メイン

その他 カテゴリー(新しい記事順)

2008年08月14日

夏休み期間中の更新の休止について

夏休み期間中、8月15日(金)から17日(日)までの間、本ブログの更新をお休みさせていただきますので、ご承知おき願います。

G-SHOCK Crazy Colors

G-SHOCK Crazy Colors」は、カシオのG-SHOCKシリーズの最新モデルで、機能的には目立った所はありませんが、赤だのピンクだの黄色だの、名前にふさわしくG-SHOCKぽくない派手派手なカラーを採用しているのが特徴。

写真のモデルは赤を基調にしたDW-5600CS-1JFで、他にもデザイン違い、色違いで全5タイプがあり、いずれも税込12,600円、8日より発売中。

G-SHOCK Crazy Colors

製品情報ページ
http://product-search.casio.jp/wat/g-shock/new_product.php

Amazonで価格をチェック

これまでに紹介したインテリア・アクセサリー系アイテム一覧
http://www.dgfreak.com/blog/localpages/items/items.html

金属球が転がるインテリア「iCoaster」

1983年に発売されたロングセラー商品で、コースの上を金属球が転がっていくインテリア系のおもちゃ・「SPACEWARP」に、アメリカからライバルが上陸。日本トイザらスが販売する「iCoaster(アイ・コースター)」で、自分でコースを組み立て、「宙返り」や「ジャンプ」などの仕掛けを途中にセットし、その上をボールを転がすのは「SPACEWARP」と同様。

「iCoaster」ならではの特徴としては、コース上にセンサーが搭載されており、センサーをボールが通ると、センサーが光ったり、付属のミュージックボックスから効果音を流す事ができたりする所。このミュージックボックスはBGM(10曲内蔵)を流す事もでき、手持ちのmp3プレイヤーを接続して、お好みの音楽をBGMに使用する事も可能です。発売開始は9月上旬で、税込9,999円、トイザらスでの独占販売です。

iCoaster(アイ・コースター)

ニュースリリース
http://release.nikkei.co.jp/detail.cfm?relID=196898&lindID=4

トイザらス楽天市場店へ

これまでに紹介したインテリア・アクセサリー系アイテム一覧
http://www.dgfreak.com/blog/localpages/items/items.html

2008年08月12日

モーター駆動の戦車。ただし、お菓子のおまけ

昨年発売された、モーター付きの戦車がおまけで付いてくるガム(いわゆる食玩)・「モータータンクコレクション」の第2弾が発売になります。

第1弾は自衛隊の戦車・装甲車両のシリーズでしたが、今度は軍事マニア感涙の第2次世界大戦時の旧ドイツ、旧ソ連軍の車両のシリーズです。傾斜面や軽い段差をらくらく走破する、お菓子のおまけとは思えないできになっているそうで、別にリモコンコントロールできる訳でもなく、デジタルの範疇に入れるのは無理があるのですが、525円(税込)と安いのでよしとしましょう。東日本では8月25日より、関西以西では10月にコンビニ等で発売の予定。

モータータンクコレクション2

ニュースリリース
http://release.nikkei.co.jp/detail.cfm?relID=196774&lindID=4
エフトイズ ホームページ(本シリーズは未掲載)
http://www.f-toys.net/

これまでに紹介したおもちゃ・ゲーム系アイテム一覧
http://www.dgfreak.com/blog/localpages/items/items.html

2008年08月10日

本格派小型リモコンヘリ「キャリバー120」

またまたリモコンヘリの新製品で、京商が発売する「ミニュームAD キャリバー120」。手のひらサイズですが、本体の大きさは全長18cmとヘリQなどよりはかなり大きめ。

その代わり4chタイプの本格派で、上昇/下降と左右旋回のみしか原則できない2chヘリと違い、前後左右・上昇下降・ホバリングの操作が可能で、付属のコントローラーも液晶画面が付いた凝ったもので、小型軽量ながらも機体の強度にも配慮してあるとの事。また、安価なリモコンヘリに多い赤外線コントロールタイプでなく、2.4GHzの無線タイプで、最大24機の同時飛行が可能です。9月発売予定で、税込26,250円と値段も本格的。

ミニュームAD キャリバー120

ニュースリリース
http://release.nikkei.co.jp/detail.cfm?relID=196622&lindID=4
製品情報ページ
http://www.kyosho.com/jpn/products/rc/detail.html?product_id=103627

これまでに紹介したおもちゃ・ゲーム系アイテム一覧
http://www.dgfreak.com/blog/localpages/items/items.html

2008年08月08日

ジョジョの奇妙な百人一首・第2弾

これはもう、わかる人にしかわからない世界ですが、少年ジャンプに連載されていた人気マンガ「ジョジョの奇妙な冒険」をテーマにした百人一首の第2弾、「ジョジョの奇妙な百人一首 ドゥーエ」が発売になります。

今回のものは、原作の第4~第6部の名セリフが収録されており、付属する観賞用CDの詠み手はお笑い芸人のケンドーコバヤシ氏。また、初回予約特典として、上の句のみ収録した競技用CDが付属します。
さらに、予約購入者の中から抽選で100組200名が、バンダイ本社で行われる「ジョジョの奇妙な百人一首大会」(スペシャルゲスト:ケンドーコバヤシ氏)へ招待されるとの事。

インターネット通販専用で予約開始は8月11日、発送開始は12月上旬、価格は税込6,300円。

ジョジョの奇妙な百人一首 ドゥーエジョジョの奇妙な百人一首 ドゥーエ

ニュースリリース
http://www.bandai.co.jp/releases/J2008080801.html
製品情報ページ
http://www.carddas.com/jojo100nin/

今時のおままごとは、ハンディターミナルを使って

セガトイズが発売する「アンパンマンレストラン ごちゅうもんをどうぞ!」は、ファミリーレストランの店員さんごっこをする、広げると幅1mものサイズにもなる小さい子供向けのおもちゃですが、注文取り用のハンディターミナルがセットで付いてきます。

さすがにおもちゃですので、無線で注文が通ったり、レシートが印刷できたりする訳ではありませんが、テーブルにボタンがあり、こちらを押すとアンパンマンたちがおしゃべりをしながら料理を注文してくれ、その注文をハンディターミナルに入れると、注文の内容をアンパンマンの声で繰り返してくれます。

まさに現代風のハイテクおままごとセットです。税込9,975円で、本日より発売中。

アンパンマンレストラン ごちゅうもんをどうぞ!

ニュースリリース
http://release.nikkei.co.jp/detail.cfm?relID=196428&lindID=4
製品情報ページ
http://www.segatoys.co.jp/anpan/index.html

Amazonで価格をチェック

これまでに紹介したおもちゃ・ゲーム系アイテム一覧
http://www.dgfreak.com/blog/localpages/items/items.html

2008年08月04日

大人のチョコボール

森永製菓から、その名前からまったく別のものを想像する人が続出しそうな、大人のチョコボールこと、「白いチョコボール<塩バニラ>」と「黒いチョコボール<黒糖ミルク>」が新発売になります。

従来のチョコボールを、20~30歳代の大人向けにリファインしたもので、また、当然のごとく「キョロちゃん」のマークを5枚集める事で、「大人のカンヅメ」1缶が当たります(来年2月まで)。カンヅメの中身は具体的に書かれていませんが、不謹慎な期待をした所で空振りに終わる事は間違いないでしょう。

値段は、白・黒共に税込120円で、8月19日より東日本、9月24日より西日本で、来年1月までの限定販売。

大人のチョコボール

ニュースリリース
http://www.morinaga.co.jp/cgi-bin/company/newsrelease/mrg_cmp_readnews.cgi?no=40&view_y=2008
期間限定「大人のチョコボール」、“集めてもらえる”カンヅメも大人向け
http://gourmet-cdn.oricon.co.jp/56905/full

しゃべるミッキーマウスロボット

センサーを内蔵し、しゃべったり動いたりインタラクティブに遊ぶ事のできるロボットはこれまで数多く発売されていますが、セガトイズからとうとうミッキーマウス版「Friend of Friends ミッキーマウス」が登場します。

高さ30cm、足を前に投げ出して座っているポーズのミッキーで、目・鼻・口を動かしながらしゃべる言葉は600以上、仲良くなるにつれて色々な事をおしゃべりしてくれるようになり、時計を内蔵しており時間によっても話す内容が違います。
また、「右手 左手どっちだ?」・「カウント10」の2つのミニゲームを内蔵しており、ターゲットは基本的に小さいお子さんのようですが、ディズニーフリークな人には注目の一品です。10月2日発売予定で、税込13,440円。

Friend of Friends ミッキーマウス

ニュースリリース
http://release.nikkei.co.jp/detail.cfm?relID=201137&lindID=4
製品情報ページ
http://www.segatoys.co.jp/friend-mickey/index.html
セガトイズ、言葉にあわせて動くミッキーマウスのロボットトイを発売
http://robot.watch.impress.co.jp/cda/news/2008/09/30/1332.html

Amazonで価格をチェック

これまでに紹介したインテリア・アクセサリー系アイテム一覧
http://www.dgfreak.com/blog/localpages/items/items.html

2008年08月03日

腕時計風のハローキティ蚊取り器

ハローキティのかわいいキャラクター腕時計?いいえ、違います。季節ものアイテム・「ハローキティ どこでもベープNo.1NEO」、携帯式電子蚊取り器です(そういえば、なぜかこの夏はまだ蚊に襲われてません)。

腕時計と同じように腕にはめて使い、電源は単4×2本で、1日6時間の使用で約20日間の使用が可能。蚊に好かれるタイプの女性が、花火大会にでかける時などにお勧め。税込1,449円で発売中。

ハローキティ どこでもベープNo.1NEO

製品情報ページ
http://shop.sanrio.jp/cm/cmc-050644/

Amazonで価格をチェック

2008年08月02日

スペースインベーダー in ラフォーレ原宿

往年の大ヒットアーケードゲーム「スペースインベーダー」の発売から今年で30周年だという話題を以前取りあげましたが、昨日1日より株式会社タイトーと、東京原宿のラフォーレ原宿との共同企画で、「SPACE INVADERS by Laforet 30th」が開催されています。

ラフォーレ原宿もたまたま今年で30周年のため、コラボレーションが実現したとの事ですが、ラフォーレ原宿の店内には30周年バージョンのゲーム筐体が設置されており、自由にプレイが可能。また、スペースインベーダーをモチーフにした全55種類のファッションアイテムが各店舗で販売されており、さらに特設サイトではPC用ゲーム「スペースインベーダー世界大戦」や、ケータイ用ゲームなどが配信中です。イベント期間は8月22日までの22日間。

SPACE INVADERS by Laforet 30th

ニュースリリース(pdf文書)
http://www.taito.co.jp/company/news/release/inv/08_02.pdf
特設サイト
http://spaceinvaders.jp/promo/detail/1184989_2364.html
タイトーとラフォーレ原宿、30周年共同企画でスペースインベーダーとコラボ
http://www.watch.impress.co.jp/game/docs/20080801/laforet.htm

2008年08月01日

夏の屋台シリーズ「お祭り屋台キット」

さあ、とうとう夏です、8月です。全然デジタルものではありませんが、夏の気分を盛り上げるアイテム、「お祭り屋台キット・かき氷屋さん」。

紙や竹ヒゴなどの素材を組み立てて作る屋台のペーパークラフトで、特に何の機能が付いている訳ではなく、基本的には見て楽しむだけのものですが、しいて言えば貯金箱としては使えます。かき氷以外にも、金魚すくい、たいやき、お化け屋敷など合計10種類の屋台が用意され(お化け屋敷の屋台が存在するのかというツッコミはなし)、夏の情緒を引き立てる事うけあいの一品です。それぞれ1,050円(税込)で発売中。

お祭り屋台キット・かき氷屋さん

Amazonで価格をチェック

これまでに紹介したインテリア・アクセサリー系アイテム一覧
http://www.dgfreak.com/blog/localpages/items/items.html

2008年07月31日

「PlayStation Home」テスター募集中

セカンドライフのPS3バージョンとでも呼ぶべきコミュニティサービス・「PlayStation Home」がようやくベータテストを開始するようで、現在テスター募集を行っています(8月11日まで)。

ずるずるサービス開始が遅れていたので、このまま立ち消えになるのではと思っていましたが、ソニーとしては一応サービスを立ち上げる意思はあるようです。
一方でこの手のサービスでもっとも有名なセカンドライフも、最近は全然話を聞きませんし、同種のサービスで成功したものというのも聞いた事がありません。ソニーが一体どれくらい成算があり、どこまで本気で取り組むつもりなのか、どうもよくわからないプロジェクトではあります。

記事をいくつか読んでみると、単なる仮想空間である以前に、ゲームポータル的な機能を重視しているようで、確かに多人数でプレイするオンラインゲームなどの場合、ゲーム開始前に一度どこかに集合し、ゲームが終わった後にはみんなで感想を言ってわいわい盛り上がるための「場」があれば、面白そうな気はしないでもないですが、かなりの費用と時間をかけて準備中のはずのこのサービスを成功させるには、運営サイドに相当の手腕とアイディアが必要となる事でしょう。

PlayStation Home公式ページへ

PlayStation Home公式ページ
http://www.jp.playstation.com/ps3/home/
SCEJ、PS3「PlayStation Home」テスター募集を開始。βテストは8月下旬開始予定
http://www.watch.impress.co.jp/game/docs/20080731/pshome.htm

ちょっと気持ち悪いゲーム「ビリビリかぜひきワンコ」

発売30周年を迎えた「スライム」を使ったちょっと(かなり)気持ち悪いゲーム「ビリビリかぜひきワンコ」がメガハウスから登場。

まず犬の頭の部分に、スライムとプラスチックのウイルス・バイ菌・アイスキャンディ・ホネの4種類のアイテムを混ぜてセットすれば準備OK。上からスライムが垂れてくるので、ピンセットを使ってアイテムをスライムから取り除いてやるのですが、ピンセットの金属部分がスライムに触れると、通電してブザーが鳴りますので、選手交代。取ったアイテムの合計得点で勝敗を競う対戦型ゲームです。

正直見た目がナニですので、かなり人を選びそうなゲームではあります。発売開始は8月14日で、税込4,179円。

ビリビリかぜひきワンコ

ニュースリリース
http://www.bandai.co.jp/releases/J2008061001.html
開発者も思わず「だめだこりゃ」!?…話題のおもちゃ「ビリビリかぜひきワンコ」の衝撃映像(動画あり)
http://trend.gyao.jp/goods/entry-1068.html

Amazonで価格をチェック

これまでに紹介したおもちゃ・ゲーム系アイテム一覧
http://www.dgfreak.com/blog/localpages/items/items.html

2008年07月30日

USB接続のLEDスタンドライト

グリーンハウスから、USB接続のLEDスタンドライト「GH-LED16ST」が発売になります。蛍光灯の代わりに16個のLEDを搭載した省エネ・長寿命スタンドライトで、電源はUSBから供給するので近くにパソコンがあれば、コンセント不要。

本体サイズは126(W)×187(D)×340(H)mm、カレンダー付きのデジタル時計(電源に単4電池が必要)を内蔵し、また、USBポート×1を搭載しています。8月上旬発売予定で店頭予想価格2,980円。

GH-LED16ST

製品情報ページ
http://www.green-house.co.jp/products/usb/eco/led16st/index.html
省電力LEDを16個使用したUSB接続スタンドライト
http://www.rbbtoday.com/news/20080729/53132.html

広告スペース