11/16/665894-000.html
【写真速報】ニコン、低価格デジタル一眼レフカメラ「D40」
http://arena.nikkeibp.co.jp/news/20061116/119749/
【実写速報】ニコン D40(β機)
http://dc.watch.impress.co.jp/cda/review/2006/11/21/5095.html
【1st Shot】ニコン D40実写画像
http://dc.watch.impress.co.jp/cda/review/2006/11/30/5143.html
【新製品レビュー】ニコン D40
~新インターフェイス採用の小型軽量エントリー機
http://dc.watch.impress.co.jp/cda/review/2006/12/05/5180.html
はじめての一眼レフに最適 !Nikon「D40」登場 - 兄弟対決「D40」vs「D50」
http://computers.news.livedoor.com/series_detail?id=56253
気になるデジカメ 長期リアルタイムレポート ニコンD40(第1回)
http://dc.watch.impress.co.jp/cda/longterm/2006/12/20/5272.html
ニコンでは最小・最軽量となる610万画素デジタル一眼レフ「D40」
http://arena.nikkeibp.co.jp/rev/20061222/120306/
実売6万円で買えるニコン党入門機――「D40」
http://plusd.itmedia.co.jp/lifestyle/articles/0612/14/news030.html
小型&低価格でライバルを追撃する風雲児を徹底チェック!D40長期使用リポート
http://arena.nikkeibp.co.jp/tokushu/gen/20070110/120475/
小さくて軽くてかわいいD40
http://www.rbbtoday.com/column/ogikubokei/20070105/

Nikon D40 マスターガイド Nikon D40 マスターガイド(税込1,680円)
Nikon D40の解説本・2007/2/1発刊
Amazonで内容をチェック

2006年11月15日

EasyShare V705サンプル画像出ました

コダックの23mm超広角レンズ搭載のコンパクトデジカメEasyShare V705のサンプル画像が出てきました。前モデルのV570同様、画質は正直言って大したものではないですが、やはり23mmの画角があると、広角側の作品の雰囲気は他の機種とは一線を画しています。
それとパノラマ撮影が楽しそうです。別に三脚でカメラを固定しなくても、液晶画面のガイドラインにしたがって撮影するだけで、最大180度までの角度のパノラマ写真を撮影可能です。
こちらのブログで前モデルでの撮影ですが、パノラマの作品をたくさん掲載しています。猫の写真がかわいくてお勧め。
画質最優先主義の人にはお勧めできる機種ではありませんが、コンパクト機で23mmの画角が使えるのはこのシリーズだけ、広角レンズ好きの人は迷わず買いです。

EASYSHARE V705(画像を拡大)

ケータイサイズの超広角2眼デジカメ――コダック「V705」
http://plusd.itmedia.co.jp/lifestyle/articles/0611/13/news073.html
コダックの2眼デジカメ「EasyShare V705」のシルバーモデルに触った!
http://arena.nikkeibp.co.jp/col/20061115/119742/
公式ページ
http://wwwjp.kodak.com/JP/ja/digital/digitalcamera/stylish/v705/index.shtml

2006年11月08日

レンズベビー

11月2日から4日まで、ニューヨークでPhotoPlus Expo 2006というカメラ関連のイベントが開催されており、特にこれといった新製品はなかったのですが、こちらのページで紹介されている「レンズベビー(Lensbaby)3G」には興味を惹かれました。

これは、レンズを蛇腹でつないだ一眼レフ用の特殊な交換レンズで、例えば高層ビルを見上げるように撮影した時に、上がすぼんで写るのを補正する「アオリ効果」を出せるレンズです。
よほどカメラに凝っている人でないと、アオリ撮影なんてしないとは思いますが、このちょっとレトロでユニークな外観のレンズを最新のデジタル一眼に付けたりすると、そのミスマッチ加減がいい感じでないかと思います。

クリックするとLensbabiesホームページ(米)へ
Lensbabies(米)
http://www.lensbabies.com/
レンズベビー(日本) ※レンズベビー3Gは未掲載
http://lensbaby.jp/

2006年11月05日

デジタル一眼用の怪しいアイテム

以前JENISという、ちょっとユニークなデジタル一眼レフ用アクセサリーを出している海外の会社を紹介しましたが、こちらも似た感じですが、何気に怪しい雰囲気が漂っています。
たとえばこのリンク先では、ソニーのα100用の縦位置グリップVG-1というのが紹介されていますが、レンズが旧ミノルタ時代のものであるのはいいとして、縦位置グリップに対応していないα100でどうやってシャッターを切るのだろうと思ったら、リモートレリーズ端子にケーブルで接続するという力づくぶり。さらに写真をよく見るとグリップの所にキズが付いているように見えますし、ハングル文字で何が書いてあるのかさっぱりわからないというのが怪しさに拍車をかけています。

DICAIN (韓国の会社のようです)
http://www.dicain.com/

2006年11月01日

超広角コンパクトデジカメ EasyShare V705ついに日本上陸

日本中の広角レンズファンが待ち望んでいた、23mmの超広角レンズ搭載コンパクトデジカメ「EasyShare V705」の国内発売がようやく決定しました。
12月初旬発売で、店頭予想価格は5万円前後です。海外では9月には発売になっていましたが、国内発売のアナウンスが全然なく、ひょっとして日本では発売されないのでは?と気を揉んでいる人も多かったと思いますが、これで一安心ですね。

EASYSHARE V705(画像を拡大)

プレスリリース
http://wwwjp.kodak.com/JP/ja/corp/news/1106/011106_b.shtml
製品情報
http://wwwjp.kodak.com/JP/ja/digital/digitalcamera/stylish/v705/index.shtml
コダック、二眼デジカメ「EasyShare V705」を国内販売
http://dc.watch.impress.co.jp/cda/compact/2006/11/01/4950.html
【実写速報】Kodak EasyShare V705
http://dc.watch.impress.co.jp/cda/review/2006/11/02/4823.html
超広角2眼レンズデジカメが710万画素&高感度に――コダック「V705」
http://plusd.itmedia.co.jp/lifestyle/articles/0611/01/news031.html
コダック、2眼デジカメの新製品「EasyShare V705」を国内で発表!
http://arena.nikkeibp.co.jp/news/20061031/119529/
コダック、「デュアルレンズ」の小型デジカメ、画素数と感度UPで後継機
http://bcnranking.jp/products/01-00011007.html
コダック、23ミリの広角撮影ができる“2眼デジカメ”の新製品を発売
http://it.nikkei.co.jp/pc/news/index.aspx?n=MMITda001001112006

広告スペース