メイン

その他 カテゴリー(新しい記事順)

2008年08月04日

大人のチョコボール

森永製菓から、その名前からまったく別のものを想像する人が続出しそうな、大人のチョコボールこと、「白いチョコボール<塩バニラ>」と「黒いチョコボール<黒糖ミルク>」が新発売になります。

従来のチョコボールを、20~30歳代の大人向けにリファインしたもので、また、当然のごとく「キョロちゃん」のマークを5枚集める事で、「大人のカンヅメ」1缶が当たります(来年2月まで)。カンヅメの中身は具体的に書かれていませんが、不謹慎な期待をした所で空振りに終わる事は間違いないでしょう。

値段は、白・黒共に税込120円で、8月19日より東日本、9月24日より西日本で、来年1月までの限定販売。

大人のチョコボール

ニュースリリース
http://www.morinaga.co.jp/cgi-bin/company/newsrelease/mrg_cmp_readnews.cgi?no=40&view_y=2008
期間限定「大人のチョコボール」、“集めてもらえる”カンヅメも大人向け
http://gourmet-cdn.oricon.co.jp/56905/full

しゃべるミッキーマウスロボット

センサーを内蔵し、しゃべったり動いたりインタラクティブに遊ぶ事のできるロボットはこれまで数多く発売されていますが、セガトイズからとうとうミッキーマウス版「Friend of Friends ミッキーマウス」が登場します。

高さ30cm、足を前に投げ出して座っているポーズのミッキーで、目・鼻・口を動かしながらしゃべる言葉は600以上、仲良くなるにつれて色々な事をおしゃべりしてくれるようになり、時計を内蔵しており時間によっても話す内容が違います。
また、「右手 左手どっちだ?」・「カウント10」の2つのミニゲームを内蔵しており、ターゲットは基本的に小さいお子さんのようですが、ディズニーフリークな人には注目の一品です。10月2日発売予定で、税込13,440円。

Friend of Friends ミッキーマウス

ニュースリリース
http://release.nikkei.co.jp/detail.cfm?relID=201137&lindID=4
製品情報ページ
http://www.segatoys.co.jp/friend-mickey/index.html
セガトイズ、言葉にあわせて動くミッキーマウスのロボットトイを発売
http://robot.watch.impress.co.jp/cda/news/2008/09/30/1332.html

Amazonで価格をチェック

これまでに紹介したインテリア・アクセサリー系アイテム一覧
http://www.dgfreak.com/blog/localpages/items/items.html

2008年08月03日

腕時計風のハローキティ蚊取り器

ハローキティのかわいいキャラクター腕時計?いいえ、違います。季節ものアイテム・「ハローキティ どこでもベープNo.1NEO」、携帯式電子蚊取り器です(そういえば、なぜかこの夏はまだ蚊に襲われてません)。

腕時計と同じように腕にはめて使い、電源は単4×2本で、1日6時間の使用で約20日間の使用が可能。蚊に好かれるタイプの女性が、花火大会にでかける時などにお勧め。税込1,449円で発売中。

ハローキティ どこでもベープNo.1NEO

製品情報ページ
http://shop.sanrio.jp/cm/cmc-050644/

Amazonで価格をチェック

2008年08月02日

スペースインベーダー in ラフォーレ原宿

往年の大ヒットアーケードゲーム「スペースインベーダー」の発売から今年で30周年だという話題を以前取りあげましたが、昨日1日より株式会社タイトーと、東京原宿のラフォーレ原宿との共同企画で、「SPACE INVADERS by Laforet 30th」が開催されています。

ラフォーレ原宿もたまたま今年で30周年のため、コラボレーションが実現したとの事ですが、ラフォーレ原宿の店内には30周年バージョンのゲーム筐体が設置されており、自由にプレイが可能。また、スペースインベーダーをモチーフにした全55種類のファッションアイテムが各店舗で販売されており、さらに特設サイトではPC用ゲーム「スペースインベーダー世界大戦」や、ケータイ用ゲームなどが配信中です。イベント期間は8月22日までの22日間。

SPACE INVADERS by Laforet 30th

ニュースリリース(pdf文書)
http://www.taito.co.jp/company/news/release/inv/08_02.pdf
特設サイト
http://spaceinvaders.jp/promo/detail/1184989_2364.html
タイトーとラフォーレ原宿、30周年共同企画でスペースインベーダーとコラボ
http://www.watch.impress.co.jp/game/docs/20080801/laforet.htm

2008年08月01日

夏の屋台シリーズ「お祭り屋台キット」

さあ、とうとう夏です、8月です。全然デジタルものではありませんが、夏の気分を盛り上げるアイテム、「お祭り屋台キット・かき氷屋さん」。

紙や竹ヒゴなどの素材を組み立てて作る屋台のペーパークラフトで、特に何の機能が付いている訳ではなく、基本的には見て楽しむだけのものですが、しいて言えば貯金箱としては使えます。かき氷以外にも、金魚すくい、たいやき、お化け屋敷など合計10種類の屋台が用意され(お化け屋敷の屋台が存在するのかというツッコミはなし)、夏の情緒を引き立てる事うけあいの一品です。それぞれ1,050円(税込)で発売中。

お祭り屋台キット・かき氷屋さん

Amazonで価格をチェック

これまでに紹介したインテリア・アクセサリー系アイテム一覧
http://www.dgfreak.com/blog/localpages/items/items.html

2008年07月31日

「PlayStation Home」テスター募集中

セカンドライフのPS3バージョンとでも呼ぶべきコミュニティサービス・「PlayStation Home」がようやくベータテストを開始するようで、現在テスター募集を行っています(8月11日まで)。

ずるずるサービス開始が遅れていたので、このまま立ち消えになるのではと思っていましたが、ソニーとしては一応サービスを立ち上げる意思はあるようです。
一方でこの手のサービスでもっとも有名なセカンドライフも、最近は全然話を聞きませんし、同種のサービスで成功したものというのも聞いた事がありません。ソニーが一体どれくらい成算があり、どこまで本気で取り組むつもりなのか、どうもよくわからないプロジェクトではあります。

記事をいくつか読んでみると、単なる仮想空間である以前に、ゲームポータル的な機能を重視しているようで、確かに多人数でプレイするオンラインゲームなどの場合、ゲーム開始前に一度どこかに集合し、ゲームが終わった後にはみんなで感想を言ってわいわい盛り上がるための「場」があれば、面白そうな気はしないでもないですが、かなりの費用と時間をかけて準備中のはずのこのサービスを成功させるには、運営サイドに相当の手腕とアイディアが必要となる事でしょう。

PlayStation Home公式ページへ

PlayStation Home公式ページ
http://www.jp.playstation.com/ps3/home/
SCEJ、PS3「PlayStation Home」テスター募集を開始。βテストは8月下旬開始予定
http://www.watch.impress.co.jp/game/docs/20080731/pshome.htm

ちょっと気持ち悪いゲーム「ビリビリかぜひきワンコ」

発売30周年を迎えた「スライム」を使ったちょっと(かなり)気持ち悪いゲーム「ビリビリかぜひきワンコ」がメガハウスから登場。

まず犬の頭の部分に、スライムとプラスチックのウイルス・バイ菌・アイスキャンディ・ホネの4種類のアイテムを混ぜてセットすれば準備OK。上からスライムが垂れてくるので、ピンセットを使ってアイテムをスライムから取り除いてやるのですが、ピンセットの金属部分がスライムに触れると、通電してブザーが鳴りますので、選手交代。取ったアイテムの合計得点で勝敗を競う対戦型ゲームです。

正直見た目がナニですので、かなり人を選びそうなゲームではあります。発売開始は8月14日で、税込4,179円。

ビリビリかぜひきワンコ

ニュースリリース
http://www.bandai.co.jp/releases/J2008061001.html
開発者も思わず「だめだこりゃ」!?…話題のおもちゃ「ビリビリかぜひきワンコ」の衝撃映像(動画あり)
http://trend.gyao.jp/goods/entry-1068.html

Amazonで価格をチェック

これまでに紹介したおもちゃ・ゲーム系アイテム一覧
http://www.dgfreak.com/blog/localpages/items/items.html

2008年07月30日

USB接続のLEDスタンドライト

グリーンハウスから、USB接続のLEDスタンドライト「GH-LED16ST」が発売になります。蛍光灯の代わりに16個のLEDを搭載した省エネ・長寿命スタンドライトで、電源はUSBから供給するので近くにパソコンがあれば、コンセント不要。

本体サイズは126(W)×187(D)×340(H)mm、カレンダー付きのデジタル時計(電源に単4電池が必要)を内蔵し、また、USBポート×1を搭載しています。8月上旬発売予定で店頭予想価格2,980円。

GH-LED16ST

製品情報ページ
http://www.green-house.co.jp/products/usb/eco/led16st/index.html
省電力LEDを16個使用したUSB接続スタンドライト
http://www.rbbtoday.com/news/20080729/53132.html

コナミのデジタル紙芝居「テレしばい」

コナミが発売する「テレしばい」は、第1回日本おもちゃ大賞でイノベーション・トイ部門優秀賞受賞を受賞した、小さな子供向けの新感覚のデジタル紙芝居。

リモコンのような形をした本体をテレビに接続し、中に収録された童話や物語をテレビに映し出して使用するのですが、映像やBGM・効果音は収録されていますが、物語を読み聞かせるのはあくまでお父さん、お母さんの仕事。本体にはマイクが内蔵されており、演技力に自信のない人のために、登場するキャラに合わせて自動でボイスチェンジする機能もあります。

子供向けに童話などを収録したDVDソフトなどはいくらでも売られていると思いますが、全部機械まかせにするのでなく、親子のコミュニケーションを重視し、デジタルメディアのいいところとアナログメディアのいいところをうまく合体させたアイデア商品です。なお、物語はパソコン経由で追加ダウンロード購入する事が可能。発売開始は8月7日で税込5,229円。

テレしばい

製品情報ページ(動画あり)
http://www.konami.jp/products/teleshibai/

トイザらス楽天市場店へ

これまでに紹介したおもちゃ・ゲーム系アイテム一覧
http://www.dgfreak.com/blog/localpages/items/items.html

2008年07月29日

リモコンで走るホバークラフト「ホバーQ」

「チョロQ」や「ヘリQ」など、タカラトミーの"Q"のつく乗り物シリーズの新モデル「ホバーQ」。"ホバー"は、ホバークラフトの事で、スイッチを入れると下部からエアーを吹き出し、付属のコントローラーで地面の上を滑るように、前進・左右旋回の操縦ができます。

さすがに水の上は走れないようですが、タイヤの付いた乗り物とはひと味違うスムーズな走り心地が売りだとか。税込4,515円で9月末発売予定。色は青・赤・オレンジ・黒の4タイプあり。

ホバーQ

製品情報ページ(動画あり)
http://www.takaratomy.co.jp/products/hover-q/
世界最小級! 赤外線ラジコンのホバークラフト
http://www.j-cast.com/mono/2008/09/26027519.html

Amazonで価格をチェック

これまでに紹介したおもちゃ・ゲーム系アイテム一覧
http://www.dgfreak.com/blog/localpages/items/items.html

2008年07月28日

手作りライトセーバー

水道管の補修部品セットではありません、トミーダイレクトから発売になった「スター・ウォーズ アルティメット ライトセーバー キット CLONEWARSバージョン」です。

パーツの組み合わせで様々なデザインのライトセーバーを作ることができ、3個のクリスタル型パーツにより7色の光を再現する事が可能。パーツの組み合わせで1000通り以上のデザインが可能だそうですが、もちろん本物ではありませんので、大根も切れませんのでご注意。税込5,775円で発売中。

スター・ウォーズ アルティメット ライトセーバー キット

製品情報ページ
http://www.takaratomy.co.jp/products/starwars/

Amazonで価格をチェック

これまでに紹介したおもちゃ・ゲーム系アイテム一覧
http://www.dgfreak.com/blog/localpages/items/items.html

2008年07月27日

ターミネーター4(Terminator Salvation)最新情報

昨年の末に一度話題を取りあげた、映画「ターミネーター4(Terminator Salvation)」の新しい情報が色々出てきているので、一通りまとめてみました。

今回の主人公ジョン・コナー役は、かなり以前より報じられていますが、バットマンの最新作で主役を演じているクリスチャン・ベイル。(真相はまだ不明ですが)家族に暴力をふるった等、あまり良くないニュースが続いていますが、前作のジョン・コナーよりはかなりイケメンですし、無事映画が公開されるまではおとなしくしておいてもらいたい所。

今作でも人型ターミネーターT-800が登場するようで、アーノルド・シュワルツェネッガー知事の代わりに、やはりボディービルダー出身のローランド・キッキンガーという俳優が選ばれています。ほとんど無名の俳優ですが、その肉体美以外に"シュワルツェネッガー"に通じるものがある"キッキンガー"という名前で選ばれたのではないかという気もしないではありません。

その他キャストでは、ハリー・ポッターにも出演しているヘレナ・ボナム=カーターに、小さい役ですがオファーが出ているそうです。

なお、すでに公式ページ(英語)がオープンしており、予告編を見ることができます。ストーリーがわかるような内容ではありませんが、その中でジョンは「これは母が僕に警告してくれた通りの未来じゃない」と、この戦争に勝つことができるかどうかの不安を漏らしています。
3作目ではさすがにそろそろマンネリだという声もありましたが、予告編を見る限り、SFホラー映画「エイリアン」が2作目でSFアクションに方向転換して成功を収めたように、過去の3作のイメージにとらわれず、人類と機械との全面戦争を描いたアクション大作として練り込んでいけば、十分ヒットを狙えるのではないでしょうか。全米公開予定は2009年5月27日。

Terminator Salvation 公式ページへ

Terminator Salvation 公式ページ(英語)
http://www.sonypictures.net/movies/terminatorsalvation/

2008年07月26日

ショッカーATMバンク

「泥棒に金庫番をさせる」といった表現がそのままあてはまりそうな、この仮面ライダーの「ショッカーATMバンク」。これまで何種類か出ている多機能貯金箱のバリエーションです。

目標金額と目標日数の設定、カードと暗証番号によるセキュリティ、硬貨判別、時計、電卓といった機能を備え、ボタン操作で、ショッカーの戦闘員の声で「イイッー!!」と叫ぶのはお約束。発売予定は8月8日で4,179円(税込)。中身が満タンになると、ショッカーの怪人が金庫を強奪しに来る恐れがありますので、覚悟の上でお買い求めください。

ショッカーATMバンク

Amazonで価格をチェック

これまでに紹介したインテリア・アクセサリー系アイテム一覧
http://www.dgfreak.com/blog/localpages/items/items.html

書店で買えるアナログシンセサイザー

今月末発売になるムック本「大人の科学マガジン 特別編集版 シンセサイザー・クロニクル」には、おまけとしてアナログシンセサイザーが付いてきます。

音質を調整するつまみがいくつか付いた装置で、ピッチ・カットオフ・アタックといったパラメータを調整して好みの音を作り、スライドコントローラを使って演奏を行ったり、テルミンminiと接続することもできるとの事。電子楽器に詳しくないのでこれ以上突っこんだ説明はできませんが、こちらに今回の付録の開発経緯が詳しく紹介されていますので、この手のアイテムに詳しい人はご一読を。発売開始は7月30日、税込3,360円で全国の書店にて。

大人の科学マガジン シンセサイザー・クロニクル

製品情報ページ
http://otonanokagaku.net/magazine/special2/index.html

Amazonで価格をチェック

2008年07月23日

今年も「高野山カフェ」

去年に続いてまた今年もやるようです、「高野山カフェ」。

高野山金剛峯寺と南海電鉄のコラボレーション企画で、場所は東京青山・子どもの城近くのカフェ「Hy's(ハイズ)」内。お香の香り漂う畳敷きの部屋に、曼荼羅、掛け軸などの高野山ゆかりのアイテムを展示し、カフェゾーンで、昨年よりバージョンアップしたイタリアンテイストの"高野山精進料理ランチ"、高野山のごま豆腐を使用した"スイーツ"、「般若湯」を使用した"カクテル"を味わう事ができます(1日限定100食)。

また、写経や瞑想を体験する事もでき、さらに今年は"声明ライブ"も実施するとの事で、東京の一角に高野山そのものが出現すると言っても過言ではない異色のイベントです。開催期間は9月3日~7日で、体験メニューは予約制になっていますので、詳しくは下記リンク先まで。

高野山カフェ 公式サイトへ

高野山カフェ 公式サイト
http://www.nankaikoya.jp/cafe/
青山に「高野山カフェ」-精進ランチ、写経体験などで魅力アピール
http://www.shibukei.com/headline/5428/

広告スペース