メイン

その他 カテゴリー(新しい記事順)

Linux搭載の携帯ゲーム機「GP2X」

テルテンという会社から、「GP2X」というLinux OSを搭載した携帯ゲーム機が登場します。これは元々昨年に韓国のGamePark Holdingsという所から発売されていた製品で、標準で動画・静止画・写真の再生機能を搭載しており、また、ゲームソフト25本が付属します。

ただし普通のゲーム機とは違うのは、これはただゲームをプレイするための製品ではなく、仕様が公開され、開発環境も無償で提供されており、「ゲームプログラミングの習得を主な目的」とした製品であって、「コンピュータに関する基礎知識が必要で、安易な手出しは大やけどのもと」だとの事。

別にプログラミングに手を出さなくとも、この製品向けに開発され、ネットで出回っているフリーのゲームを手に入れて、それで遊ぶ事はできますが、それなりにスキルがある人でないと、使いこなすのはやはり難しいみたいです。とはいえ、その気があればゲーム機自体の機能や環境を自由にカスタマイズしていくこともできますので、スキルに自信があり、お仕着せのゲーム機では物足りなく感じている人には格好のおもちゃになるかもしれません。

下位機の「F100」が27,800円(税込)で10月26日発売予定、ペンタッチパネルや8方向デジタルパッドを搭載した「F200」が29,800円(税込)で12月1日発売予定。

GP2X F100

製品情報ページ
http://www.teruten.jp/gp2x.htm
テルテン、「GP2X」シリーズ2機種を国内で発売
http://www.watch.impress.co.jp/game/docs/20071004/gp2x.htm
オープンソースな大人のオモチャ、「GP2X」ってなんだ?
http://plusd.itmedia.co.jp/pcuser/articles/0610/31/news081.html

2007年10月08日

DEATH NOTE alarm clock

「DEATH NOTE」は、ブームになっていた頃にはほとんど関心がなかったのですが、以前テレビで映画を放送していたのを観てから興味を持ち、今頃原作を少しずつ読み始めています。大体の内容はわかっていたので最初から読むのが面倒くさくて、L(エル)が死ぬ辺りから読み始め、最近やっと前半のストーリーを確認中。

その「DEATH NOTE」のアラームクロックが発売されているのを発見しました。なぜ時計なのかよくわかりませんし、この厚みは「デスノート」というよりは「デスブック」と呼ぶべきだと思うのですが、表紙を開くと裏側にノートのルールが英語で書いてあり、反対側が死神リュークのシルエットをデザインした時計になっています。
熱心なファンの人以外にはあえてお勧めするようなアイテムではありませんが、これだけの厚みがありますので、万一本物のデスノートを手に入れた時には、中をくり抜いてノートの隠し場所として使えるかもしれません。販売価格は4,000円ほど。

DEATH NOTE alarm clock

楽天のショップで価格をチェック

2007年10月07日

データバンク MACKDADDY 10th ANNIVERSARY MODEL

この派手派手なデジタル時計は、CASIO データバンクのニューモデル「MACKDADDY 10th ANNIVERSARY MODEL」です。データバンクが登場したのは84年ですので、10周年記念なのはアパレルブランド「MACKDADDY」のほう。

MACKDADDYというのは私も聞いた事がなかったのですが、「長く着られる洋服作りをブランドコンセプトにおき、飽きのこないシンプルでクオリティーの高いウェアを常に発信し続けているファッションブランド」だそうで、この緑と青の大胆な色遣いは好みは分かれそうですが、人目を惹くことは間違いありません。

時計の機能としては、電話番号を最大25件まで記憶するテレメモ機能・デュアルタイム・8桁計算機能・通貨換算機能・ストップウオッチ・マルチアラーム・時報などなど盛りだくさん。10月20日発売予定で 税込8,925円。

CASIO データバンク MACKDADDY 10th ANNIVERSARY MODEL

製品情報ページ
http://casio.jp/wat/flash/0710/6_1_d.html
MACKDADDY公式ページ
http://www.mackdaddy.jp/index2.html

Amazonで価格をチェック

2007年10月06日

ソニー欧州で廉価版PS3を発表

ヨーロッパで廉価版のPS3が発表になりました。従来モデルとの違いは、

1)PS2との互換を廃止
2)ハードディスクを60GBから40GBに
3)メモリカードスロットを廃止
4)USB端子を4から2へ

といくつか機能を削減しており、価格は従来の60GBモデルの599ユーロ(約98,800円)に対し、399ユーロ(約65,800)円。単純にユーロを日本円換算すると、実態に合わない金額になる事が多いので、599ユーロの従来機の日本価格が59,980円なのを元に計算すると、約39,900円相当という事になります。ただし、日本での発売がどうなるかは今のところ不明。

また、従来の60GBモデルにワイヤレスコントローラ2個とソフトウェア2タイトルを同梱したStarter Packが599ユーロから499ユーロに値下げになりますが、これは在庫限りの限定となり、PS2と互換性のある従来モデルも当面は併行して販売されるようですが、従来モデルがそのまま値下げになるのかどうか、販売は将来も継続されるのかどうかといった点は、まだ明らかになっていません。

PlayStation 3
(写真は従来モデル)

ニュースリリース
http://www.scei.co.jp/corporate/release/071006.html
欧州でPS3新モデル発表!
メモカスロットやPS2の互換性などを外して低価格で販売
http://www.dengekionline.com/data/news/2007/10/6/5a72a26a85af1a54a984feb697e6a7b5.html

2007年10月05日

SPACEWARP desktop(スペースワープ デスクトップ)

おもちゃ売り場などで見たことのある人は多いと思いますが、「SPACEWARP(スペースワープ)」というのは、細いレールのコースの上を鉄球が転がっていくインテリア玩具です。元々1983年に発売されたヒット商品を2005年に再販を開始したものですが、このシリーズに新しく「SPACEWARP desktop」という新型が登場します。

従来モデルと比べて380×232×150mmと非常にコンパクトにできており、置く場所に困りません。また、組み立ても比較的簡単で、30~40分あれば完成させられるようになっています。また、もう一つの特長として、通常の鉄球以外に夜光球が5個付属しており、エレベーターの所に組み込まれたLEDブラックライトで、暗い所ではぼんやりと光るボールを走らせる事ができます。

電源には単三電池3本を使用し、電池がある限りは延々とボールが転がり続けます。発売は11月下旬、税込で5,250円。
(下記サイトに動画が掲載されていますが、ただボールが転がり続けるだけなのに、不思議に見入ってしまいます。うかうか買ってしまうと、上位モデルが欲しくなりそうな危険な予感)

SPACEWARP desktop

ニュースリリース
http://www.bandai.co.jp/releases/J2007100401.html
たのみこむSPACEWARP特設サイト(動画あり)
http://www.tanomi.com/spacewarp/

Amazonで価格をチェック

これまでに紹介したインテリア系アイテム一覧
http://www.dgfreak.com/blog/localpages/items/items.html

2007年10月02日

リアルなミニミニリモコンカー「REALDRIVE nano」

赤外線でコントロールするタイプの小型リモコンカーは各社から何種類も発売されていますが、シー・シーピーから今度発売になる「REALDRIVE nano」は、見た目のリアルさがひと味違います。第一弾として登場するのは、「フェラーリ 512BB」などのフェラーリのスーパーカー4モデル。

本体サイズは実車の1/58サイズで全長約75mm。コントローラはカードタイプで、前進・後進・右折・左折・ストップの操作に加え、ターボ機能による加速も可能で、さらに走行時にはヘッドライトが点灯するという充実ぶり。それでいて、税込2,604円と気軽に買える値段ですし、子供の頃にスーパーカーブームを体験した世代には、物欲を抑えこむのは至難の一品です。発売開始は10月8日。

REALDRIVE nano フェラーリ 512BB

ニュースリリース(pdf)
http://www.ccp-jp.com/2006_CCP-TOY/Info/info_06.html
製品情報ページ
http://www.ccp-jp.com/2006_CCP-TOY/Real_nano/real_nano.html
シー・シー・ピー、約75mmの赤外線コントロールカー、第1弾はフェラーリ
http://bcnranking.jp/news/0710/071002_8550.html
「リアルドライブ・ナノ」開発者インタビュー
http://trendy.nikkeibp.co.jp/article/special/20071204/1005006/

Amazonで価格をチェック

これまでに紹介したおもちゃ系アイテム一覧
http://www.dgfreak.com/blog/localpages/items/items.html

LEDを使った変わり種商品

最近LEDが、長寿命・低消費電力といったメリットを活かして、従来は電球などが使われていた分野でも広く使われるようになってきていますが、そんなLEDを使った変わり種商品×2点。

これはLED美容器といって、LEDがずらっと280個並んでおり、顔を照射して肌をトリートメントするもの。LEDが美容器具に使われているなんて知りませんでしたが、「光の吸収特性を生かし、ビタミンやコラーゲン等を肌に浸透させ肌の内側から美しくする」のだそうです。実際の効果はどうだかわかりませんが、10万円近くもする商品なのに、それでも購入する女性の美に対する執念はすごい。

Exideal (エクスイディアル)LED美容器

製品情報ページ
http://www.exideal.jp/index.php

Amazonで価格をチェック

こちらは三菱の「オーロラビジョンLED Resolia(レゾリア)」という、街角や商業施設などの大型ディスプレイで使われているLEDタイプのディスプレイです。140インチの画面サイズでW307cm×H179cmの大きさがあり、このサイズのディスプレイを設置できる豪邸に住んでいる人もいらっしゃるかもしれませんが、価格が4,500万円(税別、工事費別)もしますので、さすがに個人ではおいそれとは手が出ないでしょう。ちなみに重さは380kgもあります。11月1日発売開始。

オーロラビジョンLED Resolia

ニュースリリース
http://www.mitsubishielectric.co.jp/news/2007/0928.htm

2007年10月01日

10月31日はハロウィーン

先日東急ハンズに立ち寄ったら、おもちゃ売り場にハロウィーンのコーナーができており、色々な関連グッズが置いてありました。デジタル系のものを何点かご紹介。ちなみにハロウィーンは、今月の最終日10月31日です。

定番中の定番、ジャックオーランタンのデコレーションライト。電源に単三×3本を使用し、直径9インチ(約23cm)の大きめサイズ。

9
Amazonで価格をチェック

こちらもかぼちゃ系で、机の上を走り回ります。センサーを内蔵し、段差があっても落っこちません。

ムービング パンプキン
Amazonで価格をチェック

最後は音に反応して動き出す不気味な腕のおもちゃ。本物の大人の腕くらいの大きさがあります。

ムービング モンスター アーム

Amazonで価格をチェック

上に紹介した3点はすべてRUBIE'S JAPAN社取り扱いのもので、同社のホームページに行くと、他にも色々なグッズが紹介されています。

RUBIE'S JAPANホームページ
http://www.rubies.co.jp/

これまでに紹介したインテリア系アイテム一覧
http://www.dgfreak.com/blog/localpages/items/items.html

2007年09月30日

デジタル時計付きTシャツ「T-CLOCK」

もう9月が終わろうというのにちょっとタイミング遅れの話題ですが、今年の春頃に胸の部分がイコライザー風に点滅する「T-Qualizer」という変わったTシャツを紹介しましたが、これの親戚で「T-CLOCK」というその名の通り、胸の所が光る時計になったTシャツを発見しました。

光る部分にELパネルを使用しているのは「T-Qualizer」と同じで、胸の所が光るデジタル時計になっており、時刻表示以外にストップウォッチ機能も付いているそうですが、正直言って自分自身では時間を確認しにくそうですし、電池ボックスに単四電池を4本もセットしないといけないという辺りも「T-Qualizer」同様。自分には役に立たなくても、人様のために歩く時計塔になる覚悟のある、公共心に富んだ人向けのアイテムだと言えるでしょう。税込 5,229円で発売中です。

楽天のショップへ

2007年09月29日

大人の科学vol.17 テルミンmini

毎号色々な付録がついてくる「大人の科学」の最新号vol.17に付いてくるのは、世界最古の電子楽器「テルミン」です。1920年にロシアで発明になった楽器で、知名度は高くありませんが、トマス・ハリスの「ハンニバル・レクター」シリーズの「ハンニバル」(小説版)でレクター博士がこの楽器を演奏する場面があったりします。

弦も鍵盤もなく、箱の上にアンテナのような金属棒が付いた全然楽器のようには見えない形をしており、どうやって演奏するかというと、テルミンの近くの何もない空間で手を動かすと、その動きを感知して音程が変わるというなんとも不思議な楽器。
音を出す事自体は簡単でも、自分の出したい音をきちんと出せるようになるにはある程度練習が必要な気がしますが、興味のある人はチャレンジしてみてください。価格は2,300円(税込)で全国の書店で発売中。

大人の科学マガジンVol.17 テルミン

紹介ページ(動画あり)
http://otonanokagaku.net/magazine/vol17/index.html

Amazonで在庫をチェック

2007年09月26日

バンダイの「光るパジャマ」

デジタルモノではありませんが、最近女性向けアパレル関連にも進出しているバンダイから「光るパジャマ」というのが発売になります。子供向け商品で、明るい所では仮面ライダーやゲゲゲの鬼太郎などのプリントがされた普通のパジャマなのですが、暗い所では「蓄光プリント」により、別の絵柄が浮かび上がるようになっています。

光るパジャマ

「暗い場所やおばけが苦手なお子様のために」というコンセプトなのに、ゲゲゲの鬼太郎のキャラなんて使って大丈夫なの?というツッコミはおいといて、小さなお子さんには喜ばれそうなアイディア商品です。
そして「子持ちじゃないから関係ねえや」という人のためにもう一つ、このパジャマを買って応募した人から抽選で、「親子着ぐるみパジャマ」が当たるキャンペーンが行われています。全部で4種類の着ぐるみがあり、写真のバルタン星人の着ぐるみなど、ウルトラマン直撃世代ならばかなりぐっとくる人も多いのでは?キャンペーン期間は12月14日まで。

親子着ぐるみパジャマ

ニュースリリース
http://www.bandai.co.jp/releases/J2007092501.html

2007年09月25日

サウンドロップ

全然知りませんでしたが、「サウンドロップ」という商品があるそうで。バンダイが発売しているカプセルトイ(硬貨を入れてレバーを回すとカプセルが出てくるいわゆるガチャガチャ)の1シリーズで、去年の時点で累計出荷数は200万個を突破しています。

ティアドロップ形でボタンが1つ付いただけのシンプルな電子商品で、ボタンを押すと内蔵した音声を1種類だけしゃべるという他愛のないもの。ただし、ガンダムやケロロ軍曹など、人気アニメの名セリフが収録されたものを中心に販売されており、1つにつきセリフは1種類なだけに、お気に入りのセリフをしゃべるのをなんとか手に入れようとか、全種類集めてやろうとか、ついついマニア心をくすぐられてしまうのでしょう。

絵柄もその作品をモチーフにしたものになっており、キーホルダーとしても使えますので、店先でみかけたなら、1個ほんの200円ですので、どんなセリフが入ったものが出てくるか、トライしてみてください。

サウンドロップ

シリーズ累計で200万個を出荷した、おしゃべりするカプセル玩具
「サウンドロップ」シリーズ続々発売!
http://www.bandai.co.jp/releases/J2006101303.html
ガンダムもエヴァも大改造!1粒で3度おいしい「サウンドロップ」
http://news.livedoor.com/article/detail/3316570/

2007年09月24日

浮宙儀 ブルー・プラネット

浮宙儀 ブルー・プラネット」という名前のこの製品、いわゆる地球儀ですが、写真を見ると宙に浮いているように見えます。発売元のテンヨーという会社は、マジック関係の商品をたくさん出している所で、これも何か仕掛けがあって浮いているように見えるだけかと思ったら、本当に浮かんでいるらしい。

フランスの学者が発明した技術だそうで、ACアダプターで電源を供給し、下の銀色の台の所に磁石が入っているらしいのですが、一体どうやったら空中に地球儀(直径14cm)を安定させておけるのか、摩訶不思議。11月末発売予定で、トイザらスで9,999円(税込)。色違い・デザイン違いで合計4種類があります。

浮宙儀 ブルー・プラネット

日本最大のおもちゃの見本市 ―東京おもちゃショー2007が開催 (その4)
http://www.eleki-jack.com/2007/07/_20074.html

トイザらス楽天ショップへ

2007年09月23日

新旧東京タワー対決

2011年に新東京タワーが墨田区に完成予定という話題は以前取り上げましたが、一昨日「旧」東京タワーが、新タワー完成後も継続利用する事を各放送局に要請したという記事が出ており、てっきり新東京タワーの機能を補完するような形で今後も使ってほしいという話かと思ったら、下手をすると新東京タワーがいらなくなるかもしれないというようなとんでもない話でした。

「旧」東京タワーを運営している会社の提案内容によると、アンテナの位置を80~100メートル高くする事で地上デジタル放送にも問題なく対応でき、アンテナの付け替えと補強対応工事だけですむので、新タワーを利用するよりも放送局側のコスト的負担は少なくてすむとの事なのですが、新タワー建設についてはすでに着工に向けて準備が進んでおり、今更旧タワーでも対応できると言われても困るでしょうし、この新旧タワー対決、一体どういう形で決着するのでしょうか?

どうなる地デジ 東京タワーVS新東京タワー
http://www.sankei.co.jp/keizai/sangyo/070921/sng070921012.htm

※ほぼ決着はついたようです(2007.12.12)
NHKと在京キー局、新東京タワー利用決定 “元祖”タワーは「利用継続へ協議続ける」
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0712/12/news091.html

話は違って、「旧」東京タワーでは、来月10月1日にタワーがピンク色にライトアップされます。「乳ガン早期発見啓発キャンペーン」の一環で、展望台も従来とは違った雰囲気で包まれるとの事。時間は18:00~22:00までの間。

東京タワーがピンクにライトアップされます

10月1日(月) 東京タワーがピンクにライトアップされます。
(東京タワー公式ページ)
http://www.tokyotower.co.jp/cgi-bin/reg/01_new/reg.cgi?mode=1&no=1143

東京タワー2007 限定クリスタルバージョン
こちらは11月発売予定の東京タワー2007 限定クリスタルバージョン。
拡張プランが実現するなら、「オプション拡張アンテナ」が発売される
事になるのでしょうか?

Amazonで価格をチェック

2007年09月21日

東京ゲームショウ 2007開幕中

先日お伝えした通り、現在千葉幕張で東京ゲームショウ 2007が開催になっています。情報を斜めにチェックしてみると、ソニー・コンピュータエンタテインメント(SCE)の平井社長が基調講演を行った関係か、ソニー関係のネタが目に付きます。主要な話題をまとめると、

・PS3用の振動機能付きコントローラ「DUALSHOCK 3」が11月に登場
・「PLAYSTATION Store」へPS3以外にパソコンからアクセス可能に
 (PCからPSP用のソフトを購入し、PSPに転送してプレイ可能)
・ソニーの「セカンドライフ」もどき、「Home」が来春に延期
・今回はPS3の値下げは無し
 (これに失望してソニーの株価が下がったらしい)

といった所。
ちなみに昨年の基調講演を行い、現在は一線を退きSCEの名誉会長となった、久多良木氏も平井社長の講演を聞いていたそうですが、心中は複雑なものがあった事でしょう。

一般公開は明日・あさっての2日間で、明日はPSP用ソフト・「涼宮ハルヒの約束」の紹介イベントで、主演の声優さんが登場したり、「レトロゲーム・アワード2007」という企画でよゐこの有野氏が登場したり、出し物も色々あり。開催時間は10:00~17:00、入場は有料です。

クリックすると公式ページへ

東京ゲームショウ2007公式ページ
http://tgs.cesa.or.jp/
国内最大のゲームイベント「東京ゲームショウ 2007」開幕
http://www.watch.impress.co.jp/game/docs/20070920/tgs07_1.htm

広告スペース