メイン

その他 カテゴリー(新しい記事順)

2007年01月12日

専用コントローラ付き体感ゲーム

体感型コントローラを採用した任天堂Wiiが人気な事からもわかる通り、やはり人間というのは画面の中でのバーチャルな体験だけでは物足りないと感じる部分があるようで、エポック社から発売になっているこの「SASUKE&筋肉バトルスポーツマンNo.1決定戦」も、専用のコントローラを使って、体を動かす快感に訴えるタイプのTVゲームです。

ゲームの内容はその名の通り、人気TV番組「SASUKE」と「筋肉バトル!! スポーツマンNO.1決定戦」を再現したもので、両手で持ち、腕の動きを再現するコントローラと、マットタイプの走る・ジャンプするなどの動作を再現するものと2種類のコントローラが付属しています。

ゲームの内容は盛り沢山で、全部説明はしていられないのですが、「SASUKE」は全4ステージからなり、ステージ毎に用意されたいくつもの障害物を突破していかなければ次のステージに進めませんし、「スポーツマンNO.1決定戦」も、「モンスターボックス」や、「ザ・ガロンスロー」などTVでおなじみの全5競技が用意されており、運動不足気味の人は筋肉痛になること必至でしょう。
マンション住まいの人は、熱中しすぎて下の階の住人から「ドタドタうるさい!」とクレームが入らないよう注意したほうが良さそうです。

SASUKE&筋肉バトルスポーツマンNo.1決定戦

気になるe-Toy遊んでレポート
http://watch.impress.co.jp/game%2Fdocs/20060803/toy228.htm
製品ホームページ
http://epoch.jp/taikan/sasuke/item.html

Amazonで価格をチェック

これまでに紹介したおもちゃ・ゲーム系アイテム
http://www.dgfreak.com/blog/localpages/items/items.html

2007年01月05日

廉価版家庭用プラネタリウム

家庭用プラネタリウム「ホームスター」シリーズに、機能を絞り込み、価格を抑えた新型「ホームスター ピュア」が登場します。
従来機の丸いデザインに比べ、卵形の形状に変更になり、日周運動が手動に、流星機能の省略・タイマー機能のカットなど、最低限の機能に絞りこまれていますが、従来機が2万円近くしたのに比べ、1万円を切るついつい衝動買いしてしまいそうな水準になりました。ただし発売開始はもうちょっと先の3月25日です。

ホームスター ピュア

ホームスター製品ページ(本製品は未掲載)
http://www.segatoys.co.jp/homestar/index.html

Amazonで価格をチェック

これまでに紹介したインテリア・癒し系グッズ
http://www.dgfreak.com/blog/localpages/items/items.html

2007年01月04日

起床装置 DANGERBOMB CLOCK

写真を見ただけでは何をするものか見当もつきませんが、商品名を「起床装置 DANGERBOMB CLOCK」と言い、要するに目覚まし時計なのです。
この物々しいデザインは何かというと、アクション映画やサスペンス映画に付き物の時限爆弾を再現したもので、時間以内に正しいケーブルを外さないと爆発音が鳴り響くという、どちらかというと実用性よりも、ネタ重視のアイテムです。

正直言って、寝起きの頭が朦朧としている時であれば、全部まとめてケーブルを引っこ抜いてしまいそうな気がしますし、果たしてこれで起きられるかどうかというのは心もとなく感じますが、見た目のインパクトはなかなかのものですし、新春3月発売開始ですので、入社・入学で新生活をスタートさせる友人・知人への半分ジョーク混じりの贈り物としては、悪くなさそうな気がしますが。

起床装置 DANGERBOMB CLOCK

Amazonで価格をチェック

時限爆弾処理で目覚める朝
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0703/02/news076.html
寝ボケ頭で爆弾処理――「起床装置 DANGERBOMB CLOCK」
http://k-tai.impress.co.jp/cda/article/todays_goods/36115.html

これまでに紹介したアイテム
http://www.dgfreak.com/blog/localpages/items/items.html

2007年前半ハイライト

いよいよ2007年がスタートしましたが、今年前半のハイライトとなりそうな話題をまとめてみました。

■パソコン関連
やはりWindows Vistaの登場でしょう(今月30日発売開始)。売れてしまうのは間違いないでしょうから、注目のポイントはXPと比べて、どれくらいの速さで普及していくかという所くらいでしょう。
Vistaの画面写真でいつも目にするAeroインターフェースを使うのにはHome Basicでは駄目で、Home Premium以上を買わなければならず、知らずにHome Basicを買った人からクレームが出て、問題になりはしないかというのがちょっと心配です。

■Mac関連
Macでは、今月9日にMACWORLD(ジョブズ氏の基調講演は日本時間の10日午前2時頃らしい)が開催されますが、そこで新OS「Leopard」の発売時期や「秘密の機能」など詳しい情報が明らかにされるでしょう。
また、Intelの4コアプロセッサ(Xeon?)を2基搭載した8コア(!!)のMac Proが登場するとの噂もあります。

■デジタルミュージックプレイヤー
2007年もiPodの独走が続くでしょうが、今月のMACWORLDでのiPod携帯の登場が期待されています。iPhoneの名前を他社が使ってしまったので、名前は何になるのでしょうか?

■デジカメ関連
私が(コニカ)ミノルタユーザなので、多少えこひいき気味ですが、ソニーのα100に続く2機種目が楽しみです。フォトキナ2006の際のインタビューで、2機種が並行して開発中という話でしたが、恐らくその内の少なくとも1機種は春までには出てくるでしょう。
後はCanonからKiss以外の新機種が出ていないので、上位機種でそろそろ動きがあるかもしれません。

■モバイル関連
スマートフォンの新機種でどこがどのようなのを出してくるのか?ソフトバンクが出しているX01HTの開発元が新機種を準備中との噂がありますし、WILLCOMがW-ZERO3シリーズの「次」を出してくる可能性も高いですし、予想外の他のメーカーが参入してくる可能性もあります。

今年も我々をドキドキさせてくれる製品がたくさん登場する事を期待しましょう。

2007年01月01日

謹賀新年

明けましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

いのしし

2006年12月28日

年末・年始のブログ更新について

Digital Gadgets Freakへお越しいただきありがとうございます。
年末年始、12月29日(金)~1月3日(水)の間は、原則ブログの更新をお休みさせていただきますので、よろしくお願い申し上げます。

動画を再生できる時計

パソコンと接続できる時計というのはちょくちょくありますが、サンコーレアモノショップが販売している「MP4 WATCH」はその中でも群を抜いて多機能なものです。

1GBまたは2GBの大容量メモリを内蔵し、MP3/WMAの音楽再生に、動画・写真の再生、ボイスレコーダーまでこなすという多機能ぶり。これだけてんこもりなくせに、デジタル時計としても案外シンプルなデザインで、変わったものが好きな人にはみのがせないアイテムでしょう。

面白い使い方として、こっちを向いて話している人の映像を撮影しておいて、時計型テレビ電話に見せかけて遊ぶというのはどうでしょう?1GBタイプで税込12,500円ほどですから、人を驚かせるのが好きな人には悪くない買い物だと思いますが。

MP4 WATCH

製品情報
http://www.thanko.jp/mp4watch/

楽天のショップで価格をチェック

これまでに紹介したアイテム一覧
http://www.dgfreak.com/blog/localpages/items/items.html

2006年12月25日

等身大ジャイアントロボ

ロボット大賞2006とやらが発表になったようですが、そんなものは目じゃないロボットの決定版を発見しました。「等身大ジャイアントロボ 40周年記念限定カラーバージョン」です。何がすごいってそのお値段、税込42万円です。

0の数が多いんじゃないの?と思うかもしれませんが、しかしちょっと待ってください。「等身大」ジャイアントロボなのですよ。そもそもジャイアントロボの高さがいくらだったのかを検索して調べた所、全長30m...。本当に等身大だとすると、全長30mものロボットがたった42万円で買えるのです。メートルあたり1万4千円と驚くほどお買い得です。

これに武器を搭載し、動くように改造すれば、地球征服も夢ではありません。置く場所の心配は後でするとして、貯金をはたいて買うしかないでしょう。ただし、届いたのがコレジャナイロボならぬ、トウシンダイジャナイロボであっても、一切の保証はしませんので、ご承知おきを。来年4月20日発売開始ですので、今のうちに地球征服のプランをじっくり練っておきましょう。

等身大ジャイアントロボ 40周年記念限定カラーバージョン
Amazonで価格をチェック

2006年12月22日

居眠り防止メガネ

ビジョンメガネが居眠り防止機能付きメガネ「マイドゥ ブルル」というのを発売するそうです。
どういうカラクリかというと、メガネにセンサーとバイブレーターが付いており、頭が一定以上に傾くと居眠り状態と判断して、耳かけ部分のバイブレーターが振動するという仕組みです。
絶対居眠りできない仕事をしているような人には便利そうなグッズで、個人以外にタクシーやバス会社に対してPRしていくとの事ですが、乗ったタクシーの運転者さんがこのメガネをかけていたら、このタクシー乗ってて大丈夫?と思ってしまうのではないかという気がするのですが...

居眠り防止機能付き、業界初のメガネ
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0612/21/news030.html

2006年12月19日

ウォシュレット・日本の心

以前紹介したことのあるコラムページ「"アメリカ家電"そりゃナイス!」で、アメリカの洗浄機付きトイレ事情が紹介されています。アンジェリーナ・ジョリーばりの美人モデルがトイレに座っている広告写真などを交えて現状を詳しく紹介してくれており、楽しませてもらいました。

洗浄機付きトイレのパイオニアといえば、ご存じTOTOのウォシュレットですが、2005年にマドンナが再来日した時に、「日本の暖かい便座が懐かしかった」とコメントしたのは有名な話ですし、サラ・ミシェル・ゲラー(ハリウッド版「呪怨」の主演女優)が、旦那に「今度の誕生日は何を買ってほしい?」と聞かれて、「ウォシュレット買って」と言ったら、「誕生日に便器なんかおねだりするな!」と怒られたという話もあり、ハリウッドスターの間でも秘かに支持者を増やしているようです。

ところで世界に誇れるこの日本のトイレですが、なぜ日本のメーカーがこのような製品を生み出すことができたのか?
千利休のこんな話を聞いた事があります。彼が人から茶の湯の極意を聞かれた時に、「なに、簡単なことです。暑い時には暑からず、寒い時には寒からず、相手の心になってお客様をもてなすことです。でも、もしそれをおできになるのであれば、私があなたの弟子になりましょう」と答えたと。実はウォシュレットという製品は、日本文化の神髄が現代に形になったものなのかもしれません。

昨日のダイ・ハードからのハリウッドつながりで、ついついまたDigital Gadgetから脱線してしまいました。

TOTO トラベルウォシュレット 携帯用おしり洗浄器
こちらは携帯用の乾電池で動くタイプ

Amazonで価格をチェック

2006年12月18日

Live Free or Die Hard

ブルース・ウィリス主演の人気アクション映画・ダイ・ハードの4作目が来年7月公開になります。タイトルは「Live Free or Die Hard」。
作品ごとに頭髪がさびしくなっていった主人公ですが、今作では完全にスキンヘッドを振りかざして、アクションを繰り広げます。

ストーリーはアメリカのコンピュータシステムに、サイバーテロを仕掛けてきた敵に対し、ハイテクとは無縁の昔流儀の警官・ジョン・マクレーンが天才ハッカーの助けを借りて立ち向かうという内容で、7月公開という事からも分かる通り、今作も舞台はクリスマスではありません。
作を追う毎に、たまたま事件に巻き込まれただけの普通の警官から、特殊部隊も真っ青のスーパー刑事に変貌していくのがちょっと興醒めだったのですが、人気シリーズの最新作ですし、どんな出来栄えになるのか注目しましょう。
サイバーテロ~デジタルつながりで、ついつい紹介させていただきました。

公式サイトへ

公式サイト(トレイラー公開中・他のコンテンツは現時点では無し)
http://www.livefreeordiehard.com/

ちなみに続編ものという事では、ロッキーの6作目「Rocky Balboa」が今月20日より、全米公開スタート(日本での公開は来年4月)です。御年60才のシルヴェスター・スタローンのついに最後のリングでしょうか?
公式サイト(英文)
http://www.rocky.com/

2006年12月17日

カーボンヒーター

先週の始め暖房器具を買いました。ジャンルで言うと「カーボンヒーター」というやつです。Digital Gadgetというより完全に家電の範疇ですが、何を買うかまだ悩んでいる人もいると思いますので、参考までに紹介させていただきます。

私の所は冷暖兼用のエアコンが元々あったのですが、エアコンだけだと足元があまり温まらないので、数年前に補助用にセラミックファンヒーターを買いました。ところがこれが消費電力のわりにはあまり暖かくないので、代わりのものを探していたのですが、色々悩んだ結果選んだのがE&Eというあまり聞き慣れないメーカーの「オーガニックカーボンヒーター SLC1-BK」という製品です。

カーボンヒーターってそもそも何?というと、私も技術的な所は詳しくないのですが、見た目は電気ストーブと大して変わりません。
特長としては、スイッチを入れるとすぐに暖かくなる事、発光部分はそれなりに明るくなりますが、ハロゲンヒーターみたいに眩しい程ではありません。また、前面の金属部分は結構熱くなりますので、小さなお子さんのいる所には向きません。
それからこのタイプの製品は遠赤外線をたくさん出すらしく、遠赤外線の特長として言われるのが、体が芯から温まるという事・体が冷えにくいという事ですが、実際使った所は言われてみればそんな気もするという程度で、この点は同じワット数の他の製品と比べてみないとなんとも言えません。

150W時 300W時
150W時
300W時

次に私の選んだモデルの一番大きな特長は、ワット数がHiで300ワット、Lowで150ワットと非常に小さい事です。正直それじゃ全然暖かくないんじゃないの?と思い、最初はまったく候補に入れていなかったのですが、ワット数のわりには結構暖かいという評判を聞き、最終的にこのモデルに決めたのですが、実際使ってみた所、想像していたよりも暖かく満足のいくものでした。

とは言うものの、基本的にこの手の製品は局所暖房用であり、部屋全体を暖めるためのものではありませんので、これだけで冬を乗りきろうなどとは考えないほうがいいと思います。
部屋にエアコンがすでにあるけど、足元が寒い・エアコンが温まるまで他の暖房器具を使いたい等、補助的な暖房器具を探しているという人には、消費電力の少なさと税込で5,000円程の安さも魅力ですし、十分お勧めできます。
また、150・300ワットじゃやはり物足りなさそうと思う人には、同じメーカーから250・500ワットのモデル、300・600ワットのモデルも発売されています。

製品紹介ページ
http://www.eet.co.jp/japan/och061124.html

Amazonで価格をチェック

(追記:この冬は暖冬と厚着しているせいもあって、1月後半になってもこればかり使って、エアコンは一度も入れていません)

2006年12月16日

デジタルシュライン

年が明ければ初詣でシーズン、また、受験生の人達は、最後の追い込みで神にもすがりたい気分の時期でしょうが、読売新聞のこちらの記事によると、全国8万の神社を管理・指導する神社本庁という所があって、そこがネット上には神霊は存在しないので、ネットを利用した参拝・祈願のたぐいは自粛するようにとお達しを出したそうです。

神霊というのは物理的な肉体を持った存在でないのだから、どこにいるとかいないとかそういうもんではないんじゃないの?という気もしなくはないですが、とはいえ、自分がもし神様だったら、神社に足を運ぶ手間さえ惜しむ不精者にまで、ご利益を分けてやるものかという風には思ってしまうかもしれません。

来春受験の方は、初詣なんか行ってる場合じゃないという心境かもしれませんけど、試験でいい結果を出すには頭に知識を詰め込む事も大事ですが、それと同時に自分の実力を100%発揮できる心のコンディションを作り上げる事も大切です。
元日くらいはちょっと勉強する手を休めて、合格祈願かたがた初詣に出かけてみるくらいの心の余裕があったほうが、いい結果が生まれるかもしれません。

開運祈願 モナー神社(電子参拝・電子おみくじ)
http://www.dawgsdk.org/monashrine/

合格祈願サクラサクだるまキティ根付
合格祈願サクラサクだるまキティ根付

楽天のショップで価格をチェック

2006年12月14日

変わった照明を探している人へ

本当はソリッドアライアンスのほたるいかUSBメモリーを紹介したくて仕方なかったのですが、ネタ系ばかり続けるとブログの品位が...という事で、他に探したのがこちらのインテリアライト 「レーザーライトヒーリング」です。

インテリアライトと言っても、普通の照明ではなく、赤と青のレーザーとLEDがランダムに動きながら光を映写するというもので、レーザーというと、ど派手なものを想像しますが、説明文によると癒し系のインテリアのようで、部屋の照明を暗くしてゆっくりと時間を過ごすのが好きな方向けです。

レーザーライトヒーリング

Amazonで価格をチェック

(一応ほたるいか。産地直送)
ほたるいかUSBメモリー

楽天のショップで価格をチェック

これまでに紹介したアイテム
http://www.dgfreak.com/blog/localpages/items/items.html

2006年12月13日

USBグッズ(ノーコメント)

これまであれこれUSBグッズを紹介してきましたが、ここまで実用性がないものは初めて見ました。
友人がこんなノリのキーホルダーを持っているのは見た事がありますが、まさかUSBにつないで電動にしてしまうとは...。
説明するのもはばかられるので、気になる人はリンク先にある動画をご覧ください。これを企画した人は2006年おバカ大賞グランプリを受賞してしかるべきでしょう。

動画はこちら
http://www.cube-works.co.jp/works/index_sub.html?/works/pcgadget/index.html
作ったのはここ(株式会社キューブ)
http://www.cube-works.co.jp/

ハンピングドッグ
Amazonで価格をチェック

広告スペース