メイン

デジカメ カテゴリー(新しい記事順)

2007年08月31日

米パナソニック新デジタル一眼「DMC-L10」発表

先日噂話をお伝えしたパナソニックのデジタル一眼レフが、アメリカで発表になりました。製品名は「LUMIX DMC-L10」で、ライカ銘の14-50mm/F3.8-5.6レンズ(35mm換算で28-100mm)が付いて1299.99ドル、日本での発売価格は15万円程度でしょうか?ボディ単体での価格がわかりませんが、エントリ機にしては高く、中級機であれば少し安いといった感じの微妙な価格設定。主要スペックを並べると、

・1010万画素Live MOS Sensor
・3コマ/秒の連写・1/4000秒のシャッター速度
・ライブビュー機能搭載
・角度を自由に調整できる2.5型液晶モニター
・手ぶれ補正をレンズ側に搭載
・3点測距のAF(ライブビュー時はコントラストAFで9点 ※)
 ※専用レンズでのみ可能(追記:コントラストAF時、
   1-point AF/Spot AFでは11点から選択可能)
・超音波によるゴミ取り機構
・顔認識機能
・感度はISO100~1600
・ボディ重量481g

自由に角度調整可能な液晶モニター+ライブビュー機能を搭載し、また顔認識機能を採用するなど、コンパクト機のいい所をうまく取り入れており、デジタル一眼の新しい流れを生み出す可能性を秘めたパナソニックらしい新モデルではないかと思います。アメリカ国内では10月発売開始予定。

DMC-L10

ニュースリリース(英文)
http://panasonic.co.jp/pavc/global/lumix/popup/pressrelease/dmc-l10.html
米パナソニック製品情報ページ(英文)
http://panasonic.co.jp/pavc/global/lumix/l10/index.html
米パナソニック、デジタル一眼レフカメラ「LUMIX DMC-L10」を発表
http://journal.mycom.co.jp/news/2007/08/31/005/
Panasonic、顔認識AF搭載のデジタル一眼レフ「LUMIX DMC-L10」
http://dc.watch.impress.co.jp/cda/dslr/2007/08/31/6948.html
dpreview.com:紹介記事(英文)
http://www.dpreview.com/news/0708/07083011panasonicL10.asp
dpreview.com:スペック表(英文)
http://www.dpreview.com/previews/panasonicdmcl10/

2007年08月27日

(今度こそ)ソニーのデジタル一眼新機種発表間近?

これまで何度ももう出ると言いながら、空振り続きだったソニーのデジタル一眼新機種ですが、キヤノン・ニコンから新機種が出揃った事ですし、今度こそ本当でしょう(たぶん)。今週出てくる可能性もありますが、来月開催のイベントの日程からして、一番可能性が強いのは恐らく来週ではないでしょうか?

一番出る可能性の強い中級機については以前書きましたので、カメラに興味のない人にはまたぞろマニアックな話で恐縮ですが、10万円以内のエントリ機が同時発表される可能性について探ってみたいと思います(長文)。

ソニーα 中級機
ソニーの中級機の画像(製品でなくモック)

続きを読む "(今度こそ)ソニーのデジタル一眼新機種発表間近?" »

2007年08月23日

ニコンD300雑感&松下も新製品?

キヤノン・ニコンと続けてデジタル一眼新機種の発表となった訳ですが、キヤノンのEOS 40Dの時も15万円でこれだけのスペックを盛り込んできた事に驚きましたが、ニコンのD300についても、23万円の価格でほとんど最上位機といって差し支えないようなスペックを搭載してきた事に正直びっくりしました。

ニコンの公式ページを見ると、ニュースリリース上ではこの機種について、「プロフェッショナルフォトグラファーの使用も考慮して開発した」と書いてありますし、別のページでは「DXフォーマットを採用したフラッグシップ」(フルサイズを採用したフラッグシップがD3)とあり、前モデルのD200について以前「最上位機と中級機との間の隙間を埋めるための製品」と書きましたが、よりスペックアップした300Dではいよいよ中級機のカテゴリーに分類するのが難しくなってきたと言えます。

さて、キヤノン・ニコンと発表が続き、次はソニーかと思いきや、まったくノーマークのパナソニックが新機種を用意しているというリーク情報が、海外で出てきました。
イタリアの写真雑誌に掲載されたという製品写真が海外の掲示板に載せられており、説明を読むと、10Mピクセルのセンサーに11点AF・ライブビュー機能、それに加えて写真を見ると液晶がチルト(角度調整)可能なようで、カメラのデザインは現行機の「LUMIX L1」と比べ、一般的な一眼レフのフォルムに近いものです。発売時期等の詳しい情報はわかりませんが、年内に発売になる可能性は十分にありそうです。

ニコンのデジタル一眼「ニコンD300」発表

噂通り、キヤノンに続いてニコンからもデジタル一眼の新機種「ニコンD300」が発表になりました。位置づけとしては、「D200」の後継で、一応分類するなら中級機(注)ですが、スペック的には最上位のハイエンド機であっても不思議ではないほどのものです。

(注)リリース上では「プロフェッショナルフォトグラファーの使用も考慮して開発した」という微妙な表現

[主要なスペック]
・画素数 12.3メガピクセル(APS-Cサイズ)
・51ポイントAFシステム(内15点はクロス)
・2つのライブビューモード
・イメージセンサークリーニング機能
・視野率約100 % (約0.94 倍)の高倍率ファインダー
・バッテリーパック装着で最高約 8 コマ/秒
・3インチVGA TFT液晶モニター
・14ビット RAW対応
・「EXPEED (エクスピード)」に基づいた最新の画像処理システム
・シーン認識システム(シーン認識によるAFの自動追従等)
・画像の仕上がりが選択・調整できるピクチャーコントロールシステム
・HDMI(デジタルハイビジョン)出力対応

一眼レフをお使いでない方にはなんのこっちゃという感じでしょうが、例えば視野率100%というのは、中級機以下の製品ではファインダーで表示できる範囲は実際に撮影できる範囲よりやや狭いのが通常で、せいぜい95%程度であり、視野率100%というのは最上位機の証だった訳ですが、その最上位機クラスのスペックが惜しげもなく採用されています。
その代わり重量(先日発表のキヤノンEOS 40Dの740gに対し825g。ニコンの最軽量機D40は475g)も価格もそれ相応。腕力にも財布の中身にも自信のある人は、検討に値する新製品でしょう。発売予定 は2007年11月で、店頭予想価格は23万円前後。

NIKON D300

ニュースリリース
http://www.nikon.co.jp/main/jpn/whatsnew/2007/0823_d300_02.htm
製品情報ページ
http://www.nikon-image.com/jpn/products/camera/slr/digital/d300/index.htm
【速報】ニコン、フルサイズデジタル一眼「D3」、ハイアマ向けモデル「D300」発表!
http://arena.nikkeibp.co.jp/article/news/20070823/1002174/
【速報】ニコン、35mmフルサイズデジタル一眼レフ「D3」と「D300」など
http://dc.watch.impress.co.jp/cda/dslr/2007/08/23/6885.html
【速報】ニコン、デジタル一眼レフカメラ「D3」「D300」を発表
http://journal.mycom.co.jp/news/2007/08/23/009/
ニコン、1,230万画素CMOS搭載デジタル一眼レフ「D300」
http://dc.watch.impress.co.jp/cda/dslr/2007/08/23/6888.html
ニコン、35ミリフルサイズのデジタル一眼「D3」と「D300」を発表
http://japan.cnet.com/news/tech/story/0,2000056025,20354985,00.htm
CAPAカメラネット(動画での紹介あり)
http://www.capacamera.net/streaming/product02/

同時発表の12.1メガ/フルサイズハイエンド機「ニコンD3」はこちら。
ニュースリリース
http://www.nikon.co.jp/main/jpn/whatsnew/2007/0823_d3_01.htm
製品情報ページ
http://www.nikon-image.com/jpn/products/camera/slr/digital/d3/index.htm

2007年08月20日

Canon EOS 40D正式発表

以前から噂されていた通り、キヤノンの中級機EOS 30Dの後継モデル・Canon EOS 40Dが本日正式発表になりました。スペックは朝に書いた米Amazonに掲載されていた流出情報の通りで、何点か補足すると朝書いた以外に

・ファインダー倍率が90%から95%に
・フォーカシングスクリーンが交換可能に
・防塵防滴については特に強調されていないが、30Dより向上しているもよう

といった機能アップポイントがあります。スペックを見た限り、このクラスでユーザから要望の出そうな機能はすべて搭載しましたといった感じで、しかも店頭予想価格が前モデルより1万円安の15万円ですから驚きです。

しいて難を言えば、機能アップしているので仕方のない事ではありますが、30Dと比べて大きさ・重量共に少し増しており、本体のみの重量では40g増の740gになった事。すでにキヤノンの中級機以上を使っている人には誤差の範囲内でしょうけど、現在EOS Kissシリーズを使っていて上位機種にステップアップしたがっている人、あるいはキヤノンが好きなのでEOSシリーズから選びたいけどKissはちょっと、と思っているような人にはEOS KissデジタルXと比べて約1.5倍の重量というのは、悩みの種になるかもしれません。

発売開始は一部のセットモデルを除いて、今月8月31日より。なお、噂が正しければ今週はニコンからも発表があるはずですし、来月中旬までにはソニーからも、また、ペンタックスについても近々動きがあるかもしれません。

Canon EOS 40DCanon EOS 40D

ニュースリリース
http://cweb.canon.jp/newsrelease/2007-08/pr-eos40d.html
製品情報ページ
http://cweb.canon.jp/camera/eosd/40d/index.html
【速報】キヤノン、EOS Digital新製品「1Ds Mark III」と「40D」など
http://dc.watch.impress.co.jp/cda/dslr/2007/08/20/6850.html
キヤノン、ライブビューが可能な中級デジタル一眼レフ「EOS 40D」
http://dc.watch.impress.co.jp/cda/dslr/2007/08/20/6852.html
キヤノン、ライブビュー撮影機能などを搭載したデジタル一眼レフ「EOS 40D」
http://arena.nikkeibp.co.jp/article/news/20070820/1002133/
キヤノン、中級デジ一眼「40D」・2110万画素「マークIII」発売で巻き返し
http://it.nikkei.co.jp/pc/news/index.aspx?n=MMITda000020082007
キヤノン 新型デジタル一眼レフ2機種発表
http://www.ohmynews.co.jp/news/20070820/14214
【触ってきました】渡辺 謙さんも絶賛! 期待のEOS 40Dを写真でチェック!
http://arena.nikkeibp.co.jp/article/news/20070820/1002084/
CAPAカメラネット(動画での紹介あり)
http://capacamera.net/streaming/product01/

Amazonで価格をチェック
楽天で最安値をチェック

Canon EOS40D完全ガイド Canon EOS40D完全ガイド(税込2,100円)
(インプレスムック)
Amazonで購入

※同時発表のEOS-1Ds Mark IIIについては、以下のリンク先参照。

ニュースリリース
http://cweb.canon.jp/newsrelease/2007-08/pr-eos1dsmk3.html
製品情報ページ
http://cweb.canon.jp/camera/eosd/1dsmk3/index.html

Canon EOS 40Dいよいよ登場

今日にも正式発表されると噂されているCanonのデジタル一眼レフ中級機・EOS 30Dの後継機・「Canon EOS 40D」の情報が、昨晩誤って米Amazonに掲載されていました。スペックの概略は以下の通り(かっこ内は現行機30Dのスペック)。

・1,010万画素CMOSセンサー搭載(820万画素)
・3インチディスプレイ(2.5インチ)
・6.5コマ/秒の連写機能(5コマ/秒)
・EOSインテグレイテッドクリーニングシステム搭載(-)
・ライブビュー機能搭載(-)
・9点クロスAFセンサー(9点中央クロス)
・防塵防滴との噂:未確認(-)

価格は1,299.99ドル、9月20日発売開始との事。日本では15~16万くらいでしょうから、30Dからほぼ価格据え置きでの機能アップとなります。
この秋・冬は他社からも中級機の発売が噂されていますが、EOS 40Dのこのスペックは他社に対してはかなりのプレッシャーとなることでしょう。

なお、フルサイズ最上位機「Canon EOS 1Ds Mark III」(Mark IIの後継)に関しても一時的に掲載されており、2,110万画素CMOSセンサー搭載、7,999.99ドルで12月10日発売との事。

※続報はこちら

2007年08月16日

お気楽カメラ

お盆休み時期も終わり、来週辺りからデジタル一眼レフの新製品ラッシュが始まりそうな気配ですが、高性能なカメラにはもううんざり、もっと肩ひじ張らずに写真を撮りたいと思っている人もいるのでは。

コクヨから「おもしろたんけん隊」という子供向けの安価な実験・工作セットが販売されているのですが、その中に「たのしく箱型カメラであそぼう」という製品があります。
紙製の本体に一応レンズ付き。感光紙が24枚入っており、現像はアイロンをかけるだけというもので、もちろん最新のデジカメにははるかに及ばないモノクロ(厳密には青と白)の写真ですが、機材ばかりを気にしていては忘れてしまいがちな、写真撮影の楽しさの原点を思い出させてくれるかもしれません。お値段たったの1,050円(税込)。

コクヨ たのしく箱型カメラであそぼう!(おもしろたんけん隊)

製品情報ページ
http://www.kokuyo-st.co.jp/stationery/tanken/detail/jikken.html#jikken14

Amazonで価格をチェック

もう一品、こちらの「LENS IN A CAP」は、いわゆる「ピンホールレンズ」系の製品ですが、ボディキャップ兼超薄型一眼レフレンズという非常にユニークな製品。
焦点距離は35mmで、絞り値はF5.6(F64まで絞り込み可能)、一応中にレンズが入っているようですが、ピント調整はできず1.5m以上でのパンフォーカス撮影、カメラの機種によってはAEも作動しないという、最新鋭のデジタル一眼レフを、数十年前の水準まで逆戻りさせてしまう驚異のメカニズムです。

メーカー製のまっとうなレンズではとても不可能な「味のある」映像が撮影可能で、トイカメラに興味があっても、今更フィルムカメラに手を出す気はしない人も、試してみる価値ありでは。主要メーカーのマウントは一通り揃っており、税込で2,600円ほど。

Loreo LENS IN A CAP

Loreo LENS IN A CAP 遊び心満点の「撮影できるボディキャップ」
http://dc.watch.impress.co.jp/cda/item/2005/08/02/1899.html
製品情報ページ
http://www.mediajoy.com/mjc/omoshiro_acc/LOREO/omoshiro_loreo.html

楽天のショップで価格をチェック

2007年08月05日

秋・冬に登場するデジタル一眼レフ新機種について

先日デジタル一眼レフカメラの現況みたいな話を書きましたが、ソニーの新機種中心の話になってしまったので、各主要メーカーから、この秋・冬に出てきそうな新製品の話をまとめてみます(長文)。

※以下の文章で、機種名の後のかっこ内はその機種の発売月

各社デジタル一眼レフ

続きを読む "秋・冬に登場するデジタル一眼レフ新機種について" »

2007年08月02日

EXILIMケータイ「W53CA」

有効画素数515万画素、広角28mmレンズ搭載、2.8インチW-VGAワイド液晶、9点オートフォーカス、デジタル式手ぶれ補正、オートブラケット機能搭載と、機能を書き並べると、まるでデジカメそのものですが、auから今日より発売になるEXILIMケータイこと「W53CA」のカメラ機能のスペックです。

カシオのカメラブランドであるEXILIMの名前を冠しただけのことはありますが、この調子だと、写真を撮るのが好きな人の場合、ケータイ機能は二の次で、カメラ機能に注目してケータイ選びをする時代がやってくるかもしれません。

W53CA

ニュースリリース
http://www.kddi.com/corporate/news_release/2007/0522/besshi.html
製品情報ページ
http://k-tai.casio.jp/products/w53ca/index.html
「W53CA」開発者インタビュー
EXILIMのDNAを受け継ぐ高画質・スリムなカメラケータイ
http://k-tai.impress.co.jp/cda/article/interview/35764.html
ケータイカメラは、どこまで“EXILIM”の画質に迫るか─「EXILIMケータイ W53CA」
http://plusd.itmedia.co.jp/mobile/articles/0708/10/news112.html

2007年07月29日

デジタルフォトフレーム「DF150」

電子写真立てことデジタルフォトフレームの新製品、アイリバーの「DF150」が発売になります。前モデル「DF100」の後継機で、液晶画面が5インチ→5.6インチにアップ、メモリ搭載量も32MBから512MBに大幅増。

内蔵のSDメモリカードスロットから画像を読み込む事が可能で、パソコンと接続すると、カードリーダーとして使うこともできます。またUSBホスト機能によりパソコンを介さずに、接続したデジカメ内の画像を直接表示することも可能で、7つのバリエーションのスライドショー機能で、画像を切り替えながら映し出すことができます。

液晶画面はQVGA(320×240ドット)と解像度は高くないですが、文字情報を表示するのならともかく、写真を映すだけであれば、それ程問題ないでしょう。フレームは木製のウッドブラウンと、アクリル製の透明タイプの2種類が付属し、直販ショップでの販売価格は14,800円(税込)、来月3日より発売開始。

アイリバー DF150
製品情報ページ
http://www.sirenjp.com/products/df150/index.html
アイリバー、大容量メモリ内蔵のデジタルフォトフレーム
http://plusd.itmedia.co.jp/lifestyle/articles/0707/27/news105.html

Amazonで価格をチェック

2007年07月26日

パナソニックの18倍ズーム機「LUMIX DMC-FZ18」

先日パナソニックから、デジカメLUMIXシリーズの新機種が3機種発売になりましたが、その内のレンズ一体型の一眼レフタイプ「LUMIX DMC-FZ18」を。

基本スペックは810万画素CCDに、レンズはオリンパスの「SP-550」と同様、28~504mmの18倍ものズームを搭載しています。
手ブレ補正機構も搭載し、さらに最新モデルらしく、高感度モード時にはISO6400まで引き上げ可能。
また、今回の新製品より、パナソニックでは初めて顔認識機能を搭載し、人物に自動的にピントや露出を合わせる事が可能になりました。

と、今時のデジカメの機能は一通り搭載し、また中級者向けには露出モードやMFなどの機能も充実していますが、絞りやシャッター速度設定のダイヤルがなく、背面のジョイスティックを使う事になりますが、コスト削減でこういう仕様になったのか、それともダイヤル並の操作感が実現できているのか、使ってみないとちょっと微妙な所。
また、一番残念なのは、背面の2.5インチモニターが固定式でチルトができない所。これができればスペック上はほとんど文句のつけどころがなかったのですが。8月25日発売開始予定で、店頭予想価格は55,000円前後。

20070726dmc-fz18.jpg

パナソニック、顔認識搭載の18倍ズーム機「LUMIX DMC-FZ18」
http://dc.watch.impress.co.jp/cda/compact/2007/07/24/6671.html

楽天ショップの最安値をチェック

2007年07月21日

ソニーのデジタル一眼中級機について

今日7月21日が何の日かというと、ソニーのデジタル一眼レフ「α100」発売からちょうど1周年の記念日です。正直αユーザの中で、1年経っても2機種目が発売になっていないと想像できていた人はほとんどいなかったと思いますし、私の予想も大ハズレに終わってしまった訳ですが、1周年を記念して、カメラをやっている人以外にはほとんど関心がないであろう「中級機」の話などを(長文)。

ソニーα 中級機
ソニーの中級機の画像(製品でなくモック)
米Sonyのホームページに元の画像あり。
http://news.sel.sony.com/en/image_library/consumer/digital_imaging/digital_cameras/dslr

続きを読む "ソニーのデジタル一眼中級機について" »

2007年07月11日

YouTube対応のデジカメ・Casio「EXILIM Card EX-S880」

普通のコンパクトデジカメだったならば、わざわざ取り上げるほどの製品でもなかったのですが、YouTube対応などと言われたら、見逃す訳にもいきません。

米Casioから発表されたこの「YouTube対応」の「EXILIM Card EX-S880」ですが、まず動画をYouTubeにアップロードするのに適したフォーマットで録画可能で、同梱の「アップロード用ソフト」を使って撮影した動画をYouTubeに投稿できるらしいのですが、英語のリリースを読んだ限りではデジカメ自体にはネットワーク機能が搭載されていないようなので、実際のアップロード処理はパソコンから行うようです。

ちょっとがっかりしましたが、最近は無線LAN機能を搭載したデジカメも何機種か出てきていますし、いずれはYouTubeへの投稿も、動画の鑑賞もそれ一台で可能な製品も出てくるかもしれません。アメリカでの発売開始は8月で、日本での発売がどうなるかは今の所不明。

20070711casio_ex-s880.jpg

米Casio、YouTube対応810万画素コンパクト「EXILIM Card EX-S880」
http://dc.watch.impress.co.jp/cda/compact/2007/07/11/6629.html
ニュースリリース(英文)
http://www.casio.com/news/content/FA697694-BE89-42B4-86B6-7C1A1C575A27/

2007年07月05日

ソニーデジタル一眼α中級機の画像

海外の某掲示板にソニーのデジタル一眼αシリーズの中級機の画像が掲載されていました。「製品版ではないが、ちゃんと動くもの」だという事で、掲載者が後でまずいと思って画像を消してしまったらしく、現時点では見ることはできませんが、PMAの時に出品されていたものと、写真で見た限りではまったく違いのわからないデザインでした。
元々PMAの時には最上位機と中級機の2機種が出品されており、どちらかが年内発売との事でしたが、これで中級機が先に出る可能性がグンと高まったと言えるでしょう。

続きを読む "ソニーデジタル一眼α中級機の画像" »

2007年06月28日

ペンタックスよりエントリデジタル一眼「K100D Super」

ペンタックスより、610万画素搭載のデジタル一眼新機種「K100D Super」が発表になりました。名前の通りほぼ1年前に発売開始になったエントリモデル「K100D」の後継機ですが、前モデルからの変更点はゴミ除去機能の搭載と、超音波モーター内蔵レンズとSDHCメモリーカードへの対応、外部電源供給端子を新設したくらいで、それ程変わっていません。
デザインも前モデルとほぼ同じで、大きさは変わらず、重量は10g増えて570gになりました。

発売開始は7月12日で、店頭予想価格はK100Dの発売時と同じく7万円台半ばの見込み。

K100D Super

ニュースリリース
http://www.pentax.co.jp/japan/news/2007/200751.html
製品情報ページ
http://www.digital.pentax.co.jp/ja/35mm/k100d-super/

楽天ショップの最安値をチェック

広告スペース