メイン

その他 カテゴリー(新しい記事順)

2009年08月07日

最新版は危険が100倍、「黒ひげ危機100発」

ロングセラーを続ける人気ゲーム「黒ひげ危機一発」に、最新版の「黒ひげ危機100発」というのが登場していました。

従来タイプとの違いは、タルの上から顔を出している黒ひげくん人形以外に、カードタイプの黒ひげくんが100枚セットされており、ルーレットを回して、その指示に従って3つある剣型のスイッチを押してやります。すると、効果音が鳴ったり、フェイントで黒ひげくんカードが何枚か飛び出したり、当たりを押してしまった時は、すべての黒ひげくんカードと黒ひげくん人形が勢いよく飛び出してしまうというからくりで、カードの片づけが大変そう。税込4,179円で先月末より発売中。

黒ひげ危機100発

製品情報ページ(動画あり)
http://www.takaratomy.co.jp/products/kurohige/100patsu/index.html

Amazonで価格をチェック

2009年08月05日

パソコン黎明期を体験できる「大人の科学マガジン24」

学研が6月に発売した、付録付きムック本「大人の科学マガジン vol24」が売れているそうです。

この号の付録は、1980年代のパソコン黎明期に発売されていたマイコン(今で言うパソコン)を再現した「4ビットマイコン GMC-4」。もちろん機能的には今のものとは比べものにならないほど貧弱で、16進数を入力できるだけのキーボードに、7つのLED、それに1桁の数字を表示できるLEDのみ。フルカラーが表示できるディスプレイなんてとんでもありません。

当時の最先端のデジタルフリーク達は、これにプログラムを16進数のコードでせこせこ入力して楽しんでいた訳で、当時のゲームソフトを再現する事もできたりしますが、出力はLEDとビープ音が鳴るスピーカーだけですから、内容はいたってシンプルそのもの。
その頃平気で数万円したデジタル機器が、いまやコンピュータの歴史の解説や、当時の技術者へのインタビュー記事の書かれたムック本付きで税込2,500円。そっち系に疎い人には、手も足も出ないかもしれませんが、プログラミングの経験が多少ある人ならば、当時の雰囲気を追体験できるユニークな一品です。

大人の科学マガジン Vol 24

製品情報ページ
http://otonanokagaku.net/magazine/vol24/index.html
激安2500円のコンピュータが大人気、その正体は一体何?
http://bcnranking.jp/news/0907/090730_14784p1.html

Amazonで価格をチェック

2009年08月04日

「∞ペリペリ」にしゃべくり007バージョン

バンダイの「∞にできるシリーズ」第3弾「∞ペリペリ」に、日テレの人気バラエティ番組・「しゃべくり007」とタイアップした「∞ペリペリ×しゃべくり007」が登場。

紙の開け口をめくる感触を、何度でも楽しめるのはもちろん、ランダムで発動するルーレットモードで、番組メンバー7人の決めゼリフが再生されます。税込1,260円で本日発売開始。

∞ペリペリ×しゃべくり007

製品情報ページ(日テレWebショップ内)
http://www.210.ne.jp/410/productsDetail/bz100
CM動画
http://www.dai2ntv.jp/player/index.html?item_id=NtvI10002920
∞ペリペリ公式ページ
http://www.asovision.com/periperi/

Amazonで価格をチェック

2009年08月03日

自動走行型案内ロボット「An9-PR」

井上康生や吉田沙保里などの、日本を代表する格闘技系アスリートが出演するコマーシャルでおなじみの綜合警備保障(ALSOK)が、自動走行型のロボット「An9-PR」を発表しました。

侵入者をバッタバッタと投げ飛ばす最強ロボットを期待したい所ですが、残念ながら、「アンナインピーアール」と読んで、名前の通りフロア案内などのサービスを行うロボットです。高さ156cm、郵便ポストのような外見で、4輪タイヤで走行します。顔検出機能で人を認識し、声とタッチパネル式モニター、手に搭載したフェリカ機能などを使って、さまざまなコンテンツサービスを提供するとの事。10月より発売開始ですが、価格は1,000万以上するので、個人で買うのはちょっと無理そう。

An9-PR

ニュースリリース
http://www.alsok.co.jp/company/news/news_release_details.htm?alpc_news.news_detail[id]=1010
自動走行ロボット:人を見つけると近寄って案内 ALSOKが発売
http://mainichi.jp/life/electronics/graph/20090729/

ファミコン用コントローラー型名刺ケース

バンプレストが発売する名刺ケースですが、もちろん普通の名刺ケースではありません。懐かしのファミコン用コントローラーをデザインした、「ファミコンコントローラー型名刺ケース」。

アルミ製で、自分の名刺と相手の名刺を区別して収納できる2面開閉式のいたってまじめなもの。ごていねいに1コントローラーと2コントローラーの2種類をラインナップし、税込910円で10月発売予定。

ファミコンコントローラー型名刺ケース

バンプレストホームページ(現時点で未掲載)
http://www.banpresto.co.jp/

「ファミコンコントローラー型名刺ケース」で楽天市場を検索

2009年08月02日

6媒体で発売される倉木麻衣ベストアルバム

音楽業界の話題2点。

倉木麻衣がデビュー10周年を記念して発売するベストアルバム「ALL MY BEST」が、史上初めてとなる6媒体での販売となります。CD・カセットテープ・LPレコード・MD・ケータイ向けのmicro SD・パソコン向けのUSBメモリーの6つで、大ヒットしたデビュー曲「Love, Day After Tomorrow」を始め、全32曲を収録。ジュエリーボックスをイメージし、DVD特典のついた初回限定盤CDもあり、発売は9月9日。

ALL MY BEST

ニュースリリース
http://www.mai-kuraki.com/news/index.html#allmybest
倉木麻衣、史上初6種類ベスト盤
http://www.sanspo.com/geino/news/090801/gnj0908010505009-n2.htm

もう一つ、いまや国民的歌手の称号が付けられそうな大御所シンガーソングライター・中島みゆきのアルバムの中から8枚が「クリスタル・ディスク」として、1枚94,500円の破格の値段で発売される事がアナウンスされています。これはディスクの基盤に「超精度光学用ガラス」を、反射膜に純金を使用した高音質CDで、1枚1枚手作りされる完全受注生産品。発売は9月19日より順次、今月1日より予約受付中。

中島みゆきクリスタル・ディスク ONLINE SHOP
http://www.ec-front.jp/miyuki-shop/webshop/
中島みゆき、1枚9万4500円の高音質“ガラス製CD”発売へ
http://www.oricon.co.jp/news/confidence/67994/

2009年08月01日

21世紀版銀玉鉄砲「ニュー銀ダンエアガン」

戦争反対と言われようと、暴力反対と言われようと、男は子供でもいい年しても、こういうのが大好きな訳ですが、東京マルイが発売する「ニュー銀ダンエアガン」。

その名の通り昔懐かしい銀玉鉄砲の現代版で、昔のバネで玉を飛ばすのとはひと味違い、かといって電池も使わず、ガスも使わず、トリガーを引いた時の空気圧で玉を飛ばします。それでいて、5mの距離で5cmの的を狙える精度を実現しているそうで、一方で本格的なエアガンと違って、体に当たって痛いほどの威力もないので、子供でも安心(人を狙って撃っていい訳ではありません)。

装弾は着脱式マガジンを使い、専用の「銀ダン ローダー」もオプションで用意されており、税込998円の低価格で、先月15日より発売中。グロック26とポリスピストルSSの2タイプあり。

ニュー銀ダンエアガンニュー銀ダンエアガン

製品情報ページ
http://www.tokyo-marui.co.jp/products/gindan/index.html
ニュー銀ダンエアガン ポリス・ピストルSS編(YouTube動画)
http://www.youtube.com/watch?v=4yyuZmZyPFY

Amazonで価格をチェック

音に反応して踊る「チョカチョカ族」

キューブが発売する、音に反応して動き出す小さな人形・「チョカチョカ族」。

電源に単4電池×1を使用し、スイッチをオンにしておくと、音楽などの音に反応して体を振って踊り始めます。マル-イエロー・マル-パープル・サンカク-ブラック・サンカク-ピンク・シカク-オレンジ・シカク-ブラウンの6タイプがあり、8月25日発売予定で税込1,365円。縦に並べてレイアウトすれば、EXILEごっこができるかもしれません。

チョカチョカ族

製品情報ページ(動画あり)
http://www.cube-works.co.jp/works/index_sub.html?/works/chokachoka/index.html

Amazonで価格をチェック

2009年07月31日

まばたきしないとレンズが曇る「ウインクグラス」

増永眼鏡という所から、「ウインクグラス(Wink Glasses)」という、5秒間まばたきしないとレンズが曇ってしまう、なにかのいやがらせのようなメガネが発売になります。

ドラゴンボールのスカウターのような本体をメガネに取り付けて使用し、約5秒間目の動きがない事をセンサーが感知すると、レンズ前の透明シートが曇り、視界を遮断します。成人男性で約3秒に1回、女性で4秒に1回瞬きをしており、テレビゲームなどに熱中している時に、まばたきの頻度が低下したのを教えてくれるとの事。本体が15,750円、対応フレームが25,200円で8月10日発売予定。

ウインクグラス(Wink Glasses)

製品情報ページ
http://www.masunaga1905.jp/brand/winkglasses/
5秒間まばたきしないとレンズが曇るメガネ、増永眼鏡が発売
http://internet.watch.impress.co.jp/docs/news/20090729_305670.html

2009年07月26日

蚊取り機に見えない電子蚊取り機

パソコンの周辺機器か何かにしか見えないこちらのアイテムは、これからの季節に必須の、イデアインターナショナルの電子蚊取り機。

約10cm四方のキューブ型で、薬剤はアース製のものが使用できます。電源はACアダプターから供給し、8時間オートオフタイマー付き。ホワイト・ピンク・ブラック・グリーンの4色があり、税込3,990円で発売中。

CASTRO コンセント式 蚊取器

製品情報ページ
http://www.ideaframes-online.jp/detail/?Goods=2894

Amazonで価格をチェック

2009年07月25日

パソコンにつなぐダーツの新版「PC-DARTS 2」

2007年に発売になった、パソコンにつないでプレイできるエポック社の「PC-DARTS」が、「PC-DARTS 2」として新しくなりました。

ハード面は基本的に同等ですが、付属のオリジナルダーツがグレードアップしており、専用ソフトウェアが、初心者向けの解説画面や練習用のプラクティスモードの追加、コンピューター対戦時の思考ルーチンの強化、カスタマイズ機能の充実などの改良が行われています。パソコンに接続して使う特長を活かして、独自ソフトと連動させて使用する熱心なユーザーもいる本シリーズ、新モデルは31,290円(税込)の価格据え置きで、9月下旬発売開始予定。

PC-DARTS 2

ニュースリリース
http://release.nikkei.co.jp/detail.cfm?relID=225925&lindID=4
PC-DARTS 公式ページ(現時点で未掲載)
http://tv-darts.epoch.jp/pc/
プロの頭脳を持った? 家庭用ダーツ「PC-DARTS 2」
http://plusd.itmedia.co.jp/lifestyle/articles/0907/24/news094.html

Amazonで価格をチェック

2009年07月24日

漫画家気分を味わえるアーケードゲーム機

ちゃお」という小学館が発行している女の子向けの月間漫画誌があるそうですが、セガとのタイアップで、漫画家気分を味わうことのできるアーケードゲーム機・「ちゃおまんがステーション」の運営を開始します。

カラーディスプレイを搭載し、レバーの他にタッチペンを装備したスタンド型のゲーム機で、「ちゃお」に連載中の人気漫画家の所へアシスタントに行き、実際の原稿へのベタ塗り・スクリーントーン貼り・ペン入れといった「まんがミッション」を、タッチペンを使ってクリアしていくという、妙にリアルなゲーム内容。漫画家志望の女の子がどれくらいいるのか知りませんが、ゲーム機と雑誌との連動企画により、雑誌の売上拡大を図っていくという事です。1プレイ100円で、今年の秋稼働開始予定。

ちゃおまんがステーション

ニュースリリース
http://release.nikkei.co.jp/detail.cfm?relID=226404&lindID=5
ちゃおまんがステーション公式ページ
http://ciao-manga-station.com/

声で操縦・BB弾を発射できる「ボイスコマンドタンク」

こちらはタイヨーのリモコンで操縦できる戦車・「ボイスコマンドタンク」シリーズ。ドイツのTIGER Iと、陸上自衛隊の90式戦車の2タイプがあります。

最大の特長は「ボイスヘリ」と同様に、コントローラーを通じて声で操縦できる所で、前進/後進・左右旋回・砲塔の旋回以外に、BB弾を発射する事もできます。また、日本語以外にドイツ語(TIGER I)や英語(90式戦車)で命令する事もでき、気分が盛り上がること請け合い。9月上旬発売予定で、税込9,429円。

ボイスコマンドタンク

タイヨーホームページ(現時点で未掲載)
http://www.taiyo-toy.co.jp/
声で操るR/Cの第2弾は“戦車”、BB弾も発射
http://plusd.itmedia.co.jp/lifestyle/articles/0907/24/news029.html

Amazonで価格をチェック

2009年07月23日

水の上も走るリモコンカー「G-バウンド」

シー・シー・ピーが発売する新しいリモコンカー・「G-バウンド」は、水の上をも走るヘビーデューティー仕様。

秘密は空気入りの大型のビッグバルーンタイヤにあり、その浮力で水上走行ができるだけでなく、裏返ってもそのまま走る両面走行を可能にしています。また、コントローラーの2本のスティックを操作する事で、その場でのスピンなどのアクロバティックなアクションも可能で、税込13,440円で9月末発売予定。

G-バウンド

YouTube動画(東京おもちゃショー2009)
http://www.youtube.com/watch?v=qoqIrRLETik
シー・シー・ピーホームページ(現時点で未掲載)
http://www.ccp-jp.com/2006_CCP-TOY/06index.html

Amazonで価格をチェック

2009年07月21日

ガンプラ付きカップヌードル登場

お菓子におもちゃのオマケが付いてくるのは珍しくありませんが、働くIT戦士の心の友・日清のカップヌードルに、オマケ付きバージョンの「カップヌードル《miniガンプラ》パック」が登場します。

カップヌードル自体は、従来品と変わりありませんが、初代ガンダムに登場したモビルスーツ4種類の中から、1種類がもれなく付いてきます。今お台場で、巨大な等身大ガンダムが話題になっていますが、こちらは「色プラガンダムシリーズ史上最小(1/380スケール)」との事で、発売開始は8月31日より。また、この発売にあわせて、コレクター垂涎の、"カップヌードルオリジナルカラーリング"が施されたオリジナルガンダムが、1,000名に当たるキャンペーンが開始になります。

カップヌードル《miniガンプラ》パック

ニュースリリース
http://www.nissinfoods.co.jp/com/news/news_release.html?yr=2009&mn=7&nid=1660
日清が“ガンプラ付き”カップヌードルを発売!
http://news.walkerplus.com/2009/0721/11/

広告スペース