メイン

その他 カテゴリー(新しい記事順)

2006年12月18日

Live Free or Die Hard

ブルース・ウィリス主演の人気アクション映画・ダイ・ハードの4作目が来年7月公開になります。タイトルは「Live Free or Die Hard」。
作品ごとに頭髪がさびしくなっていった主人公ですが、今作では完全にスキンヘッドを振りかざして、アクションを繰り広げます。

ストーリーはアメリカのコンピュータシステムに、サイバーテロを仕掛けてきた敵に対し、ハイテクとは無縁の昔流儀の警官・ジョン・マクレーンが天才ハッカーの助けを借りて立ち向かうという内容で、7月公開という事からも分かる通り、今作も舞台はクリスマスではありません。
作を追う毎に、たまたま事件に巻き込まれただけの普通の警官から、特殊部隊も真っ青のスーパー刑事に変貌していくのがちょっと興醒めだったのですが、人気シリーズの最新作ですし、どんな出来栄えになるのか注目しましょう。
サイバーテロ~デジタルつながりで、ついつい紹介させていただきました。

公式サイトへ

公式サイト(トレイラー公開中・他のコンテンツは現時点では無し)
http://www.livefreeordiehard.com/

ちなみに続編ものという事では、ロッキーの6作目「Rocky Balboa」が今月20日より、全米公開スタート(日本での公開は来年4月)です。御年60才のシルヴェスター・スタローンのついに最後のリングでしょうか?
公式サイト(英文)
http://www.rocky.com/

2006年12月17日

カーボンヒーター

先週の始め暖房器具を買いました。ジャンルで言うと「カーボンヒーター」というやつです。Digital Gadgetというより完全に家電の範疇ですが、何を買うかまだ悩んでいる人もいると思いますので、参考までに紹介させていただきます。

私の所は冷暖兼用のエアコンが元々あったのですが、エアコンだけだと足元があまり温まらないので、数年前に補助用にセラミックファンヒーターを買いました。ところがこれが消費電力のわりにはあまり暖かくないので、代わりのものを探していたのですが、色々悩んだ結果選んだのがE&Eというあまり聞き慣れないメーカーの「オーガニックカーボンヒーター SLC1-BK」という製品です。

カーボンヒーターってそもそも何?というと、私も技術的な所は詳しくないのですが、見た目は電気ストーブと大して変わりません。
特長としては、スイッチを入れるとすぐに暖かくなる事、発光部分はそれなりに明るくなりますが、ハロゲンヒーターみたいに眩しい程ではありません。また、前面の金属部分は結構熱くなりますので、小さなお子さんのいる所には向きません。
それからこのタイプの製品は遠赤外線をたくさん出すらしく、遠赤外線の特長として言われるのが、体が芯から温まるという事・体が冷えにくいという事ですが、実際使った所は言われてみればそんな気もするという程度で、この点は同じワット数の他の製品と比べてみないとなんとも言えません。

150W時 300W時
150W時
300W時

次に私の選んだモデルの一番大きな特長は、ワット数がHiで300ワット、Lowで150ワットと非常に小さい事です。正直それじゃ全然暖かくないんじゃないの?と思い、最初はまったく候補に入れていなかったのですが、ワット数のわりには結構暖かいという評判を聞き、最終的にこのモデルに決めたのですが、実際使ってみた所、想像していたよりも暖かく満足のいくものでした。

とは言うものの、基本的にこの手の製品は局所暖房用であり、部屋全体を暖めるためのものではありませんので、これだけで冬を乗りきろうなどとは考えないほうがいいと思います。
部屋にエアコンがすでにあるけど、足元が寒い・エアコンが温まるまで他の暖房器具を使いたい等、補助的な暖房器具を探しているという人には、消費電力の少なさと税込で5,000円程の安さも魅力ですし、十分お勧めできます。
また、150・300ワットじゃやはり物足りなさそうと思う人には、同じメーカーから250・500ワットのモデル、300・600ワットのモデルも発売されています。

製品紹介ページ
http://www.eet.co.jp/japan/och061124.html

Amazonで価格をチェック

(追記:この冬は暖冬と厚着しているせいもあって、1月後半になってもこればかり使って、エアコンは一度も入れていません)

2006年12月16日

デジタルシュライン

年が明ければ初詣でシーズン、また、受験生の人達は、最後の追い込みで神にもすがりたい気分の時期でしょうが、読売新聞のこちらの記事によると、全国8万の神社を管理・指導する神社本庁という所があって、そこがネット上には神霊は存在しないので、ネットを利用した参拝・祈願のたぐいは自粛するようにとお達しを出したそうです。

神霊というのは物理的な肉体を持った存在でないのだから、どこにいるとかいないとかそういうもんではないんじゃないの?という気もしなくはないですが、とはいえ、自分がもし神様だったら、神社に足を運ぶ手間さえ惜しむ不精者にまで、ご利益を分けてやるものかという風には思ってしまうかもしれません。

来春受験の方は、初詣なんか行ってる場合じゃないという心境かもしれませんけど、試験でいい結果を出すには頭に知識を詰め込む事も大事ですが、それと同時に自分の実力を100%発揮できる心のコンディションを作り上げる事も大切です。
元日くらいはちょっと勉強する手を休めて、合格祈願かたがた初詣に出かけてみるくらいの心の余裕があったほうが、いい結果が生まれるかもしれません。

開運祈願 モナー神社(電子参拝・電子おみくじ)
http://www.dawgsdk.org/monashrine/

合格祈願サクラサクだるまキティ根付
合格祈願サクラサクだるまキティ根付

楽天のショップで価格をチェック

2006年12月14日

変わった照明を探している人へ

本当はソリッドアライアンスのほたるいかUSBメモリーを紹介したくて仕方なかったのですが、ネタ系ばかり続けるとブログの品位が...という事で、他に探したのがこちらのインテリアライト 「レーザーライトヒーリング」です。

インテリアライトと言っても、普通の照明ではなく、赤と青のレーザーとLEDがランダムに動きながら光を映写するというもので、レーザーというと、ど派手なものを想像しますが、説明文によると癒し系のインテリアのようで、部屋の照明を暗くしてゆっくりと時間を過ごすのが好きな方向けです。

レーザーライトヒーリング

Amazonで価格をチェック

(一応ほたるいか。産地直送)
ほたるいかUSBメモリー

楽天のショップで価格をチェック

これまでに紹介したアイテム
http://www.dgfreak.com/blog/localpages/items/items.html

2006年12月13日

USBグッズ(ノーコメント)

これまであれこれUSBグッズを紹介してきましたが、ここまで実用性がないものは初めて見ました。
友人がこんなノリのキーホルダーを持っているのは見た事がありますが、まさかUSBにつないで電動にしてしまうとは...。
説明するのもはばかられるので、気になる人はリンク先にある動画をご覧ください。これを企画した人は2006年おバカ大賞グランプリを受賞してしかるべきでしょう。

動画はこちら
http://www.cube-works.co.jp/works/index_sub.html?/works/pcgadget/index.html
作ったのはここ(株式会社キューブ)
http://www.cube-works.co.jp/

ハンピングドッグ
Amazonで価格をチェック

2006年12月10日

オルゴールはいかがですか?

オルゴールの音色には不思議な魅力があります。デジタルサウンドの無機質な音にはない魅力というより、デジタル・アナログそういう次元の話ではなく、素朴な音色が心の中の忘れていた感情を呼び覚ます、フルオーケストラの演奏にもない不思議な力を持っているような気がします。
昔会社の先輩の結婚式の二次会で、ふと立ち寄ったお店でたまたま買った2,000円程のオルゴールをプレゼントしたら、すごく喜ばれたことがあります。オルゴール自体は単純な仕組みの機械ですから、別に安いものでもすてきなメロディを奏でてくれるものです。
クリスマスまであと2週間ほど。プレゼントを何にするか悩んでいる人は、候補に入れてみてはいかがでしょうか?

ガラス天使オルゴール
このガラス製オルゴールで、3,000円ほど。

楽天のショップで価格をチェック

伊豆オルゴール館
(伊豆にあるオルゴール美術館。インターネットで販売も行っています)
http://www.izu.fm/

これまでに紹介したアイテム
http://www.dgfreak.com/blog/localpages/items/items.html

2006年12月06日

からくり人形

以前紹介した電子ブロックというのは、学研から「大人の科学」シリーズの製品として発売されており、他にもエジソン式蓄音機や、真空管ラジオなどユニークな商品が色々出ていますが、この中からデジタル&アナログな「からくりシリーズ」というのを紹介します。

これは、江戸時代のからくり人形を再現したもので、お茶を運ぶ「大江戸からくり人形」・的をめがけて弓を発射する「弓曳童子(ゆみひきどうじ)」・トンボ返りをしながら階段を下りていく「からくり段返り人形」の3種類が発売されています。公式ページに動画が掲載されていますが、「弓曳童子」が弓をつがえて放つ動作など、百年以上も前の人が考えたとは思えないような複雑な動きです。

商品自体は組み立て式で、付属のドライバーを使って一番簡単なもので1時間程度、複雑なもので4~6時間くらいで組み立てるようになっていますが、組み立てる楽しみだけでなく、インテリアにもなりますので、和風の飾り物が好きで、手先の器用さに自信のある人はトライしてみては。

大江戸からくり人形弓曳童子からくり段返り人形
大江戸からくり人形
Amazonで価格を
チェック
弓曳童子
Amazonで価格を
チェック
からくり段返り人形
Amazonで価格を
チェック

公式ページ
http://otonanokagaku.net/products/karakuri/index.html

2006年12月03日

ミニクリスマスツリー

いよいよ12月に入って、街はクリスマスムード一色になってきましたが、大きなクリスマスツリーを買い込む訳にもいかない独身男性・独身女性のために、ミニクリスマスツリーを何点か。

USB接続タイプのクリスマスツリーといえば、某日本映画のタイトルをもじったアレが有名ですが、ありきたりなので、本物っぽいデザインでネオン付きのものを探してみました。

USBクリスマスツリー

楽天のショップで価格をチェック

こちらはデザイン違い。

USBクリスマスツリー2006

楽天のショップで価格をチェック

これはUSB接続でも、電気が点く訳でもありませんが、付属の「魔法の水」をふりかけて数時間置いておくと、緑が生えてくるという不思議なツリーです。

マジック クリスマスツリー

楽天のショップで価格をチェック

最後のこれは、星型のツマミを回すと、中からガムボールが出てくるクリスマス ガムマシーン。かわいかったので、つい選んでしまいました。

リラックマ クリスマス ガムマシーン

楽天のショップで価格をチェック

2006年12月02日

任天堂Wii発売開始

先月11日のソニーのPS3の発売に続いて、任天堂のWiiの発売が本日始まりました。PS3の時の混乱を反省して、各店舗の対応は手際よくなっているようですが、出荷台数はPS3よりも多いのに、人気を反映してか、あるいはPS3は手に入れるのが難しそうだったけど、Wiiはなんとかなるだろうという消費者意識が働いてか、大型店舗では昨晩の整理券配布の段階で「売り切れ」になっている所もあり、今日でかけて入手するには、穴場を探したほうがよさそうな雰囲気です。
なんにせよ、1か月前よりは格段に寒くなっていますので、無理をして風邪をひかないよう、お気をつけくださいませ。

任天堂 Wii

Amazonで在庫状況をチェック

Wii:まだ買える? ビッグカメラ池袋・有楽町両店は徹夜の列
http://mantanweb.mainichi.co.jp/web/2006/12/wii_7.html
Wii:アキバ、新宿は早くも“完売” 混乱避け整理券配布
http://mantanweb.mainichi.co.jp/web/2006/12/wii_6.html
ニュースエクスプレスブログ(主要店舗レポート)
http://www.famitsu.com/blog/express/
いよいよ発売目前!最後の体験会で任天堂「Wii」をプレビュー!
http://arena.nikkeibp.co.jp/col/20061130/119966/
「Wii」ソフトウェアカタログ
年末年始のソフトから「バーチャルコンソール」まで
http://www.watch.impress.co.jp/game/docs/20061202/soft.htm
【速報】初開封、コレがWiiだ! - フォト対決 Wii vs PS3
http://computers.news.livedoor.com/series_detail?id=56191
Wii使用レポート その1:ハードウェア編
http://www.watch.impress.co.jp/game/docs/20061202/wii_r.htm

2006年12月01日

超小型グランドピアノ「グランドピアニスト」

1年に1回くらいの割合で、「ピアノ(というよりキーボード)買いたい病」が発生し、その度に安くて小さくてそれなりに本格的なのはないかと探しまわり、結局買わないまま熱が下がって終わるのですが、今朝のテレビで、セガトイズから超小型のグランドピアノ「グランドピアニスト」というのが発売になるというニュースをやっていました。

セガだから、所詮おもちゃじゃないの?と思われるかもしれませんが、あの葉加瀬太郎(高田万有子の旦那)プロデュースで、ヤマハのグランドピアノを「参考」に制作した本格派だそうで、自動演奏や、インターネットからダウンロードした楽曲を演奏させる事も可能です。

グランドピアニスト

製品ページ
http://www.grand-pianist.com/

Amazonで価格をチェック

ちょっと価格をチェックした所、5万円近くと安物のMIDIキーボードを2・3本くらい買えそうな値段ですが、それでも結構売れているようです。
この値段では、私には縁のない代物ですが、クリスマスも近い事ですし、小さな娘さんのいるご家庭では、「パパあれ買ってー」などと迫られる危険もありますので、ついでにお値頃なピアノも探しておきました。いざという時のために品名をチェックしておいてください。

ミニピアノ P-25
こちらの値段は約10分の1。それでも
あの河合楽器製作所製。

Amazonで価格をチェック

2006年11月29日

エレベーターでダブルクリック

マウスボタンのダブルクリックは、もはやパソコンを操作する上での基本中の基本のテクニックですが、エレベーターでダブルクリック技が使える事があるというのをご存じでしょうか?
メーカーによっても違うのですが、一度階数ボタンを押した後に、そのボタンをダブルクリックすると、その階での停止をキャンセルできるものが結構多くあるそうです。うっかり間違った階のボタンを押して、しまったと思った時には便利そうです。

ただし、同時に他の人が乗り込んで来ていた時にはご注意ください。「おい、オレはその階で降りるつもりだったのに、何をしてくれるんだ!」と、トラブルの原因になりかねませんので。
他にもメーカーによっては、停止できないはずの階に停止できるようにする裏技などもあるようですけど、ひとつ間違えればビルの管理会社の人からどやされるようなトラブルに巻き込まれる可能性もなきにしもあらずですので、ご注意ください。

ちなみに私のよくやる押し間違いは、例えば5階から1階に行く時に、なぜか乗り込んだ階の5階のボタンを一生懸命押してしまい、あれ、ボタン反応しないよ?っていうパターンですので、あまりこの技が役に立つ機会はなさそうですが。

らっぱ王子 エレベーターの裏技
http://denzo.sakura.ne.jp/archives/2005/0609_000000.htm

2006年11月28日

カンバッチってなに?

最初「カンバッチメーカー」という商品名を見た時、「ガンバッテ」じゃなくて、「カンバッチ」?なによ、カンバッチって?と思いましたが、漢字で書いたら缶バッチ、缶のバッチを作る装置なのでした。
時々バッグにジャラジャラと大量のバッチを付けて歩いている人を見ますが、これを使えば雑誌の切り抜きや、写真などを元にして、オリジナルのバッチを作れる訳なのです。

開発元はバンダイで、この手の製品自体2002年から発売しているベストセラーであり、これは今月発売になったばかりの最新型です。
お気に入りのアイドルのスペシャルバッチを作るもよし、パソコンのお絵かきソフトを使って、オリジナルデザインのバッチを作るもよし、家族みんなで家事を持ち回りしているお宅では、「掃除当番」とか、「洗濯係」とかいったバッチを作って胸に付けさせたりしても面白いかもしれません。

カンバッチメーカー

オリジナル缶バッジが簡単に作れるカンバッチメーカー(リリース文)
http://www.bandai.co.jp/releases/J2006111501.html

Amazonで価格をチェック

2006年11月26日

新東京タワー

あまりこのブログとは関係のない話題ですが、新東京タワーのデザインが決定し、一般公開となりました。
新東京タワーについてあまりご存じない人もいらっしゃると思いますが、2011年完成予定の東京タワーに次ぐ東京2番目の電波塔で、高さは610m(現在の東京タワーは333m)と電波塔としては世界一の高さになる予定です。建設地は墨田区の押上・業平橋駅周辺で、位置関係をざっと描くとこんな感じです。

拡大しても雑な地図に変わりはありません

都心からはちょっとはずれたロケーションですし、交通の便はイマイチという感じはしますが、西に進んで隅田川を渡れば浅草ですし、そのまま川を下れば蔵前国技館。最先端の建築と東京のレトロなエリアとのミスマッチで、新たな人気観光スポットが誕生する事は間違いないでしょう。
ちなみにこちら大阪の「大阪タワー」は、朝日放送移転に伴い、2008年に解体予定です。え、そんなのがあったのかって...?

公式ページ
http://www.rising-east.jp/
新東京タワーのデザインを発表。“五重塔”構造を採用
http://www.watch.impress.co.jp/av/docs/20061124/tower.htm
えっ、ここが……突撃・第二東京タワー!建設予定地を実況レポート
http://arena.nikkeibp.co.jp/col/20060711/117606/?from=klink

2006年11月24日

今すぐ使えるアキバワード

日本最大の電気街・東京秋葉原。最近はむしろオタクのメッカみたいな扱いを受ける事のほうが多いですが、ありきたりのものを買う時ならばともかく、ちょっと凝ったパソコン用パーツなどを探す時は、やはりその辺りの量販店より頼りになります。

ITmediaで「今すぐ使えるアキバワード」という面白い連載をやっています。要は秋葉原のパソコンショップなどで使われている専門用語・隠語などを紹介したものですが、パソコンの自作をやっているような人でないと、ついていけないネタもありますが、「雨キャン」(雨が降り出すと客足が鈍らないように雨の日割引などの特別キャンペーンをやる事)などの中小ショップならではの努力ぶりや、また、いい年をして母親連れでパソコンのパーツを買いにくる「お母さんといっしょ」君や、店員に構ってほしいのにシャイで声をかけられず、背後霊のように店員さんの後ろに立つ「スースー」君など、秋葉原に買い物に来る人達の群像が見え、読んでいるとなかなか興味深いです。

今すぐ使えるアキバワード(最新 Vol.23)
http://plusd.itmedia.co.jp/pcuser/articles/0611/21/news030.html

宇宙戦艦ヤマト

懐かしの宇宙戦艦ヤマトのプラモデルなのですが、このギミックはもはやプラモデルの域を超えてすごいです。
なにせ、主砲が、波動砲が、波動エンジンが、その他あちらこちらが動くわ光るわ音が出るわで、プラモデルというよりはちょっとした家電製品を組み立てるような作業ではないかと思えるのですが、この凝りようは、宇宙戦艦ヤマト直撃世代のお父さんには感涙ものの一品ではないかと思います。

もっとも値段も4万円近くとプラモデルにしては超弩級ですし、全長77cmもあり、それなりの豪邸に住んでらっしゃる方でないと置く場所にも困るのではないかと思います。衝動買いしてしまって、家族の冷たい視線を浴びないようくれぐれもご注意ください。

1/350スケールプラモデル 宇宙戦艦ヤマト

Amazonで価格をチェック

広告スペース