メイン

その他 カテゴリー(新しい記事順)

2010年03月17日

こすって消せるボールペン「ユニボール ファントム」

三菱鉛筆が、こすって消せるボールペン・「ユニボール ファントム」を発売します。

書いてから消せるボールペンとしては、2002年に鉛筆のように消しゴムで消せる「ユニボール シグノ イレイサブル」が発売になっており、その後2007年にパイロットから発売になった、摩擦熱による化学変化を利用し、消しカスの出ない「フリクションボール」が、世界で累計2億本を超えるヒット商品になっています。

今回登場する「ユニボール ファントム」は、パイロットのものと同様に、一定の温度になると色が消える特殊なインクを採用し、キャップでこする事によって文字を消す事ができるボールペン。厳密には消える(透明になる)のではなく、インクが白くなって消えたように見えるのだそうですが、ボールペンの書き味と多彩な色で、書き間違い・書き直しの心配をする事なく、本やノートに気軽に書き込みができるのは魅力的です。インク色は全8色で、税込210円で3月23日より発売予定。

ユニボール ファントム

ニュースリリース
http://www.mpuni.co.jp/newsrelease/2010/1268718666.html
こすると消えるボールペン、三菱鉛筆はキャップで消す「ユニボールファントム」
http://bizmakoto.jp/bizid/articles/1003/16/news047.html

2010年03月16日

初代ウルトラマンの世界をモチーフにした限定ウォッチ

白地の文字盤に黒が十字に入ったシンプルなデザインの腕時計、しかし、よく見るとそこに描かれているのは、初代ウルトラマン・科学特捜隊の流星マーク。

バンダイナムコが限定販売する「刻-KIZAMI- リミテッドウォッチ ウルトラマン」で、時計の裏蓋には、ウルトラマンのシルエットマークと作品ロゴをレーザー加工で刻印、時計のバックルにも流星マークが刻まれており、製造元はシチズン。「ビジネスシーンでもさりげなく美しくウルトラを身につける」というコンセプトのデザインだそうで、限定数500個、税込18,500円で5月下旬以降の納品となります。

刻-KIZAMI- リミテッドウォッチ ウルトラマン

製品情報ページ
http://lalabitmarket.channel.or.jp/site/feature/kzm01.html
バンダイナムコゲームス、ウルトラマンの世界観を再現した腕時計
http://game.watch.impress.co.jp/docs/news/20100316_355033.html

UCCコーヒーがタダでもらえる自販機

昨日からJR池袋駅で、自動販売機を使ってUCCの缶コーヒーを無料で提供するユニークなプロモーションをやっています。

山手線内回り、5・6番線ホームにある自販機スペース・「mediacure」の自販機を利用し、午前と午後の1日2回のランダムな時間に、UCC上島珈琲の新製品である「UCC THE CLEAR 無糖Milk 缶190g」をただで提供するというもの。街角でキャンペーンガールが試供品を配るキャンペーンというのはよくありますが、最近の自販機は、お姉さん達のバイトの口を奪えるほどに高性能になっているようです。期間は今月28日までの予定。

「mediacure」シークレットキャンペーン

ニュースリリース
http://mainichi.jp/select/biz/prtimes_release/archive/2010/03/12/000000014.000001667.html
駅の自販機で缶コーヒーが無料でもらえる?
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1003/12/news081.html

2010年03月13日

光りながら飛ぶブーメラン「ライトニングエース」

またまた登場の空飛ぶおもちゃは、光りながら飛ぶブーメラン・「ライトニングエース」。

いわゆるブーメランの"く"の字形ではなく円盤形の本体を、付属のシューターに載せて、ひもを引っ張って飛ばします。LEDを内蔵しており発光しながら空を飛び、うまく飛ばせば飛行距離15m・上昇高度10m程度でUターンして戻ってくるとの事。シューターはLED用の充電器兼用。室内ではコマのように回したり、壁や天井に向かって飛ばし、その場で回転させたりする遊び方が可能。レッド・イエローの2色があり、3月27日発売で税込1,659円。

ライトニングエース

ニュースリリース
http://release.nikkei.co.jp/detail.cfm?relID=246448&lindID=4
タカラトミーアーツ(現時点で未掲載)
http://www.takaratomy-arts.co.jp/

Amazonで価格をチェック

2010年03月12日

声で外国語会話を手助け「セーラー音声ペン」

セーラー万年筆が発売する「セーラー音声ペン」は、名前はペンですが筆記用具ではなく、海外旅行などで外国語会話を手助けしてくれる電子ツール。

文庫本サイズの会話文例集「YUBISASHIオーディオブック」(英語・韓国語の2種類あり)に印刷された音声コードをペンでなぞると、そこに書かれた文章が内蔵のスピーカーから流れるというもので、1,000以上の文例が用意されています。オーディオブックには会話データが収録されたmicroSDカードが付属しており、これをペンに差し込んで使います。今後追加で中国語会話や来日する外国人観光客向けのガイドブックなどが登場する予定で、ペン本体が税込9,975円、オーディオブックが各2,625円で3月末発売予定。

セーラー音声ペン

ニュースリリース
http://release.nikkei.co.jp/detail.cfm?relID=246297&lindID=4
セーラー万年筆も参入、なぞると読み上げる音声ペン
http://sankei.jp.msn.com/economy/business/100311/biz1003111554019-n1.htm

2010年03月11日

フィギュアの付いた「G-SHOCK MAN BOX」

カシオG-SHOCKの新ラインナップ・「G-SHOCK MAN BOX」のカラーリングは、まるでコレジャナイロボのようなガッカリ感を周りに放出しています。

イラストレーターの中野シロウ氏が書き下ろしたキャラクター・G-SHOCK MANをモチーフにしており、G-SHOCK MANのフィギュアがセットになった珍品です。見た目はコレジャナイロボですが、中身はちゃんとG-SHOCKですので、 防水・耐衝撃・ 耐磁などタフネスさはガンダムクラス。税込19,950円で3月末発売予定。

G-SHOCK MAN BOX

製品情報ページ
http://product-search.casio.jp/wat/g-shock/watch_detail.php?m=GA-110F-2JR&n=4513
ショッキングな『G-Shock Man-Box』、人形付き
http://wiredvision.jp/news/201003/2010030819.html

Amazonで価格をチェック

PS3用モーションコントローラ「PlayStation Move」発表

以前より開発中であった、任天堂のWii用コントローラのように直感的な操作を可能にするPS3用のモーションコントローラが、「PlayStation Move」の名称で正式発表になりました。

PlayStationでおなじみの○×△□などの複数のボタンを備え、内蔵の各種センサーからの情報と、コントローラ先端の球状のLEDランプが放つ光をカメラで読み取る事で、コントローラの動きを正確に感知し、アクション・スポーツなどさまざまなゲームで、体感的なプレイを可能にします。 カメラとコントローラにゲームをセットにしたスターターキットが100ドル以下で、今年の秋に販売開始の予定。
なお、Wii用のコントローラがWiiリモコンとヌンチャクの組み合わせでできているのと同様、アナログスティックや方向キーを備えた「サブコントローラ」(写真左)も用意されていますが、こちらは別売で、PS3付属の標準コントローラで代用する事も可能との事。

PlayStation Move

ニュースリリース
http://www.scei.co.jp/corporate/release/100311.html
ソニーのモーションコントローラはPlayStation Move、100ドル以下で今秋発売
http://japanese.engadget.com/2010/03/10/move-100/
Introducing PlayStation Move(英文・動画あり)
http://blog.eu.playstation.com/2010/03/10/introducing-playstation-move/
EA、カプコン、スクエニ他、36のメーカーが『PlayStation Move』に参入
http://gs.inside-games.jp/news/223/22358.html

2010年03月08日

「貯犬箱」に新種登場

ハピネットから発売中の、犬がコインを食べる貯金箱・「貯犬箱」に新種が2種追加になります。

お皿に小銭を置くと、犬がガツガツと一心不乱に平らげてしまうユニークな貯金箱で、発売3ヶ月で48,000匹を出荷と売上好調だそうですが、今回追加になるのはマユとブチの2種類、4月中旬発売で税込2,310円。なお、「貯犬箱」のイメージキャラクターが登場するiPhone用アプリを開発中だとの事。

貯犬箱

ニュースリリース
http://release.nikkei.co.jp/detail.cfm?relID=245866&lindID=4
製品情報ページ(動画あり)
http://www.happinettoys.com/chokenbako/index.html

Amazonで価格をチェック

2010年03月07日

光るUFO「浮遊円盤」

ノエルコーポレーションの「浮遊円盤」は、一昨年発売になった「QFO」同様、円盤タイプのフライングトイ。

付属のコントローラーでパワーのみ調整し、「QFO」と同じく進む方向はかなり円盤任せな空飛ぶおもちゃですが、イルミネーションを搭載し、3色のLEDが光るのがセールスポイント。基本的には屋内専用品ですが、外へ持ち出してうまくビデオ撮影すれば、それっぽい未確認飛行物体の衝撃映像が作れそうです。色はシルバー・ゴールドの2色、税込3,129円で発売中。

浮遊円盤

製品情報ページ
http://www.noel.ac/nproductF.html
公式動画(YouTube)
http://www.youtube.com/watch?v=z6EuFoCft_o
浮遊円盤で猫と遊ぶ(YouTube)
http://www.youtube.com/watch?v=TrI_xfbso5s

Amazonで価格をチェック

家の中でお花見「Magic桜」

あと2週間もすれば、九州など早い所では桜が開花し始めるようですが、今日明日にでも花見をしたい人には、こちらの「Magic桜」を。

デジタルというより、化学の分野に属する一品で、高さ11cmの紙製の桜の木に、付属している魔法の液体を注ぐと、ピンク色の結晶が桜の花のようにモコモコと広がり、24時間ほどで満開になるというもので、それから2~3日すると、本物の花のように徐々に散り始めます。クリスマスツリーではこういうのが以前からありましたが、桜の花バージョンは初めて見た気がします。3月10日発売で税込680円。

Magic桜

製品情報ページ
http://otogino.co.jp/otogino/item/sakura/m-sakura.html
机の上でお花見気分が楽しめる「Magic桜」って?
http://news.walkerplus.com/2010/0303/16/
お花見特集 桜前線とれたて便2010(るるぶ.com)
http://www.rurubu.com/season/spring/sakura/

「Magic桜」で楽天市場を検索

2010年03月05日

チロルチョコでデコレーション「DECOチョコメーカー」

クッキングトイブームに乗って登場した新作は、チロルチョコでデコレーションを楽しめる「DECOチョコメーカー」。

2月に開催された第69回東京インターナショナルギフトショーで、新製品コンテストの準大賞を受賞したクッキングトイで、使い方は簡単、トレーにチロルチョコをセットして、上にヒーターをかぶせて待つこと約5分、チョコの上の部分だけがいい感じに柔らかくなりますので、後は用意しておいたトッピング素材をデコレーションするだけ。デコレーションしてるヒマがあったら、さっさと食っちまおうぜという性格の人には無用の長物ですが、食べる人は作った人の苦労を思い、作品をじっくりと鑑賞してからゆっくり味わって食べましょう。税込891円で発売中。

DECOチョコメーカー

製品情報ページ(ボリューム注意)
http://www.sakamoto-co-ltd.jp/decochoco/maker.html
市販の菓子をオリジナルに!“アレンジトイ”に注目
http://news.walkerplus.com/2010/0220/2/

Amazonで価格をチェック

CITIZEN「ALTERNA」に池田秀一モデル第2弾

ガンダムのシャア・アズナブル役などでお馴染みの人気声優・池田秀一氏とのコラボレーションによるCITIZENの腕時計に、第2弾が登場しました。

2年前に登場した第1弾の「ATTESA」に続いて、今度のは「ALTERNA(オルタナ)」で、エコ・ドライブを搭載し、10気圧防水のアナログウォッチ。黒を基調としたボディに赤を大胆に配色したカラーリングで、10時位置の小ダイヤルは、ターゲットスコープのロックオン状態をイメージしています。裏ぶたはサイン入りで、数量限定500本、税込36,750円で3月3日より発売中。

CITIZEN ALTERNA 池田秀一カスタム限定モデル

製品情報ページ
http://citizen.jp/alterna/lineup/ikeda/106744.html

Amazonで価格をチェック

2010年03月03日

目標は高く、億歩計「FB-732」

一般に販売されている歩数計は、100万歩くらいまでしか計測できないのに比べ、タニタが発売する「FB-732」は、最大1億歩までの計測に対応した"億歩計"。

精度の高い計測ができる3軸加速度センサーを搭載した歩数計で、歩幅を約70cmとして、日本1周(約2,714万歩/約19,000km)や地球1周(約5,714万歩/約40,000km)といった、歩いてイスカンダルを目指すのには及ばないまでも、かなり壮大な目標にチャレンジする事ができます。ちなみに1日1万歩コンスタントに歩いたとしても、1億歩を達成するまでには約30年と気の長い話です。4月1日発売で税込3,150円。

億歩計 FB-732

ニュースリリース(pdf文書)
http://www.tanita.co.jp/company/press/20100302.pdf
タニタ、1億歩までカウントできる歩数計「億歩計」
http://kaden.watch.impress.co.jp/docs/news/20100302_352200.html

電子マネーの残額をいつでも確認できる「RELET」

いまや持っていない人のほうが珍しい気がする電子マネーですが、電子マネーの残額をいつでも確認できる電子マネービュアー・「RELET(リレット)」をキングジムが発売します。

薄さ4.5mm、カードサイズの財布などに入れておけるアイテムで、カードを重ねてボタンを押すだけで、電子マネーの残額を一瞬で確認する事ができます。Edy・Suicaなどの各種電子マネーに対応しており、確かに便利な事は便利でしょうけど、残額を確認するだけの単機能の製品が8,379円(税込)というのは、ちょっと微妙な気もしないではありません。4月1日発売予定。

RELET

ニュースリリース
http://www.kingjim.co.jp/news/1003/n-relet.html
製品情報ページ
http://www.kingjim.co.jp/relet/index.html
電子マネー残高をいつでもチェック カード型ビューア、キングジムが発売
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1003/02/news080.html

2010年03月02日

「グリコ」の木製おもちゃが復活

江崎グリコの看板商品・「グリコ」のおまけに、デジタルの対極ともいえる、木のおもちゃが復活するそうです。

最近のいわゆる"食玩"では、それ単独でおもちゃ屋さんで売っていそうなくらい立派なおまけが増えており、お菓子がメインなのかおまけがメインなのかわからなくなってきていますが、グリコで今回5年ぶりに復活する木のおもちゃは、ダルマおとし・つみき・わなげなど、素朴なものばかり全部で10種類。ハイテクグッズもいいですが、たまにはこういう懐かしいおもちゃで童心に返るのもいいものです。グリコ4粒入りで本日発売開始。

あそべる木のおもちゃ アソビグリコ

グリコ あそべる木のおもちゃ アソビグリコ
http://www.ezaki-glico.net/asobiglico/index.html
累計販売50億箱!「グリコ」の木製おもちゃが5年ぶりに復活
http://news.walkerplus.com/2010/0301/17/

広告スペース